豪華絢爛なミュージカルシーンも!エルトン・ジョンの半生描く「ロケットマン」予告公開

2019年7月16日 08:00

ライブシーンを切り取ったポスタービジュアル
ライブシーンを切り取ったポスタービジュアル

[映画.com ニュース] グラミー賞を5度受賞した伝説的ミュージシャン、エルトン・ジョンの半生を描く「ロケットマン」の日本オリジナル予告編と本ポスターが公開された。豪華絢爛なミュージカルシーンが収められている。

並外れた音楽の才能でまたたく間に伝説的ロックミュージシャンへの道を駆け上がる一方で、様々な困難や苦悩に満ちたジョンの半生をドラマチックに描き出す本作。ノンクレジットだが大ヒット作「ボヘミアン・ラプソディ」の監督を代行したデクスター・フレッチャーがメガホンをとり、マシュー・ボーン(「キングスマン」シリーズ)とジョン自身が製作に名を連ねた。

キングスマン」シリーズのタロン・エガートンがジョンを演じ、吹き替えなしで名曲の数々を熱唱。「リトル・ダンサー」のジェイミー・ベル、「ジュラシック・ワールド」シリーズのブライス・ダラス・ハワード、「シンデレラ」のリチャード・マッデンらが共演する。

予告は、ジョンの壮絶な人生のドラマパートと、エガートンが歌い踊るミュージカルシーンが収められ、フレッチャー監督こだわりのファンタジックな演出が光る。あわせて披露されたポスタービジュアルには、ド派手な花火が打ち上げられたドジャー・スタジアムで歌うジョンの姿が切り取られ、「そのメロディは、世界中を魔法にかける」というコピーが添えられている。

ロケットマン」は、8月23日から全国で公開される。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース