アス

劇場公開日

アス
10%
50%
30%
8%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ゲット・アウト」がアカデミー賞にノミネートされ、脚本賞を受賞するなど大きな話題を集めたジョーダン・ピール監督が、自分たちとそっくりの謎の存在と対峙する一家の恐怖を描いたサスペンススリラー。夫のゲイブ、娘のゾーラ、息子のジェイソンとともに夏休みを過ごすため、幼少期に住んでいたカリフォルニア州サンタクルーズの家を訪れたアデレードは、不気味な偶然に見舞われたことで過去のトラウマがフラッシュバックするようになってしまう。そして、家族の身に何か恐ろしいことが起こるという妄想を次第に強めていく彼女の前に、自分たちとそっくりな“わたしたち”が現れ……。「ゲット・アウト」に続き、数々のホラー/スリラー作品を大ヒットさせてきたジェイソン・ブラムが製作。主演には「それでも夜は明ける」でアカデミー助演女優賞を受賞し、「ブラックパンサー」などで活躍するルピタ・ニョンゴを迎えた。

2019年製作/116分/R15+/アメリカ
原題:Us
配給:東宝東和

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • パラノーマル・アクティビティ
  • サクラメント 死の楽園
  • ブレア・ウィッチ
  • ダイアリー・オブ・ザ・デッド
  • サバイバル・オブ・ザ・デッド
  • 複製された男
  • アルカディア
  • モンスターズ 地球外生命体
  • 鉄男
  • 鉄男Ⅱ THE BODY HAMMER
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)Universal Pictures

映画レビュー

4.5無意識の領域を可視化するという高度なテクニックに熱狂

2019年9月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 6 件)
牛津厚信

4.5ホラー映画をアップデートする秀作

2019年8月31日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

怖い

興奮

近年の映画で言えばデヴィッド・ロバート・ミッチェル監督の「イット・フォローズ」を鑑賞したときに似た、新時代のホラーに出会っているというワクワク感が持続する、巧みに構成・演出された秀作だ。例えば自分そっくりの他者・ドッペルゲンガーや、つなぎ服を着たヴィランなど、恐怖の諸要素はある意味使い古されたものが多いのだが、入念に作り込んだ設定と、笑いを絶妙に織り込んだバイオレンス描写、変幻自在でありながら不思議と統一感のあるBGMなどによって、ホラーというジャンルをアップデートすることに成功している。

監督デビュー作「ゲット・アウト」で高評価を得たジョーダン・ピール、2作目も期待に応えた。ただ、前作に比べると非現実な設定が恐怖の核心に関連することと、終盤でそうした核心部分の情報が観客への講釈よろしく一気に開陳されるあたりが、ちょっともったいない。ラストは大好き。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 14 件)
高森 郁哉

2.5みんなで手をつないで、さぁ歌おう! ♪うぃあ~ざわぁ~

kazzさん
2021年8月26日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

WOWOWの放送にて。

ホラーの新境地かな、という印象。
監督&脚本のジョーダン・ピールという人、コメディアンだということでコントの脚本・演出なんかでも才能発揮してたのだろう。

まず、何より発想が斬新。これは『ゲット・アウト』に引けを取らない。
自分達とよく似た家族に襲われるという、とてつもない恐怖…
ただ、襲われる描写は従来のスラッシャーと比べて新味を感じられないのが物足りない。
なんとか逃げ出した主人公一家が街で目にする光景、これがまた斬新だ。
スラッシャーは閉じた環境で事態が進む場合が多いが、街中がこんなことになっているのはゾンビ映画くらいだろう。

彼らが何なのか…
映画の冒頭で何千キロにも及ぶ知られざる地下道の存在が語られ、「ハンズ・アクロス・アメリカ」の活動を報じるテレビニュースが流される。
そして、ルピタ・ニョンゴのクローン(ドッペルゲンガー?)が語る、彼らが作られた存在でありながら葬られたのだという真相。
ここで残念ながら自分は興醒めしてしまった。
あまりにも無理がある。
彼らが自分たちの責任ではなく阻害された存在であることで、この映画に社会的なテーマを持たせたかったのだろう。
それは解るが、なんとも。
全ての人にクローンがいて、地下で同調した動きをしていたというのは、説得力がなさすぎる。
ホラーとしては、訳が分からない存在のままの方がよかったと思う。

「ハンズ・アクロス・アメリカ」に繋げたのは、あの活動を揶揄する意図があったのかもしれないが、単に不気味に見せる効果があった。
あの程度に少し風刺意図を感じるくらいに抑えておけば、純粋にコワ面白い映画として楽しめたと思う。
ルピタ・ニョンゴのどんでん返しの〝秘密〟も物語としては面白いのだが、あの説明があったがために逆に矛盾が浮き彫りになってしまった。

コメントする (コメント数 5 件)
共感した! (共感した人 12 件)
kazz

4.5カメラワークと音楽がとても個性的

まささん
2021年8月19日
PCから投稿

前作の「ゲットアウト」はサスペンスで今回はホラー。
最初から最後まで怖くてドキドキした。
しかし途中で少しコメディタッチが混ざり込む。
さすがジョーダンピール。

そして油断させた隙に、ドキッとさせる。
気持ちが壊れそうになった。

ジョーダンピールの作品はカメラワークと音楽がとても個性的で、次回作も楽しみ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まさ
すべての映画レビューを見る(全221件)