ハリー・ポッターと秘密の部屋

劇場公開日

21%
53%
23%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

J・K・ローリングの世界的ベストセラー「ハリー・ポッター」シリーズ映画化第2作。ホグワーツ魔法魔術学校の2年生の新学期を迎えようとするハリーの前に、屋敷しもべ妖精ドビーが現れ「学校に戻ってはいけない」と忠告するが、ハリーは学校へ。やがて「殺してやる」という正体不明の謎の声が聞こえ、マグルの生徒たちが石になってしまうという事件が起こる。ホグワーツの設立者のひとり、サラザール・スリザリンが作ったと言い伝えられる「秘密の部屋」の存在が事件と関連しているとみたハリーらは、秘密の部屋の謎に迫るが……。監督はじめスタッフのほどんどは前作と同じだが、撮影のロジャー・プラットと編集のピーター・ホネスは本作でシリーズ初参加。

2002年製作/161分/アメリカ
原題:Harry Potter and the Chamber of Secrets
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第26回 日本アカデミー賞(2003年)

ノミネート

外国作品賞  
詳細情報を表示

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2002 WARNER BROS. HARRY POTTER CHARACTERS, NAMES AND RELATED INDICIA ARE TRADEMARKS OF AND (C)WARNER BROS. ALL RIGHTS RESERVED. HARRY POTTER PUBLISHING RIGHTS (C)J.K.ROWLING.

映画レビュー

4.0当時は分からなかった

ノビさん
2021年7月3日
Androidアプリから投稿

ハリーポッターって結構難しいですよね。
30歳になり改めて全シリーズを観たんです。
当時、秘密の部屋をいとこと婆ちゃんと観に行った記憶があります。

世界観や魅力的な魔法、アクションシーンにワクワクしながら観てたけど、ストーリーまで理解してなかったなと。
それでも楽しめるモノでした。

この歳で観た時、そして全ストーリーを把握した上でもう一度観た時に、この秘密の部屋はかなり重要な役割を持つ映画になってますね。

トム・リドル、ルシウス、アバダ...、グリフィンドールの剣、組分け帽、ポリジュース薬、等々ね。

伏線が散りばめられた本当に面白い作品です。

ロンが可愛いのはこの辺まで。笑

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ノビ

4.0ロンが輝いている

2021年1月7日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

幸せ

萌える

この映画まではそれぞれの子どもたちがのびのびと感情豊かに生活・活躍していて、まだ群像劇の趣があります。
 そんな中で、三人の中で道化回し的な役を担わされがちのロンの活躍・表情が映画を活き活きとしたものにしています。ロンという人物が物語に深みを与えるのは『死の秘宝part1』ですが、この映画では道化役ぽくもありながらも、ロンの表情を観ているだけでも楽しめます。

1作目より、映画としてのスト―リ―展開がうまく流れていました。それでいて、ホグワ―ツ等魔法の世界満載。ああ、こんな学校だったら面白いのに、と。

本当に細部にわたって、凝りに凝った原作。それを見事にヴィジュアル化した映画です。
 階段下部屋からは昇格して部屋は貰えたけど実家では孤立しているハリー。対するロンの温かくも騒がしい家族。物語の中でロンの母親の編んだセーターを皆にからかわれる場面があるけど、そういうセンスでキタか!と唸りながらも笑っってしまう。そんな母がしつらえる、家族メンバーの服のセンスや家のエクステリア・インテリアも見事でした。家族の温かさをハリ―に与えると同時に忘れていた寂しさをも自覚させられます。息子同様に扱ってくれたって、息子じゃないもの。
 そしてマルフォイ家のいで立ち・立ち振る舞い。嫌みたっぷりながらも、ダ―ズリー家とは違い、洗練された上品さ。どこかうっとりとひきつけられるものがあります。ドラコが「父上」と尊敬するに値するだけのものがありました。

ロックハート先生も見事です。アピール上手でちやほやされる人っていますよね。うん、この笑顔・立ち振る舞いならちやほやされてもしかるべきと思わされてしまう、一種のカリスマ性をふりまく、ふりまく。そんなロックハート先生に対するミネルバ先生やスネイプ先生のあの表情。そしてあの顛末。笑えます。なんで校長がロックハート先生を雇い入れたのかは私にとってまだ謎ですが(笑)。

屋敷しもべと魔法使いとの関係。
嬉しい気遣いと、大きなお世話。
純潔と混血、マグルからの突然変異。血統に対する想い。イギリスならではかなあ。
称賛、偏見、誤解。簡単に移り変わる人の心。変わらぬ心。
恐怖…。意志の力。
良いことばかりではない魔法。魔法生物。魔法がすべてを解決してくれるわけではない…。

ハリポタは、困難を克服していくだけのファンタジーではなく、作者の明確な意図による人物造形も魅力の一つ。ひとつひとつのエピソードも魅力。突っ込みどころもあるのですが、基本的に流れているのは弱者に光を、ずるいものには罰を。とこの巻あたりは、まだ明確でしたね。スネイプ先生もひいきするけど、本当にここはと言う時は、教員としても公平さと言うか、正義を示すし。

才能や血統で人は計れないという作者の想いには共感します。
 でも、マグルに魔法使いが産まれるのなら、反対に魔法使いの家にマグルが産まれることはないのかなあ?魔法使いの家に産まれたマグルはどんな想いで育つのだろうと余計な心配をしてしまう。才能なんて関係ないよとはやっぱり持てる者の言い分?と思いっきり、やっかんだりして。

でも、持てる力を何に使うか、境遇の・運命の悲惨さに負けるか、自分の選択次第。病気とか選択しようがない境遇もあるけど、恨んで生きるか、少しでも意味あるものにしようと思うかで、人生の豊かさは別れてくるのかも。ハリーがダズリー家で過ごした11年でひねくれていたら、ホグワ―ツで親友も出来なかったかもしれないし。

作者ご自身が、一時期不遇な境遇にいらしたとか。だからか、不遇な境遇にいて頑張っている人への応援ともとれるメッセージが盛りだくさん。

謎解きはあるけれど、冒険ファンタジーとしては正直物足りない。まだ敵の存在が中途半端で迫力がない(当然ですが)。
 これから始まる壮大な物語の序章であり、いろいろな伏線が散りばめられて、まだ種がまかれている段階。

『死の秘宝part1・2』でさくっと活躍してサクッといなくなる人物に対する思いを理解するためにも、この映画は外せない(って、『死の秘宝part1・2』は総集編だから、どれも外せないけれど)。

まだ世界は闇に染まっておらず、魔法世界の日常が丁寧に描かれていて、その世界に入り込みたくなるような魅惑的な映画です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
とみいじょん

4.5ハリーポッターシリーズの中でこの作品が一番好きです

SM-CaRDesさん
2020年12月31日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

興奮

萌える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
SM-CaRDes

2.0カタログビデオ

2020年11月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2は観たことなかったようで。amazon unlimited が格安だったので原作を読んでの初鑑賞。1同様の超絶ダイジェスト。読書直後におじさんが観ても追うのがなかなかに難しい。否、おじさんだから難しいのかな(笑)
原作のイベントが次々に映像として再現されるのでそれらを追認する楽しさはあるのだが読んでないとなにが起きてるのかよくわからんだろうな。読んでてもよくわからんのだから。
原作はこの2の秘密の部屋からぐっと深みを増してくるのでそのストーリーのおもしろさが映像として再現されていないのはやはり残念と言いたくなりますね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
肉ネ~ム
すべての映画レビューを見る(全43件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ハリー・ポッター」シリーズ関連作品