3Dでの過激な性描写がカンヌで話題! ギャスパー・ノエ「LOVE」予告編 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月7日 > 3Dでの過激な性描写がカンヌで話題! ギャスパー・ノエ「LOVE」予告編
メニュー

3Dでの過激な性描写がカンヌで話題! ギャスパー・ノエ「LOVE」予告編

2016年2月7日 16:00

「LOVE 3D」の一場面「LOVE 3D」

「LOVE 3D」の一場面
(C)2015 LES CINEMAS DE LA ZONE . RECTANGLE PRODUCTIONS .
WILD BUNCH . RT FEATURES . SCOPE PICTURES.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 過激な性描写を3Dで映し、2015年のカンヌ映画祭で物議を醸したフランスの鬼才ギャスパー・ノエ監督の新作「LOVE 3D」日本版予告編が公開された。

青年マーフィーがかつての恋人エレクトラとの2年にわたる蜜月を振り返るスタイルを取りながら、愛しあう若いカップルの情熱を肉体、精神の両面で再現。大胆な性描写とともに、喜び、切なさ、残酷さなどすべてを包容する愛を3Dで描く。

予告編では、生涯最大の愛を失ったマーフィーが、エレクトラとの別れから時間を巻き戻すように情熱的な日々を回想。エロティックでありながら切なく胸に迫るシーンを切り取っている。

LOVE 3D」は4月1日から、新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi