CLIMAX クライマックス

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
CLIMAX クライマックス
14%
53%
22%
6%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「カノン」「アレックス」「LOVE 3D」などさまざまな問題作を手がけてきたフランスの鬼才ギャスパー・ノエが、ドラッグと酒でトランス状態になったダンサーたちの狂乱の一夜を描いた異色作。1996年のある夜、人里離れた建物に集まった22人のダンサーたち。有名振付家の呼びかけで選ばれた彼らは、アメリカ公演のための最終リハーサルをおこなっていた。激しいリハーサルを終えて、ダンサーたちの打ち上げパーティがスタートする。大きなボールに注がれたサングリアを浴びるように飲みながら、爆音で流れる音楽に身をゆだねるダンサーたち。しかし、サングリアに何者かが混入したLSDの効果により、ダンサーたちは次第にトランス状態へと堕ちていく。「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」のソフィア・ブテラ以外のキャストはプロのダンサーたちが出演し、劇中曲として「ダフト・パンク」「ザ・ローリング・ストーンズ」「エイフェックス・ツイン」などの楽曲が作品を盛り上げる。

2018年製作/97分/R18+/フランス・ベルギー合作
原題:Climax
配給:キノフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 発狂する唇
  • インスマスを覆う影
  • 乱歩 妖しき女たち
  • 爆裂魔神少女 バーストマシンガール
  • ハングマンズ・ノット
  • ファミリー☆ウォーズ
  • メランコリック
  • オー・マイ・ゼット!
  • トリハダ 劇場版
  • トリハダ 劇場版2
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2018 RECTANGLE PRODUCTIONS-WILD BUNCH-LES CINEMAS DE LA ZONE-ESKWAD-KNM-ARTE FRANCE CINEMA-ARTEMIS PRODUCTIONS

映画レビュー

4.0今回のノエ作品は踊る!踊る!中毒性の高い悪夢へようこそ。

2019年10月31日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

鬼才ギャスパー・ノエの映画ほど他人の「面白い」があてにならないものはない。ある者は感動して涙を流し、またある者は嫌悪のあまり嘔吐感すらあらわにする。その千差万別の反応こそノエ作品の醍醐味。もしくは私たちは彼の映画を通じて自分自身を見つめているのかも。

そんな彼の新作は今回もぶっ飛んでいた。冒頭から挑発的で、実験的で、ニヤニヤが止まらなくなる。だがそこを抜けると、雪に閉ざされたホールで夜な夜なダンス・パーティーが始まり、集いし若者たちが超長回しでとにかく素晴らしい身のこなしで延々と舞う。この時点でテンションはMAXなのだが、そこから事態はツイストし、狂喜乱舞し、地獄のような悪夢へ。ワン・アイディアを瞬発的に発展させたような作りでありながら、過去のノエ作品のタブーが散りばめられた集大成のようにも思える。強烈なのに何度も観たくなる、中毒性の高い一作かと。ただしR18+。くれぐれも油断は禁物だ。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
牛津厚信

3.0「で?」ってなる

2020年10月10日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

多分、ギャスパー・ノエ作品は今回が初鑑賞。
観た感想としては、ギャスパー・ノエは映画を作るのが上手いなーと。
EDから始まるというトリッキーな出だしに面食らうけど、キャストへのインタビューや約5分のダンスシーン、そして打ち上げの前半部分で、キャストそれぞれの性格や関係性、この山荘で過ごした時間などを全部説明しているし、かつそれが後半への伏線にもなってる。
対して後半部分は、前半で丁寧に積み上げたものを、グズグズと壊していくだけの展開が続くだけなので正直飽きるし、観終わったあと「で?」ってなる。

多分ノエ監督は、人間の本性とか、獣性とかを見せたかったんだと思うし、だからキャストの殆どが役者じゃなくダンサーで、その試み自体は成功してると思うけど、物語的な“その先”がない感じ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
青空ぷらす

4.0デビルマン冒頭の再現

カメさん
2020年10月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

個人評価:3.8
サイコーにぶっ飛んだトリップ映画。
冒頭のダンスシーンに魅せられて、この世界に迷い込み出られない。
まるでデビルマン1巻の人間が理性を無くし、踊り狂った時に悪魔が訪れる。そんな悪魔的な映画だ。
ラース・ファン・トリアーの様な、ある種の人間の闇や泥を掘り下げる様な、歪で孤高な作り手だと感じる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カメ

2.0アシッドトリップ警鐘ムービー?

NobuNagaさん
2020年9月24日
PCから投稿

キャストのダンサー達のポテンシャルは高い。
バッドトリップパニックの事象を外から撮っただけの低予算再現フィルム。

キメてる側に見えているものや視点はほぼ描かれていないので
どんなイレギュラーが起きているのか伝わらず残念。

ミニマルテクノなサウンドとのシンクロ感はよかった。

同じ事案をもっと巧く撮れる監督は世界中にゴロゴロいるだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
NobuNaga
すべての映画レビューを見る(全42件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る