【国内映画ランキング】「ワイルド・スピード」新作が2週連続で首位! 6位の「ザ・スーサイド・スクワッド」など3作品が初登場

2021年8月17日 15:00


累計で動員143万人、興収21億円を突破!
累計で動員143万人、興収21億円を突破!

8月14日~15日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。大ヒットアクションシリーズの最新作「ワイルド・スピード ジェットブレイク」(東宝東和)が、土日2日間で観客動員24万3000人、興行収入3億8400万円をあげ、2週連続で首位を飾った。累計では早くも動員143万人、興収21億円を突破している。

2位は、土日2日間で動員16万9000人、興収2億4200万円をあげ、先週の3位から浮上した「竜とそばかすの姫」(東宝)。累計では動員341万人、興収47億円を記録した。先週2位でスタートを切った「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション」(東宝)は、土日2日間で動員16万3000人、興収2億2100万円をあげるも、ワンランクダウンの3位。累計では動員128万人、興収16億円を超えた。

新作では、土日2日間で動員8万1000人、興収1億2800万円となった「ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結」(ワーナー)が6位に初登場。DCコミックスの悪役たちが大集結し、2016年に公開されスマッシュヒットしたサバイバルアクションを、「アベンジャーズ」シリーズの製作総指揮や、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の監督を務めるジェームズ・ガンが新たに描く。マーゴット・ロビーイドリス・エルバジョン・シナらが共演した。

1968年に製作された大映の特撮映画を、2005年に神木隆之介主演でリメイクした「妖怪大戦争」に続くファンタジーアドベンチャー「妖怪大戦争 ガーディアンズ」(東宝/KADOKAWA)は7位スタート。寺田心杉咲花猪股怜生大沢たかおらが共演し、05年版に引き続き三池崇史監督がメガホンをとった。8位には新作「フリー・ガイ」(ディズニー)がランクインした。同作は、ショーン・レビ監督(「ナイト・ミュージアム」シリーズ)が、“何でもあり”のゲームの世界を舞台に、ライアン・レイノルズ(「デッドプール」)主演で描くアクションアドベンチャー。共演はジョディ・カマージョー・キーリータイカ・ワイティティほか。

続映作品では、4位の「映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園」が、累計で興収11億円を突破。5位の「東京リベンジャーズ」(ワーナー)は、累計で動員270万人を超え、興収は間もなく36億円に達する。

2016年に公開されロングランヒットしたホラー「ドント・ブリーズ」の続編「ドント・ブリーズ2」(ソニー)は11位で、惜しくも圏外スタートとなった。

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. ガンダム劇場版5作品を上映する「ガンダムシネマフェス」全国で開催 「GUNDAM NEXT FUTURE」と連動

    1

    ガンダム劇場版5作品を上映する「ガンダムシネマフェス」全国で開催 「GUNDAM NEXT FUTURE」と連動

    2024年5月19日 17:00
  2. 草彅剛、今だから話せる本音と生きざまに迫る 高倉健さん、盟友・香取慎吾とのエピソードも

    2

    草彅剛、今だから話せる本音と生きざまに迫る 高倉健さん、盟友・香取慎吾とのエピソードも

    2024年5月19日 12:00
  3. 【「ミッシング」評論】強固な意思に畏怖の念すら覚える吉田恵輔監督にしかたどり着けない名作

    3

    【「ミッシング」評論】強固な意思に畏怖の念すら覚える吉田恵輔監督にしかたどり着けない名作

    2024年5月19日 08:00
  4. ドニー・イェン主演の「ジョン・ウィック」スピンオフ映画が始動

    4

    ドニー・イェン主演の「ジョン・ウィック」スピンオフ映画が始動

    2024年5月19日 18:00
  5. 映画館の廃棄されるスクリーンを活用 アパレルコレクション「SCRE:EN」第2弾、5月24日から発売

    5

    映画館の廃棄されるスクリーンを活用 アパレルコレクション「SCRE:EN」第2弾、5月24日から発売

    2024年5月19日 20:00

今週