初来日のタロン・エガートン「ロケットマン」に自信!「絶対に気に入ってもらえるはず」

2019年8月15日 22:06

タロン・エガートンとデクスター・ フレッチャー監督
タロン・エガートンとデクスター・ フレッチャー監督

[映画.com ニュース] グラミー賞を5度受賞したミュージシャン、エルトン・ジョンの半生を描く「ロケットマン」のジャパンプレミアが8月15日、都内で行われ、主演を務めるタロン・エガートン、メガホンをとったデクスター・フレッチャー監督が出席した。

類まれな音楽の才能で、またたく間に世界的人気を獲得したミュージシャンの栄光と、その半生に隠された困難や苦悩をドラマチックに描き出す本作。ノンクレジットながら、大ヒット作「ボヘミアン・ラプソディ」の監督を代行したフレッチャーがメガホンをとり、マシュー・ボーン(「キングスマン」シリーズ)とジョン本人が製作に名を連ねた。

キングスマン」シリーズでブレイクを果たしたエガートンは、今回が初来日で「ずっと日本に来たいと思っていた。今のところは(取材などで)ホテルにいる時間が長いけど、皆さんの温かな歓迎に感謝している」と感激しきり。

「存命している有名人、しかも本人が製作に深く関わる作品に主演するなんて、めったにないこと。実際、この作品を通して、エルトンとの間には深いきずなと友情が生まれた」としみじみ語り、「誰もが知る天才の物語ではあるけど、僕らと同じ悩みを抱えていることを描いている。とても人間らしい作品さ。絶対に気に入ってもらえるはず」と自信を示した。

ワイルド・ビル」「サンシャイン 歌声が響く街」のプロモーションに続き、3度目の来日を果たしたフレッチャー監督も「大好きな日本に、しかもタロンと一緒だなんて、うれしくて体が爆発しそうだよ」と大喜び。日本でも社会現象を巻き起こした「ボヘミアン・ラプソディ」との“違い”を「より純粋なミュージカル映画なんだ」と説明し、吹き替えなしで名曲の数々を熱唱しているエガートンについては、「そこが一番の見どころ。演技はもちろん、歌唱力も並外れているからね」と太鼓判を押した。

映画では、ジョンの転落にも触れており「確かに暗い部分もあるが、それでもこの作品は希望の物語、人生賛歌なんだ。皆さんが笑顔で映画館を出てもらえれば最高だね。数々の名曲も、きっとひとりひとりの心に響いてくれると信じている」と日本のファンにメッセージを送った。

ロケットマン」を8月23日から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース