ハリー・ポッターと炎のゴブレット
ホーム > 作品情報 > 映画「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」
メニュー

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

劇場公開日

解説

J・K・ローリング原作の大ヒットファンタジー「ハリー・ポッター」シリーズ第4作。ホグワーツ魔法魔術学校の4年生になったハリーは、およそ100年ぶりに開催されることになった伝統の3大魔法学校対抗試合に出場することに。本来ならばまだ出場資格のない14歳のハリーが代表選手に選出された裏には、いよいよ復活を遂げようとする闇の魔法使いヴォルデモート卿の陰謀があった。ハリーはこれまでに培った能力や仲間の助けを得て、対抗試合の難関を突破していくが……。ヴォルデモート卿役で「シンドラーのリスト」の名優レイフ・ファインズが登場。ハリーとともに対抗試合を戦うセドリック・ディゴリー役には、後に「トワイライト」シリーズでブレイクするロバート・パティンソン。監督はシリーズ初の英国人として「フォー・ウエディング」「モナリザ・スマイル」のマイク・ニューウェルが起用された。

キャスト

作品データ

原題 Harry Potter and the Goblet of Fire
製作年 2005年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 157分

受賞歴

第78回 アカデミー賞(2006年)

ノミネート
美術賞  

インタビュー

マイク・ニューウェル監督インタビュー
インタビュー

いよいよシリーズも4作目となり、折り返し地点に到達した「ハリー・ポッター」。最新作「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」の公開も間近に迫った11月18日には、キャスト、スタッフご一行が来日。eiga.comでは、監督とプロデューサーに話...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

映画版のほうはまずまずスマートな仕上がり
ハリー・ポッターと炎のゴブレットの映画評論・批評

全7部作予定の「ハリポタ」も、いよいよ折り返し地点。クリス・コロンバス(「1」と「2」)、アルフォンソ・キュアロン(「3」)に続き、今回は英国の大ベテラン、マイク・ニューウェルが監督に起用されている。原作のこの巻はわりと番外編的な内容...ハリー・ポッターと炎のゴブレットの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全25件)
  • 長い 長くて普通だった。 ...続きを読む

    かずくん かずくんさん  2018年3月25日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • 3つの種目 ハリーポッターシリーズ第4作。ここでは3つの種目でハリーが他の魔法学校のエリートと競い合う。本来選ばれてはいけないハリーがこの競技イベントに選ばれてしまう。最終局面では世にも恐ろしい あいつ が... ...続きを読む

    クロロ クロロさん  2018年2月11日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • あの人が遂に…な4作目 再び監督が交代。 ハリーの髪型もダサくなった… 前作が凄く良かっただけに、ガッカリな作品。 原作自体が面白味がないからなのか? 監督の力量が無いのか? なんか、みんな演技が下手になった感じがする... ...続きを読む

    n.yamada n.yamadaさん  2017年11月4日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi