劇場公開日 2019年9月6日

  • 予告編を見る

アスのレビュー・感想・評価

3.3221
10%
50%
30%
8%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全221件中、1~20件目を表示

4.5無意識の領域を可視化するという高度なテクニックに熱狂

2019年9月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 6 件)
牛津厚信

4.5ホラー映画をアップデートする秀作

2019年8月31日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

怖い

興奮

近年の映画で言えばデヴィッド・ロバート・ミッチェル監督の「イット・フォローズ」を鑑賞したときに似た、新時代のホラーに出会っているというワクワク感が持続する、巧みに構成・演出された秀作だ。例えば自分そっくりの他者・ドッペルゲンガーや、つなぎ服を着たヴィランなど、恐怖の諸要素はある意味使い古されたものが多いのだが、入念に作り込んだ設定と、笑いを絶妙に織り込んだバイオレンス描写、変幻自在でありながら不思議と統一感のあるBGMなどによって、ホラーというジャンルをアップデートすることに成功している。

監督デビュー作「ゲット・アウト」で高評価を得たジョーダン・ピール、2作目も期待に応えた。ただ、前作に比べると非現実な設定が恐怖の核心に関連することと、終盤でそうした核心部分の情報が観客への講釈よろしく一気に開陳されるあたりが、ちょっともったいない。ラストは大好き。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 14 件)
高森 郁哉

2.5みんなで手をつないで、さぁ歌おう! ♪うぃあ~ざわぁ~

kazzさん
2021年8月26日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

WOWOWの放送にて。

ホラーの新境地かな、という印象。
監督&脚本のジョーダン・ピールという人、コメディアンだということでコントの脚本・演出なんかでも才能発揮してたのだろう。

まず、何より発想が斬新。これは『ゲット・アウト』に引けを取らない。
自分達とよく似た家族に襲われるという、とてつもない恐怖…
ただ、襲われる描写は従来のスラッシャーと比べて新味を感じられないのが物足りない。
なんとか逃げ出した主人公一家が街で目にする光景、これがまた斬新だ。
スラッシャーは閉じた環境で事態が進む場合が多いが、街中がこんなことになっているのはゾンビ映画くらいだろう。

彼らが何なのか…
映画の冒頭で何千キロにも及ぶ知られざる地下道の存在が語られ、「ハンズ・アクロス・アメリカ」の活動を報じるテレビニュースが流される。
そして、ルピタ・ニョンゴのクローン(ドッペルゲンガー?)が語る、彼らが作られた存在でありながら葬られたのだという真相。
ここで残念ながら自分は興醒めしてしまった。
あまりにも無理がある。
彼らが自分たちの責任ではなく阻害された存在であることで、この映画に社会的なテーマを持たせたかったのだろう。
それは解るが、なんとも。
全ての人にクローンがいて、地下で同調した動きをしていたというのは、説得力がなさすぎる。
ホラーとしては、訳が分からない存在のままの方がよかったと思う。

「ハンズ・アクロス・アメリカ」に繋げたのは、あの活動を揶揄する意図があったのかもしれないが、単に不気味に見せる効果があった。
あの程度に少し風刺意図を感じるくらいに抑えておけば、純粋にコワ面白い映画として楽しめたと思う。
ルピタ・ニョンゴのどんでん返しの〝秘密〟も物語としては面白いのだが、あの説明があったがために逆に矛盾が浮き彫りになってしまった。

コメントする (コメント数 5 件)
共感した! (共感した人 13 件)
kazz

4.5カメラワークと音楽がとても個性的

まささん
2021年8月19日
PCから投稿

前作の「ゲットアウト」はサスペンスで今回はホラー。
最初から最後まで怖くてドキドキした。
しかし途中で少しコメディタッチが混ざり込む。
さすがジョーダンピール。

そして油断させた隙に、ドキッとさせる。
気持ちが壊れそうになった。

ジョーダンピールの作品はカメラワークと音楽がとても個性的で、次回作も楽しみ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まさ

4.0ホラーというより不気味系スリラー ※ネタバレは纏めて最下部

alalaさん
2021年8月12日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

知的

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
alala

2.0何故、どうして…

ケイさん
2021年7月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 18 件)
ケイ

3.0怖さは途中まで

2021年7月18日
iPhoneアプリから投稿

 夜の遊園地から始まり、鏡の部屋、オープニングの捕らえられたウサギと音楽が不気味に感じてなかなかいい出だし。
 ある夜,家の外に不審者が!同じ姿形の4人に襲われて何とか逃げる、、、ここまでは面白かった。
 この後の展開が話が大きくなりすぎて逆に恐ろしさが半減してしまったように感じた。
 ラストでのアデレードの真実で盛り返したかな😨

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 11 件)
アンディぴっと

3.0格差社会風刺ホラー

REXさん
2021年7月13日
PCから投稿

悲しい

怖い

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
REX

2.5怖いのは怖いけど・・・

tomさん
2021年7月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

怖い

難しい

怖いのは怖いけど・・・不気味という意味での怖さ。
表情や動きがとても不気味。
それほどグロさはなく、衝撃シーンもほぼない。
心理面での怖さも・・・少し拍子抜け。
発想はいいと思うので、もう少し脚本がしっかりしていれば
「ゲットアウト」のようになっていたかも・・・少し残念ですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tom

2.5ラストも予想通りの拍子抜け。ホラーっぽい殺戮映画だった。

2021年7月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

ラストも予想通りの拍子抜け。ホラーっぽい殺戮映画だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tsumu miki

3.5トラウマ級の怖さ

2021年7月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

いつもなら酷評する内容のはず。それというのも、開始早々深い眠りに落ちてしまったから。不気味な導入部を期待しながら、「やつら」が襲ってきたころまでは覚えているものの、そこから先は闇。目覚めてみたらもう、不条理な戦いが始まった後だった。

それでも、この怖さはなんだ?
感じたことのない怖さ。いや不気味さというか、現実の中にはさまったわずかな違和感のような感覚。どうして彼らは直接的に攻撃してこないんだろう?どうしてハサミを持っているんだろう?

