ジョン・ウォーターズ監督が選ぶ2019年の映画ベスト10

2019年12月28日 16:00

ギャスパー・ノエ監督「CLIMAX クライマックス」が1位
ギャスパー・ノエ監督「CLIMAX クライマックス」が1位

[映画.com ニュース]「ピンク・フラミンゴ」や「ヘアスプレー」などで知られるカルト作家のジョン・ウォーターズ監督が、2019年の映画ベストテンを米Artformに発表した。

トップに選んだのは、「アレックス」「LOVE 3D」といった衝撃作を手がけてきたフランスの鬼才ギャスパー・ノエが、ドラッグと酒でトランス状態になったダンサーたちの狂乱の一夜を描いた「CLIMAX クライマックス」。ウォーターズ監督は「今年のベスト映画は、“バッドトリップ”を新解釈した作品。狂乱のダンスミュージックとLSD、神経衰弱、幼少時代のトラウマが組み合わさったこのイカれたドラマは、『赤い靴』と『Hallucination Generation』(LSDに傾倒する少年を描いた66年の映画)を掛け合わせたようだ」と評している。

2位は、ブリュノ・デュモン監督の「Joan of Arc」。これはウォーターズ監督が昨年のベスト映画に選んだデュモン監督作「ジャネット、ジャンヌ・ダルクの幼年期」の続編で、2019年のカンヌ国際映画祭ある視点部門で上映された。ウォーターズ監督は「神は存在する、その名はブリュノ・デュモンだ」と語り、主演した子役リーズ・ルプラ・プリュドムのことも絶賛している。

3位は、クエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」。「観客が心底満足できる、批評面でも興行面でもその成功に値する作品。アメリカの実録犯罪ものに対する固定観念を破り、マンソン事件にあえて爽快な結末を与え、衝撃的でものすごく笑える作品に仕上がっている」と称えた。

ジョン・ウォーターズ監督が選んだ2019年の映画ベストテンは以下の通り。

1. 「CLIMAX クライマックスギャスパー・ノエ監督
2. 「Joan of Arc」ブリュノ・デュモン監督
3. 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドクエンティン・タランティーノ監督
4. 「ボーダー 二つの世界アリ・アッバシ監督
5. 「Amazing Grace」アラン・エリオット、シドニー・ポラック監督
6. 「Hail Satan?」ペニー・レイン監督
7. 「Pain & Gloryペドロ・アルモドバル監督
8. 「屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカファティ・アキン監督
9. 「The Souvenir」ジョアンナ・ホッグ監督
10. 「ジョーカートッド・フィリップス監督

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像「ヤドカリ」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 封印映像「四角い跡」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 死霊の罠
  • 死霊の罠2 ヒデキ
  • 映画「怪談新耳袋Gメン 復活編」【TBSオンデマンド】
  • オーディション
  • レザーフェイス 悪魔のいけにえ
  • 封印映像38
  • ジェーン・ドウの解剖
  • フェノミナ
OSOREZONE

Powered by 映画.com