ホビット 決戦のゆくえ
ホーム > 作品情報 > 映画「ホビット 決戦のゆくえ」
メニュー

ホビット 決戦のゆくえ

劇場公開日

解説

J・R・R・トールキンの名作小説を映画化した「ロード・オブ・ザ・リング」へと続く「ホビット」シリーズ3部作の最終章。ビルボ・バギンズ、トーリン・オーケンシールドら旅の一行は、邪龍スマウグからドワーフの故郷を奪還することに成功するが、怒りに燃えるスマウグは町を襲う。スマウグから取り戻した財宝に執着するトーリンは、友情や名誉も犠牲にしても財宝を守ろうとし、その行為をいさめようとするビルボは危険な選択をせねばならなくなる。そうした中、魔法使いのガンダルフは、さらに恐るべき存在である冥王サウロンの復活に気付いていた。サウロンはオークの大群を放ち、その危機にドワーフやエルフ、人間といった中つ国に生きる各種族は、わだかまりを捨てて団結するか、さもなくば滅びるか、究極の決断を迫られる。

作品データ

原題 The Hobbit: The Battle of the Five Armies
製作年 2014年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 145分
映倫区分 G
上映方式 2D/3D
オフィシャルサイト  

受賞歴

第87回 アカデミー賞(2015年)

ノミネート
音響編集賞  

特集

ROAD TO THE HOBBIT III 【最終章】ついに感動のラストへ──さよなら、かけがえのない仲間たち!マスコミ横断 完結編レビュー!!

「ホビット」シリーズ総力特集「ROAD TO THE HOBBIT」もついに最終章。公開までカウントダウンとなった「決戦のゆくえ」を前に、心から「さよなら、そしてありがとう」と伝えたい!特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

激しい戦いの最中で一筋の光となる、ビルボの純朴な魅力
ホビット 決戦のゆくえの映画評論・批評

伝説が終わる。壮絶、かつ重厚に。ずんぐりむっくりの13人のドワーフたちがホビットの住居に転がり込んで始まったこの冒険は、作者トールキンが児童文学として執筆しただけあって、よりフィジカルなワクワク感に満ちていた。それこそ3D技術はこの映...ホビット 決戦のゆくえの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.9 3.9 (全157件)
  •  ネタバレ! 3作でやっとひとつの物語ができた たくさんの大切な仲間がいってしまったが最後は力合わせ本当の敵と戦い勝った ...続きを読む

    isgr isgrさん  2018年4月11日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 時間を忘れてしまいます ホビット3部作の最後です。 ロード・オブ・ザ・リングも良かったけど、こちらもまけず劣らず、ですね。 観たのは、劇場公開時も含めて、おそらく5回目くらいですが、正月最初に見た映画なので、ここに感想... ...続きを読む

    haluka halukaさん  2018年1月12日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 壮大さに息をのむ 世界観がしっかりしている。 当たり前かもしれないが、ファンタジーにおいて一番重要な部分が守られているため、見終わったあとに旅立ちのような寂しさを感じます。 指輪物語よりも、種族の特徴が色濃く描か... ...続きを読む

    tomo_tacos tomo_tacosさん  2017年7月19日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ関連作品

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi