ホビット 決戦のゆくえ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ホビット 決戦のゆくえ
ホビット 決戦のゆくえ
30%
52%
16%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

J・R・R・トールキンの名作小説を映画化した「ロード・オブ・ザ・リング」へと続く「ホビット」シリーズ3部作の最終章。ビルボ・バギンズ、トーリン・オーケンシールドら旅の一行は、邪龍スマウグからドワーフの故郷を奪還することに成功するが、怒りに燃えるスマウグは町を襲う。スマウグから取り戻した財宝に執着するトーリンは、友情や名誉も犠牲にしても財宝を守ろうとし、その行為をいさめようとするビルボは危険な選択をせねばならなくなる。そうした中、魔法使いのガンダルフは、さらに恐るべき存在である冥王サウロンの復活に気付いていた。サウロンはオークの大群を放ち、その危機にドワーフやエルフ、人間といった中つ国に生きる各種族は、わだかまりを捨てて団結するか、さもなくば滅びるか、究極の決断を迫られる。

2014年製作/145分/G/アメリカ
原題:The Hobbit: The Battle of the Five Armies
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第87回 アカデミー賞(2015年)

ノミネート

音響編集賞  
詳細情報を表示

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC.

映画レビュー

4.0あー楽しい時間が終わってしまう。

たねさん
2020年10月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たね

4.5長きに渡る旅の終わり

白波さん
2020年9月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

2014年12月13劇場鑑賞
ピーター・ジャクソン監督作品「ホビット 決戦のゆくえ」を観てきました。
2001公開の「LOTR」から始まって13年、ついに中つ国の物語が完結します。
この作品2Dと3Dの他、IMAX 3DとHFR 3Dまで4種類のフォーマットがあります。
IMAXは以前一度観た事があるような無いような感じでしたが、HFRは未だ未体験だったんですね。
今回はHFRのような高フォーマットを体験するにあたりこんなに適した作品はないと思い、少し奮発してIMAX・HFRという3Dを観るにあたってこれ以上無い環境で観てきました。
そしてこれが本当に凄かった。
一作目「ホビット」を3Dで観たのですが、それとはまるで比べ物にならないのです。
とにかく映像が美しい。
元々「LOTR」「ホビット」とシリーズを通して画面の作り込みが素晴らしく、その画面に酔いしれていたものです。
ですが今まで観ていた景色、その美しさは実は半分位しか見れていなかったようにさえ感じました。
まさしく映像が生まれ変わったかのよう。
スクリーンから靄が晴れたかのような締まった映像。
3Dでありがちな暗さもなく、小石の一粒まで見えるかのようにクリアなのです。
いくら通常のフレーム数の倍だといっても(通常の一秒24フレームに対して48フレームで構成)ここまでとは思いませんでした。
チラつきもなく映像の奥行きも素晴らしく、肉眼で見ている状態に限りなく近いのではないでしょうか。
素直に「こんな凄い映像をみれるような時代になっていたのか…」と、HFRの実力に只々驚くばかりでした。
さらにIMAXでのサラウンド効果も相まって、一つのアトラクションのような感動さえあります。
大袈裟でなく、本当に凄かったですね。

さて物語の話に移り今回はシリーズの最後、今作の見所はサブタイトルにあるように何より戦いでしょう。
後半の合戦などは圧巻で、力の入れ方がとんでもないです。
ここまで丁寧に作り込まれた映像は他に思い浮かび上がりません。
最終章といったこともあり、冒険の側面はあまりありませんでしたがそれでも胸躍ります。
また今作も竜の病にみられるように、欲にかられた心の弱さをきちんと描いています。
この呪いの輪廻、実はシリーズを通したテーマだったのかもしれませんね。
前日譚といったこともあり物語自体は指輪の方が厚みがある印象がありますが、それでもなかなかのボリュームでした。
何だか長い間一緒に旅をしていたような感覚もあり、今回の物語の終わりには少し寂しささえもあるんですね。
いつかまた、何かの機会にこの世界の景色を観られたらなんて思ってしまいました。
長きに渡る旅の終わり、是非自身の目で見届けてください。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
白波

4.0ロードオブザリングは敵軍団がグロいというか汚すぎて、あと旅が過酷す...

amcoさん
2020年8月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、TV地上波

ロードオブザリングは敵軍団がグロいというか汚すぎて、あと旅が過酷すぎてしんどかったけど、ホビットはわりと楽しく観れました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
amco

4.03Dで観るべき作品

yoneさん
2020年7月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ホビット3部作の完結編。

ロード・オブ・ザ・リングの世界観が好きな人なら楽しめる作品。ただ、これは映画館で3Dで観たら、って条件付き。あまりお家でDVDとかで観ようとは思わない。

3Dで観るとドラゴンとかリアルで格好良いけど、おそらくこれ2Dで観たら魅力半減する・・まして、お家の小さなテレビでは・・。そういう「体験」を映画館でするため作品、って気がします。

ストーリーは割と単純なので、凝ったストーリーが好きな人には向かないかな。細部の造り込みや表現を楽しめる人にはオススメできますかね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yone
すべての映画レビューを見る(全164件)