リンクル・イン・タイム

0%
12%
47%
29%
12%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アメリカの作家マデレイン・レングルの児童小説「五次元世界のぼうけん」を映画化したディズニー製SFファンタジー。メグ・マリーは大好きだった科学者の父が行方不明になって以来、学校になじめなくなってしまう。ある夜、彼女の家に不思議な女性ミセス・ワッツイットが訪ねてきて、メグの父は研究中に五次元に消えたと告げる。弟のチャールズはなぜか彼女のことを知っているようだ。メグは父を探すため、弟や友人カルビンとともに時空を超えた冒険に出る。人気テレビ番組「オプラ・ウィンフリー・ショー」のオプラ・ウィンフリー、「キューティー・ブロンド」のリース・ウィザースプーン、「ワンダーウーマン」のクリス・パインら豪華キャストが集結。「アナと雪の女王」の監督・脚本を手がけたジェニファー・リーが脚本を担当し、「グローリー 明日への行進」のエバ・デュバーネイがメガホンを取った。

2018年製作/109分/アメリカ
原題:A Wrinkle in Time

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

1.0原作で活躍する凛々しい少女は何処に消えた

2021年11月27日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

このタイトル、どこかで見た憶えがあると思ったら、子供時代に学校の図書室で読んだSF小説の原題だった。邦題は「五次元世界のぼうけん」というものだったが、訳者が後書きで「原題のリンクルとは皺を寄せるという意味で、時間に皺を寄せるとは変わったタイトルです」と書いていたのを憶えている。
内容はほとんど憶えていないが、確か凛々しい女の子が大活躍し、愛が大事なのだと教わった気がする。何十年もの時間をリンクルさせて、その映画化作品にお目にかかれるとは予想もしなかった。

何とも懐かしくてたまらない、というのが第一印象で、その意味では100点満点を贈呈したいのだが、いかんせんろくでもない感想が出てきてしまうのは、当方がろくでもない大人に成り果ててしまったからに違いない。

ストーリーの入口となるリンクルとは、今のSFでは常識となっている「ワープ」を精神の働きで行い、宇宙の端から端まで一瞬のうちに移動するという方法。SF小説に詳しい向きには、アルフレッド・べスター「虎よ、虎よ」に出てくるジョウント効果だと説明した方が分かりやすい。
その方法をいち早く発見し、宇宙の果てに飛び去って行ってしまった父を、姉弟と姉の友人が同じ方法で、宇宙の知的生命体に導かれて救出に向かうというお話である。
冒険が始まってからは、主人公が危難に直面し、そこから知恵と友情、愛情で抜け出すというファンタジーの常套的世界。悪=悪意や嫉妬、善=友情、愛情という構図で、危難を抜け出すには愛が決めてだというメッセージを、観客である子供たちに訴えていくのである。
中でも本作で特徴となっているのは、「欠点だらけでも、それを含めて自分は愛される資格がある」と少女が悟り、それが世界の悪を退けるという自己承認の重要さを説いていることだろうか。少女の欠点=クラスの子と仲良しになれないヒロインの協調性の欠如、世界の悪=学校のいじめっ子という日常との延長が、メッセージ性を高めている。

童話やファンタジーには成立上から然らしむる教訓、メッセージ色が濃厚となりがちだが、そこからずいぶん自由になっている「ハリーポッター」や「指輪物語」よりも、本作にはまだたっぷり残っている感じがする。
ま、仲間がどうした友情がどうしたと鬱陶しい日本の教訓アニメにも困ったものだが、それと同程度の煩わしさかもしれない(あまり見ないので不明w)。

以上のストーリーと全体の構図はさておき、子供の頃に憧れたヒロインの少女が不細工な黒人少女、その弟が鬱陶しそうなアジア系のガキ、サポート役の男の子がハンサムな白人少年と設定されたのは、いかなる悪戯かと訝る。まるで映画を観に来るなと言わんばかりの配役は、家族向けのディズニー映画だからこそ成り立ったものなのだろう。
観客や収益を犠牲にしても人種的中立性という政治的正しさを欲しがった制作者の事情を忖度するにつけ、「ムーンライト」以来続くハリウッド内の政治環境のおかしさを憂えずにはいられない。

配役を除けば、CG満載の画面はカネをかけているらしくキレイだし、宇宙の知的生命体や世界の悪は、低年齢向けの分かりやすい造形で、小学校低学年くらいまでは楽しめるのではなかろうか。
要は家族向けのファンタジー映画であり、いい年をした大人が観るものではないというのが結論です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
徒然草枕

3.0バラバラになったマイケル・ペーニャ

kossyさん
2020年6月5日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 5次元ファンタジーは天国のような気分にさせられる。いや、待て。5次元って何だ?『インターステラー』(2014)でもよくわからなかった5次元。その前に4次元を教えてくれ!と言いたいところだったが、これはファンタジー作品。3次元に時間をプラスしただけのような気もしたが、そこまで突っ込むと、次元が低いと言われそうなのでやめておこう。

 NASA科学者の父が行方不明になってから4年。問題児扱いされていたメグ・マリーは学校でもイジメに遭っていたが、賢い弟チャールズとともに不思議体験する。最初に現れたのが、メリー・ポピンズを思わせるミセス・ワッツイット(リース・ウィザースプーン)、名言ばかり口にするミセス・フー(ミンディ・カリング)、さらにでっかい女性ミセス・ウィッチ(オプラ・ウィンフリー)の3人の女性だ。彼女たちの力によって、メグ、チャールズ、そして同級生男子のカルビンが910億光年離れた銀河系の植物惑星へとワープするのだった。

 映像がとにかく綺麗で、ディズニーの本領発揮といったところ。悪役はブラックホールみたいな“IT”だ。光の空間では信じることが大切なのに、この“IT”という暗闇では疑うことが必要らしい。ティム・バートン風の世界と不思議なキャラクターが登場して彼らを惑わし、やがて父親を発見しようとするメグたち。両親がナノ科学者と宇宙科学者という設定も面白いし、相反する二人の科学が愛を生む・・・といったところもいい。

 もとは児童文学なので、5次元という言葉で誤魔化されてしまいますが、時間の概念がトンネルの部分だけしか表現されてなくて残念でした。それならやっぱり『インターステラー』の方が面白いと思うし、それを簡略化した子供向けととらえればいいのかもしれません。“時間のしわ”というタイトルだけは意味深です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

2.0現代風お伽噺

odeonzaさん
2020年5月24日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
odeonza

3.0ジュブナイルファンタジー

2020年2月1日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

科学者の父親が失踪、いじけた学校生活をおくっていたが、不思議な女性が現れ、お父さんは5次元の世界にいる、という。
あとは想像力の世界となり、予算との相談となる。
子供たちには分かりやすい教訓になっている。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る