メイクアップ・アーティスト&ヘアスタイリスト組合賞ノミネート発表

2019年11月13日 12:00

映画部門でノミネート
映画部門でノミネート

[映画.com ニュース] 米メイクアップ・アーティスト&ヘア・スタイリスト組合(MUAHS)賞のノミネートが11月11日(現地時間)に発表された。

映画部門は、エルトン・ジョンの半生を描いたタロン・エガートン主演「ロケットマン」や、シャーリーズ・セロンが実在の女性キャスターであるミーガン・ケリーに瓜ふたつと話題の「Bombshell(原題)」などが選出された。

テレビドラマ部門では、80年代の流行が盛り込まれた「アメリカン・ホラー・ ストーリー:1984(原題)」、サム・ロックウェルミシェル・ウィリアムズ主演で振付師ボブ・フォッシーと女優グウェン・ヴァードンの波乱に満ちた恋愛を描く「Fosse/Verdon(原題)」、チェルノブイリ原子力発電所事故の内幕に焦点をあてた「チェルノブイリ」などがノミネートされている。

MUAHSに所属する会員の投票によって選ばれる同賞は、「映画」「テレビドラマ」「舞台」「コマーシャル」の4部門からなり、各部門がヘアとメイク、物語の時代設定などでカテゴリー分けされているのが特徴。授賞式は1月11日(現地時間)、米ロサンゼルスのノボ・シアターにて開催される。主な受賞結果は以下の通り。

▽現代メイクアップ賞(Best Contemporary Makeup)
アベンジャーズ エンドゲーム
「Bombshell(原題)」
ハスラーズ
ジョン・ウィック パラベラム
アス

▽現代ヘアスタイリング賞(Best Contemporary Hair Styling)
「Bombshell(原題)」
ハスラーズ
ジョン・ウィック パラベラム
ジョーカー
ザ・ランドロマット パナマ文書流出

▽時代劇/キャラクターメイク賞(Best Period and/or Character Makeup)
ダウントン・アビー
ルディ・レイ・ムーア
ジョーカー
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
ロケットマン

▽時代劇/キャラクター・ヘアスタイリング賞(Best Period and/or Character Hair Styling)
ダウントン・アビー
ルディ・レイ・ムーア
マレフィセント2
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
ロケットマン

▽特殊メイク効果賞(Best Special Makeup Effects)
「Bombshell(原題)」
キャプテン・マーベル
IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。
ロケットマン
アイリッシュマン

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ランチ・レディース
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
  • ザ・チェアマン
  • ヘア・ウルフ
  • ヒットマン:ザ・バトルフィールド
  • ヘイヴンハースト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者
  • 封印映像33
  • カルト
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 「女は女である」「気狂いピエロ」女優アンナ・カリーナさん死去 79歳

    1

    「女は女である」「気狂いピエロ」女優アンナ・カリーナさん死去 79歳

    2019年12月15日 18:23
  2. 「スター・ウォーズ」が彩る丸の内クリスマス SW愛あふれるフォトスポット&カフェで40年の歴史に思いを馳せてみた

    2

    「スター・ウォーズ」が彩る丸の内クリスマス SW愛あふれるフォトスポット&カフェで40年の歴史に思いを馳せてみた

    2019年12月15日 10:00
  3. 野沢雅子のラジオ番組に田中真弓がゲスト出演 仕事の哲学や「ドラゴンボール」共演秘話を語る

    3

    野沢雅子のラジオ番組に田中真弓がゲスト出演 仕事の哲学や「ドラゴンボール」共演秘話を語る

    2019年12月15日 08:00
  4. 【国立映画アーカイブコラム】国内唯一の「映画専門」図書室はどのように成長したか?

    4

    【国立映画アーカイブコラム】国内唯一の「映画専門」図書室はどのように成長したか?

    2019年12月15日 12:00
  5. 【中国映画コラム】報酬はゼロ、原動力は愛――“字幕組”が違法行為を止められない理由

    5

    【中国映画コラム】報酬はゼロ、原動力は愛――“字幕組”が違法行為を止められない理由

    2019年12月15日 11:00

今週