ハリー・ポッターと謎のプリンス
ホーム > 作品情報 > 映画「ハリー・ポッターと謎のプリンス」
メニュー

ハリー・ポッターと謎のプリンス

劇場公開日

解説

J・K・ローリング原作の大ヒットファンタジー「ハリー・ポッター」シリーズ第6作。ヴォルデモートとの最終決戦が迫っていることを予感するダンブルドア校長は、ヴォルデモートの守りを解く手がかりを見つけようと、かつて学生時代のヴォルデモート=トム・リドルを教えたこともあるホラス・スラグホーンを魔法薬学教授として学校に迎える。ハリーはスラグホーンの授業で「半純血のプリンス」と署名された古い魔法薬学の教科書を手に入れるが、そこには魔法薬学以外にもさまざま魔法が記されていた。ハリーは次第にその教科書に夢中になるが……。宿敵ヴォルデモートの過去が描かれ、幼少期のヴォルデモート=トム・リドルを演じるのは、レイフ・ファインズの甥ヒーロー・ファインズ・ティフィン。監督は前作に続きデビッド・イェーツ。スラグホーン役で「アイリス」のオスカー俳優ジム・ブロードベントが参加。

キャスト

作品データ

原題 Harry Potter and the Half-Blood Prince
製作年 2009年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 154分
オフィシャルサイト  

特集

「謎のプリンス」鑑賞前にこれをチェック!【その3】重要キーワードを復習&新キャラを予習
映画を見ながら「これ、なんだっけ?」と考えこんでしまわないように…

最後に、あらためて本作を見る上で思い出しておきたい事柄と、本作で新登場するキャラクター、キャストを紹介しておこう。これまでのシリーズを見て、原作本も読破している人も多いであろうから、今さら説明は不要かもしれないが、過去作や原作本をチェ...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

全編を通してかなり大胆な省略と脚色が施された第6作
ハリー・ポッターと謎のプリンスの映画評論・批評

それぞれの監督が同じ世界をどう自分流に料理するのかが楽しみだったこのシリーズだが、前作第5作以降は最終作までデビッド・イェーツが監督することが発表され、この楽しみは失われた——と思ったら、それは間違いだった。同じ監督なのに今回は前作と...ハリー・ポッターと謎のプリンスの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全63件)
  • I was chosen. 物語も佳境に入ってきた6作目 ネタバレ! どうしても最終作品へのつなぎの印象が否めないハリー・ポッター第6弾です。ま、実際そうだから仕方ないんですけどね。それでも今作は原作ブツ切り感が少なかった気がします。デイビット・イェーツ監督慣れて... ...続きを読む

    アキ爺 アキ爺さん  2018年6月3日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 刺激がない 戦闘シーンも中身も薄っぺらいものを ひたすら見せられているだけ ただ前作、前々作よりかは面白かった ...続きを読む

    かずくん かずくんさん  2018年3月28日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • ただただダークな6作目 デヴィッド・イェーツが監督続投。 もはやホラー映画と間違えかねない暗さ… 賢者の石の頃のファンタジー感はどこへ… さて、この作品、なかなか難解。 何度も見て、やっと理解できつつある状態です(^_... ...続きを読む

    n.yamada n.yamadaさん  2017年12月31日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi