アイリッシュマン

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「タクシードライバー」「レイジング・ブル」など数々の名作を生み出してきた巨匠マーティン・スコセッシとロバート・デ・ニーロが、「カジノ」以来22年ぶり9度目のタッグを組み、第2次世界大戦後のアメリカ裏社会を生きた無法者たちの人生を、ひとりの殺し屋の目を通して描いた力作。伝説的マフィアのラッセル・バッファリーノに仕えた実在の殺し屋で、1975年に失踪した全米トラック運転組合委員長ジミー・ホッファをはじめ、多くの殺人事件に関与したとされるフランク・“アイリッシュマン”・シーランをデ・ニーロが演じるほか、ジミー・ホッファ役のアル・パチーノ、ラッセル・バッファリーノ役のジョー・ペシと、ハリウッドのレジェンド級俳優が豪華共演する。脚本は「シンドラーのリスト」「ギャング・オブ・ニューヨーク」のスティーブン・ザイリアン。Netflixで2019年11月27日から配信。日本では第32回東京国際映画祭のクロージング作品としても上映。配信に先立つ11月15日から一部劇場にて公開。

2019年製作/209分/アメリカ
原題:The Irishman
配給:Netflix

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

Netflixオリジナル映画「アイリッシュマン」 11月27日(水)独占配信開始

映画レビュー

4.0スコセッシ&デニーロがやり残してきたこと。

MPさん
2019年11月30日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
MP

4.5Netflixだからこそ208分で公開出来たのか(Netflix専用劇場が誕生! ニューヨーク老舗映画館閉鎖の危機救うのニュースも)

2019年12月5日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

従来のやり方ならスタジオ側があと1時間削れと云うんやろうな。
確かにケネディ大統領のあたりは意識が飛んだみたいで気づいたら既に暗殺された後やった。
それでも退屈することはなかった。
マフィア映画を見慣れていないと辛いのかもしれないが。
I Heard You Paint Houses
お前さん家のペンキを塗るって聞いたけど=殺し屋やってるらしいな
片付けもやるよ=死体処理も引き受けるけど
マフィアの中でアイルランド人が一人、シーランて苗字がまた。
マフィアがいつ死んだかは日時が出るが物語自体には時系列も年月も出てこないし。
アンナパキンとは気付かんかった。
ハーヴェイカイテルはクレジットの最後らしくいうほど出番なし。
エンドロールの2曲(特にインストの2曲目)が沁みた。
MARVEL作品と一緒にされたくない!というのは本作をみれば納得。MARVEL好きやけど。
スクリーンで上映してくれて良かった。家のテレビじゃ勿体無い。
ロバート・デ・ニーロそろそろアカンかと思ってたけど、まだまだ出ずっぱりの主役イケる!アル・パチーノも負けてない‼ズラっぽい頭が気になったけど。

ジミーホッファ
全米トラック運転組合(チームスター)
デトロイト第299支部
1961年ロバート・ケネディに再び告発され1967年収監
1971年、ニクソン大統領による特赦
1975年7月30日失踪
映画ではトニー・プロ(アンソニー・プロヴェンザノ)と険悪
フランクは2003年病死
主要なボス、ギャングは軒並み1980年前後に殺されてる

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
個人的下書き

4.0ヒート以来の共演!

2019年12月5日
Androidアプリから投稿

ロバートデニーロとアル・パチーノ、
やっぱり、カッコいいですね!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミコライオ

4.0スコセッシ教授のアメリカ暗黒現代史講座

2019年12月5日
iPhoneアプリから投稿

スコセッシ監督お得意のマフィア年代記で、常連俳優が軒並み総出演なので、どこかで観た感があります。お話しは、或るヒットマンの生涯からジミー・ホッファ中心にシフトして行き、結果として3時間半もの長尺となり正直疲れました。とは言え、主演のデニーロの緩急自在な演技、ジョー・ペシの不気味な迫力、場をさらうアル・パチーノの独特の台詞回しが、ガッチリと重厚な演出としっかり噛み合って、実に見応えのあるドラマになっています。結果として、マンネリ、お馴染みのキャスト、長尺がみんなプラスに転化しているのが、監督の馬力によるものなんでしょうね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
シネマディクト
すべての映画レビューを見る(全78件)