CLIMAX クライマックス

劇場公開日

  • 予告編を見る
CLIMAX クライマックス
CLIMAX クライマックス
17%
49%
22%
6%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「カノン」「アレックス」「LOVE 3D」などさまざまな問題作を手がけてきたフランスの鬼才ギャスパー・ノエが、ドラッグと酒でトランス状態になったダンサーたちの狂乱の一夜を描いた異色作。1996年のある夜、人里離れた建物に集まった22人のダンサーたち。有名振付家の呼びかけで選ばれた彼らは、アメリカ公演のための最終リハーサルをおこなっていた。激しいリハーサルを終えて、ダンサーたちの打ち上げパーティがスタートする。大きなボールに注がれたサングリアを浴びるように飲みながら、爆音で流れる音楽に身をゆだねるダンサーたち。しかし、サングリアに何者かが混入したLSDの効果により、ダンサーたちは次第にトランス状態へと堕ちていく。「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」のソフィア・ブテラ以外のキャストはプロのダンサーたちが出演し、劇中曲として「ダフト・パンク」「ザ・ローリング・ストーンズ」「エイフェックス・ツイン」などの楽曲が作品を盛り上げる。

2018年製作/97分/R18+/フランス・ベルギー合作
原題:Climax
配給:キノフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ROOM237
  • ヘンリー
  • スペイン一家監禁事件
  • カルト
  • オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主
  • バレット・バレエ
  • 映画「怪談新耳袋 殴り込み!」【TBSオンデマンド】
  • 吸血鬼ゴケミドロ
  • ザ・ボーイ ~人形少年の館~
  • 稲川淳二 真相 恐怖の現場~恐怖の検証~ Vol.4 《異界へ誘う、呪縛トンネル / 生霊が嘆く墓》
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2018 RECTANGLE PRODUCTIONS-WILD BUNCH-LES CINEMAS DE LA ZONE-ESKWAD-KNM-ARTE FRANCE CINEMA-ARTEMIS PRODUCTIONS

映画レビュー

4.0今回のノエ作品は踊る!踊る!中毒性の高い悪夢へようこそ。

2019年10月31日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

鬼才ギャスパー・ノエの映画ほど他人の「面白い」があてにならないものはない。ある者は感動して涙を流し、またある者は嫌悪のあまり嘔吐感すらあらわにする。その千差万別の反応こそノエ作品の醍醐味。もしくは私たちは彼の映画を通じて自分自身を見つめているのかも。

そんな彼の新作は今回もぶっ飛んでいた。冒頭から挑発的で、実験的で、ニヤニヤが止まらなくなる。だがそこを抜けると、雪に閉ざされたホールで夜な夜なダンス・パーティーが始まり、集いし若者たちが超長回しでとにかく素晴らしい身のこなしで延々と舞う。この時点でテンションはMAXなのだが、そこから事態はツイストし、狂喜乱舞し、地獄のような悪夢へ。ワン・アイディアを瞬発的に発展させたような作りでありながら、過去のノエ作品のタブーが散りばめられた集大成のようにも思える。強烈なのに何度も観たくなる、中毒性の高い一作かと。ただしR18+。くれぐれも油断は禁物だ。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
牛津厚信

3.5ダンスパフォーマンスは圧巻でした

2020年6月28日
iPhoneアプリから投稿

確か…Instagram だったと思う。予告編が流れてきて、圧巻のダンスパフォーマンスに興味が湧いた。ちょっとだけ、パーティーとか、ドラッグとか、どうでも良かったんだよね…。でも、このコロナのせいで、特別興行で、割安で鑑賞できたので、観てみました。でも、それだけ…。
誰が、何のために、サングリアに何かを入れたのか…とか、明かされぬまま終わりました。ダンスパフォーマンスは、本当に、素晴らしかった。個人、個人のパフォーマンスは、下手じゃない?って人もいましたが、全体的に見ると、素晴らしかったです。パーティーとか、ドラッグとかじゃなくて、もう少し、正統派のストーリーにすれば良かったのに…。もしくは、きちんと、謎を明かしてくれたら、もっと違う感想を持てたのに…。ちょっと残念でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
らぶにゃん

3.0酔っぱらいを傍から見ている可笑しさがある。

2020年6月21日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

興奮

ギャスパーノエ作品はアレックス以来二作目で、監督いわくアルコールの怖さを若者に啓蒙するために本作を撮ったと、ほんまかいな。相変わらずただ刺激的な映像が撮りたかっただけと違うんかな。
本作は劇場で観れば、もっと乗れたかも。自宅でのDVD による鑑賞のためか表題のごとく覚めた目でただ人々が阿鼻叫喚の嵐に巻き込まれる様を眺めてしまった。やはり映画は映画館で見なきゃですね。
黒人二人が下らない猥談を永遠と続けているところが可笑しかったのと、セルヴァ役の女の子が唯一女優さんで流石に可愛いかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
レプリカント

4.0映画だからこそ表現できた混沌

ぐちたさん
2020年6月15日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

長い大音量のサイレンで始まり、シートがびりびり震えるほどの音楽に合わせてダンサーたちが踊る。そして、ビシッと息の合った彼らのダンスが終わると、アルコールとLSDの混沌の夜が始まる。

酒とドラッグが解き放ってしまう人間の本性の、見るに耐えないほどの生々しさ、荒々しさが止まらなくなる。いきなりキレる女、自傷する女、生々しい会話を延々と続ける男たち。

酒にLSDを混入した女は示唆されるが目的はわからない。
音楽と、踊り叫び泣く男たち、女たち。映画だからこそ表現できた混沌。この後味の悪さも込みでの芸術であろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぐちた
すべての映画レビューを見る(全36件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る