どうして?どうして?

私が映画を見た感想を誰かに伝えるとしたら、ほとんどはお話の見事な構築ぶりと、何と言っても大画面から伝わる映像の迫力。お話はほとんど理解できないままだったのに、こんなに感情を揺さぶられた映画も珍しい。それどころか、もう一度コンディションを整えて、映画館に見に行きたいとすら思っているのだ。

『ゲット・アウト』の時に感じた、期待外れ感。不条理なおとぎ話に対する不満を、この映画では拡大してむしろ説明を省いたような印象を受ける。「見たまんま、感じて行ってよ。」とでも言いたい監督の言葉が聞こえてくるようだ。

そういう意味で、分からないなりの面白さが、この映画にはある。

2019.9.24

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うそつきカモメ

1.5う~ん

moonmoonさん
2021年3月15日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

テンポが悪く、途中で断念しそうになった。
最後まで見たけどつまんなかったなぁ。
ドッペルゲンガーたちが主人公家族を襲いにきたシーンが本来1番ハラハラするシーンだろうにそこが1番退屈だった。
あと、日本映画ばりに画面がずっと暗くて今どうなってんの?って思うことが多かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
moonmoon

2.5人権映画

2021年2月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

知的

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
岡部 竜弥

3.0スケキヨな仮面と攻殻機動隊な音楽が良い。

2021年2月7日
iPhoneアプリから投稿

ジョーダン・ピールの画と構成のキューブリック的な潔癖症気味几帳面さを買う。
それ故に全部説明し切る蛇足感が惜しい。
スクリームな滑稽さも加わって、尚もエレガントである不思議。
余程のハイセンスと見よう。
スケキヨな仮面と攻殻機動隊な音楽が嬉しい。
私的年テン上位。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
きねまっきい

4.5わたしはすき

まぷーさん
2021年2月6日
スマートフォンから投稿

怖い

興奮

意見が別れるのかもしれませんが、私は面白い映画だと思いました。確かに、設定に欠けている部分もあるかもしれませんが、ザックリ見る映画としては恐ろしく、面白かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
まぷー

1.5わかりにくい内容だな

2021年1月21日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
カミムラ

4.0変化していく対比構成とラストのどんでん返しの妙

オレさん
2021年1月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

難しい

幼少期に自身のドッペルゲンガーと遭遇したことによりトラウマを抱えてしまった女性アデレードウィルソン。
夫と2人の子を持つ母となった彼女が家族旅行に出掛けた先で家族全員のドッペルゲンガーに遭遇する恐怖を描いたホラー作品。

2017年の『ゲットアウト』にて第90回アカデミー賞脚本賞を受賞したことが記憶に新しいジョーダンピールによる監督作品。
主人公家族をはじめ、全米の人々にドッペルゲンガーが出現し、殺戮が行われるという終始恐怖連続の作品であった。

今作は何よりも演出力がピカイチでアメリカの社会事情を皮肉った比喩が多く盛り込まれているのが特徴的であった。
それを象徴しているのがウィルソン一家がドッペルウィルソン一家に追い込まれ、別荘のリビングで対面した際に、アデレードのドッペルであるレッドが放った「私たちはアメリカ人だ」という一言が全てを表していると感じた。

アメリカ社会における白人と黒人という人種差別や富裕層と貧困層という格差などを地上の人間と彼らの負の側面だけ与えられた地下のクローン人間の対比で表現し、社会的弱者を見捨てるアメリカ社会に警鐘を鳴らす表現を取っている点が本作のメインテーマと感じた。

またホラー作品としても長男の名前がジェイソンだったり、ドッペルゲンガーの武器がハサミだったりと80年代のホラー映画へのオマージュを盛り込んだり、自分そっくりの人間が襲いかかる恐怖などを十二分に描かれてたりと質も高く感じた。

ラストシーンの背筋が凍るような恐怖が痛烈に脳裏に焼き付く一方、上記のテーマを踏まえるとあのラストはドッペルゲンガー(社会的弱者)にとっての希望とも呼べるのではないかという解釈もできる為、単なるホラー映画と括るには難しいメッセージ性の高い作品と感じた。
とりあえず観賞後しばらくは夜中自宅の外を覗くことができなくなると思う笑。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
オレ

5.0映像表現と考察。

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 16 件)
ヴォルデモーツッ!ヴォルデモーッ!ヴォルデモーチッ!ヴォルデモォォオ!ヴォヴォヴォーヴォ・ヴォールデェ!簿盧出基尾!ヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォッヴォオオラエモン!

2.0うーん

2020年12月27日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
toukyoutonbi

2.0ゲット・アウトは好きでした。

2020年12月20日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
しじみの短い感想文
「アス」の作品トップへ