米バラエティが選ぶ「スター・ウォーズ」を監督すべき女性15人

2019年12月28日 17:00

米バラエティが提案
米バラエティが提案

[映画.com ニュース] 全世界で大ヒット中の「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」(J・J・エイブラムス監督)で、全9部からなる「スカイウォーカー・サーガ」が幕を閉じた。ルーカスフィルムは新たな「スター・ウォーズ」の企画開発に入っているが、米バラエティは女性監督がメガホンをとることを提案。スピンオフとなる「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」と「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」を含む、実写映画全11作品がすべて男性監督であると触れ、女性監督が参加すれば新鮮な「スター・ウォーズ」が生まれるはずだと指摘している。

候補としてバラエティは15人の女性監督をリストアップ。「ワンダーウーマン」シリーズのパティ・ジェンキンス監督、「リンクル・イン・タイム」のエバ・デュバーネイ監督、「イーオン・フラックス」のカリン・クサマ監督ら大作映画の経験がある監督や、ジェーン・カンピオン監督(「ピアノ・レッスン」)やスサンネ・ビア監督(「バード・ボックス」)といった世界的な映画作家、「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」でセカンド・ユニット監督を務めたビクトリア・マホーニー、さらにウォシャウスキー姉妹(「マトリックス」シリーズ)までバラエティ豊かなリストになっている。

他に名前が挙がった監督は、デボラ・チョウ(「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」「マンダロリアン」)、ニコール・カッセル(「THE KILLING」「ザ・フォロイング」)、ジェニファー・ケント(「ババドック 暗闇の魔物」)、ケイシー・レモンズ(「クリスマスの贈り物」)、メリーナ・マツーカス(「インセキュア」)、フローリア・シジスモンディ(「ランナウェイズ」「Marvel デアデビル」)、カリ・スコグランド(「ウォーキング・デッド」)。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像「ヤドカリ」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 封印映像「四角い跡」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • オーディション
  • 喰女 ―クイメ―
  • レザーフェイス 悪魔のいけにえ
  • ブロンソン
  • 封印映像38
  • ジェーン・ドウの解剖
  • サスペリア PART2 完全版
  • フェノミナ
OSOREZONE

Powered by 映画.com