ダウントン・アビー

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ダウントン・アビー
ダウントン・アビー
27%
56%
13%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

大邸宅に暮らす貴族・クローリー家と使用人たちの生活を描き、ゴールデングローブ賞やエミー賞に輝いたイギリスの人気ドラマを映画化。2010年から2015年まで全6シーズン放送されたドラマ版の最終回から2年後のクローリー家が描かれる。1927年、英国国王夫妻が訪れることとなったダウントン・アビーでは、グランサム伯爵家の長女メアリーが執事のカーソンを復帰させ、パレードや豪勢な晩餐会の準備を進めていた。そんな中、先代伯爵夫人バイオレットの従妹で何十年も音信不通となっていたメアリー王妃の侍女モード・バッグショーとバイオレットの間にぼっ発した相続問題など、一族やメイドたちのスキャンダル、ロマンス、陰謀が次々と巻き起こる。マギー・スミス、ヒュー・ボネビル、ジム・カーター、ミシェル・ドッカリーらドラマ版のキャストに加え、映画版で初登場となるモード役でイメルダ・スタウントンが出演。ドラマ版に引き続き、オスカー受賞のジュリアン・フェローズが脚本、マイケル・エングラーが監督を務める。

2019年製作/122分/G/イギリス・アメリカ合作
原題:Downton Abbey
配給:東宝東和

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23
  • 画像24
  • 画像25
  • 画像26
  • 画像27
  • 画像28
  • 画像29
  • 画像30
  • 画像31

(C)2019 Focus Features LLC and Perfect Universe Investment Inc.

映画レビュー

4.0群像劇の妙味、ここに極まれり。TVシリーズのファンにはたまらない最高のフィナーレ

2020年1月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

TVシリーズを知らないまま映画版へ飛び込むのは無謀だが、一族と使用人の物語を一貫して見つめてきたファンにとって、本作はいつも通りの安定したクオリティと言える。出番の少ないないキャラクターでさえ、その表情やセリフや仕草は決して「点」ではなく、これまで点描されてきたものの延長にある「線」。おびただしい数を配した群像劇を卓越した手腕でさばくあり方は、過去のどの特別編よりも凛として冴え渡っている。

階級社会のイギリス。変わりゆく時代を生きる伯爵一家と、使用人たち。彼らは出入り口も違えば、階段を超えると住む世界も違う。その立場をわきまえつつ、従者は貴族に敬意を払い、貴族は一族のみならず従者のことも気にかける・・・。シリーズを通して描かれた光景に一つの国家が集約されている、という見方も可能だろう。そして今回のラストには、ヴィスコンティの『山猫』のエッセンスが投入されているのではないか、とふと思った。

コメントする
共感した! (共感した人 9 件)
牛津厚信

4.0華麗なる世界

mienaさん
2020年11月1日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

貴族だろうが使用人だろうが、人にはさまざまな思いがある。
登場人物多過ぎて、観初めは不安だったけど、
こういった人間模様の作品はすごく好きです。
美しかった。煌びやかだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
miena

3.5世界観が素敵

hanaさん
2020年10月13日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

英国のインテリアが好きで、ファンの方には申し訳ないが、参考になればという程度で鑑賞した。予想以上によい作品だった。
イギリスの貴族や部屋の雰囲気が楽しめる上に、どの登場人物も人間味があり、それぞれ誇りをもって生きている姿が良かった。後味も良い。
最後のバイオレットの舞踏会を鑑賞する様子が、時代を移り行くのを見守っているような表情に感じて心に残っている。
個人的に、ハリーポッターシリーズに出演したキャストが何人か出ていたこともテンションが上がった。順番は逆だったがドラマを見たいと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hana

4.0おなじみの安心感

2020年10月6日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

テレビドラマから数年後、ダウントン・アビーに国王がやってくる。
接待役のメアリーはトーマスでは不安になり、カーソンを呼び寄せる。
王室から先発隊が到着、早速ダウントン・アビーのスタッフともめる。
いろんなエピソードが無理なく配置され、今も続いているのか知らないが、イギリス貴族の生き方が興味深い。
最後はとても幸せになれる。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全77件)