ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔
ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔
31%
50%
16%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

J・R・R・トールキンのファンタジー小説「指輪物語」を映画化した3部作の第2部。前作のラストで3手に別れた旅の仲間たちのその後が描かれていく。滅びの山を目指すフロドとサムは、後をつけてきたかつての指輪所持者ゴラムを捕え、モルドールへの道案内をさせる。一方、オークにさらわれたメリーとピピンを助けるため後を追うアラゴルンとレゴラス、ギムリは、騎馬部隊で名高い王国ローハンにたどりつく。しかし、同国の王セオデンはサルマンの魔法により正気を失い、国は衰弱しきっていた。ローハンのセオデン王、エオウィン、エオメル、ゴンドールのファラミア、ゴラムやエント族など新キャラクター、クリーチャーも多数登場。劇場公開版ではカットされたシーンを追加したスペシャル・エクステンデッド・エディションには、ボロミアやゴンドールの執政官デネソールの登場シーンも。

2002年製作/179分/アメリカ
原題:The Lord of the Rings: The Two Towers
配給:日本ヘラルド映画,松竹

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第27回 日本アカデミー賞(2004年)

ノミネート

外国作品賞  

第75回 アカデミー賞(2003年)

受賞

視覚効果賞  
音響編集賞  

ノミネート

作品賞  
編集賞 マイケル・ホートン
美術賞  
音響賞  

第60回 ゴールデングローブ賞(2003年)

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀監督賞 ピーター・ジャクソン
詳細情報を表示

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

4.53部作の2作目だけど、この熱量

たねさん
2020年10月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

興奮

なんだか、胸アツ。序盤はつらく、重苦しい空気なんですが、これまで必死に耐えてきたのが爆発するみたいな後半の盛り上がりは胸アツすぎて、最高すぎる。
人は愚かだけど、またには間違うけど、立ち上がることもできるんやーってやりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たね

4.0これはスティングだ!見たことがあるだろう!?

2020年9月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

興奮

喉を掻っ切られたいのか!?

中学の友達がそこのシーンだけやたらモノマネしてたことを思い出して懐かしさを感じた。

前作で散り散りになった3組を別々に追っていくこの第二部。

なかでもフロドとサムチームはゴラムに振り回されてヒヤヒヤさせられっぱなし。
どんどん病んでいくフロドは、サムの健気な言動をとにかくマイナスな方向にしか捉えられない。
あぁ、こういう子って必ず学校にいたよね。

ゴラムはハリポタでいうドビーみたいな雰囲気で、当時からそれ思ってた。
ただ、クセはあるもののいい奴だったドビーに対して、果たしてゴラムはどうなることやら。

終盤の篭城戦は王様がやたら強気。そう上手くいく?
なんとなくキングダムを思い出させる。

アラゴルンはかっこいいし、レゴラスはクール、ギムリはお茶目で、この3人のやりとりが一番面白い。
レゴラスには言わないでくれ、っておいwww

二部は全体的に仲間サイドが勝った感じで終わったね。意図的なのかな。

いよいよ次が完結編。滅びの山のシーンが楽しみだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
りんたろ

2.0普通。

2020年9月3日
PCから投稿

普通オブ普通。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ヴぇヴぇヴぇ

5.087歳だよ!年の差考えましょうよ・・・

kossyさん
2020年8月10日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、映画館

 フロドと9人の旅の仲間が8人、7人と減り、フロドとサムは二人でモルドールの山へ向かい、オークに連れ去られたメリーとピピンを救出するため、アラゴルン、ギムリ、レゴラスの3人が別行動となる。

 さらに人間のローハン王国にて、サルマンの魔法から正気を取り戻したセオデン王が民を連れてヘルム峡谷へと移動し、そこでサルマンの軍勢を迎え撃つという防衛戦スペクタクルがメインとなっていました。軍勢300人に対してオーク軍は1万!

 ボロミアが指輪に執着するあまり、人間性を失う様子が描かれた前作同様、弟であるファラミアもフロドと対峙して指輪によって我を失いそうになる。

 何となく笑えるシーンが前作よりも多くなって、メリーとピピンに加えてエント族の会話、ギムリの茶目っ気とレゴラスとの仲の良さ、それにゴラムの一人芝居(出番多すぎw)!恋愛部分ではローハン国のエオウィンがアラゴルンに惚れてしまうのがいい。まぁ、アラゴルンにはアルウェンがいるからなぁ・・・

【2003年2月映画館にて】

【追記:2005.4】
 SEE版ではレンバスの秘密とファラミア、ボロミア兄弟と父親である執政官の確執が描かれていた。エオウィン姫の料理が下手だということもわかったし・・・
 旅の仲間SEE版と同じく、追加された映像のおかげで物語がすっきりと流れる。クライマックス以降でもメリーとピピンがサルマンの食料倉庫で食べ物を漁るシーンで笑ってしまった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全26件)