アイリッシュマン

ALLTIME BEST

劇場公開日

25%
58%
14%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「タクシードライバー」「レイジング・ブル」など数々の名作を生み出してきた巨匠マーティン・スコセッシとロバート・デ・ニーロが、「カジノ」以来22年ぶり9度目のタッグを組み、第2次世界大戦後のアメリカ裏社会を生きた無法者たちの人生を、ひとりの殺し屋の目を通して描いた力作。伝説的マフィアのラッセル・バッファリーノに仕えた実在の殺し屋で、1975年に失踪した全米トラック運転組合委員長ジミー・ホッファをはじめ、多くの殺人事件に関与したとされるフランク・“アイリッシュマン”・シーランをデ・ニーロが演じるほか、ジミー・ホッファ役のアル・パチーノ、ラッセル・バッファリーノ役のジョー・ペシと、ハリウッドのレジェンド級俳優が豪華共演。第92回アカデミー賞で作品賞や監督賞のほか、パチーノとペシがそろって助演男優賞にノミネートされるなど、9部門10ノミネートを果たした。脚本は「シンドラーのリスト」「ギャング・オブ・ニューヨーク」のスティーブン・ザイリアン。Netflixで2019年11月27日から配信。日本では第32回東京国際映画祭のクロージング作品としても上映。配信に先立つ11月15日から一部劇場にて公開。

2019年製作/209分/PG12/アメリカ
原題:The Irishman
配給:Netflix

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第92回 アカデミー賞(2020年)

ノミネート

作品賞  
監督賞 マーティン・スコセッシ
助演男優賞 アル・パチーノ
助演男優賞 ジョー・ペシ
脚色賞 スティーブン・ザイリアン
視覚効果賞  
美術賞  
撮影賞 ロドリゴ・プリエト
衣装デザイン賞 サンディ・パウエル クリストファー・ピーターソン
編集賞  

第77回 ゴールデングローブ賞(2020年)

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀助演男優賞 アル・パチーノ
最優秀助演男優賞 ジョー・ペシ
最優秀監督賞 マーティン・スコセッシ
最優秀脚本賞 スティーブン・ザイリアン
詳細情報を表示

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

Netflixオリジナル映画「アイリッシュマン」 11月27日(水)独占配信開始

映画レビュー

4.5名優たちの滋味が引き立つドルビービジョン

2019年12月6日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

知的

配信をDolby Vision対応の有機EL55インチで鑑賞。これまでNetflixやAmazon PrimeでDolby Visionや4Kの映像を見てきたが、本作の滋味豊かな映像は格別だ。特にジョー・ペシの皺が深く刻まれた肌の質感がたまらない。有機ELが得意な黒の表現との相性が良いのだろう、渋さが一層引き立ち薫香のよう。

シチリア系の血を引くスコセッシがこだわり続けた“ファミリー”の物語。アイルランド系のシーラン役、ドイツ系のホッファ役に、デ・ニーロとアル・パチーノというイタリア系を起用した点も血の絆を感じさせる。シーランとアンナ・パキンが演じた娘との親子関係も悲痛で哀しい。出演を固辞し続けたペシをデ・ニーロが粘り強く説得したのは、スコセッシと組みこれほどの面子、これほどの規模で映画を撮るのは多分最後という思いがあったからではないか。集大成の風格が堪らない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 17 件)
高森 郁哉

4.0スコセッシ&デニーロがやり残してきたこと。

2019年11月30日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 20 件)
清藤秀人

3.5なぜデニーロは出番をゆずらなかったのか

2021年7月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

デニーロ、パチーノ、スコセッシ。この三人が揃って仕事をしたという事実に胸をときめかせ、「面白くならないわけがない」と自分に言い聞かせ、ネットフリックスの限定上映という機会にも偶然恵まれて、映画館で鑑賞。

ずいぶん昔に、『ヒート』という映画でデニーロとパチーノは共演をしているが、二人が同じ画面に収まることはなく、会話シーンや撃ち合うシーンですら編集で処理してある始末。当時は「不仲説」がまことしやかにささやかれたものだ。ネットの書き込みでは、「演出」ということで落ち着いているが、釈然としない。

『ゴッドファーザー』では、この二人は親子の設定で、マーロン・ブランドからいちばん可愛がられ、甘やかされて愛国心にあふれまっすぐに育った三男坊をアル・パチーノが好演。初めはパチーノをキャスティングしたことに不満を抱えていた映画会社の重役が、有名なシーン(ダイナーで政敵を撃ち殺すシーン)を見て「あの新人はいいねぇ」と手のひらを返したように惚れ込んだ、なんてエピソードもあったそうだ。

大ヒットした映画の続編『ゴッドファーザー・パートⅡ』で、マーロン・ブランドの若かりし日々をデニーロが演じ、無名だった彼は一気にスターダムにのし上がる。パチーノは同じ映画に主演しているものの、デニーロの鮮烈な印象にかすんでしまっている。この二人が同じ画面に収まることはあり得ないので『ヒート』での共演は期待値マックスだった。そして、見たときの失望感も大きかった。「だって、あの二人が絡んでいないんだもの」…

無知を恥じるしかないが、『ボーダー』という映画でもふたりは共演しているそうな。映画の出来はあまりよろしくないようで。

結論から言うと、この映画で今回ばっちり共演している。ハグするシーンではパチーノが意外に小柄な人でデニーロと並ぶとまるで大人と子供だ。同じ画面に収まりたがらなかったのも何となく頷ける。特別なケミストリも感じない。

で、肝心の映画なんですが、まずネットフリックスの戦略に深い失望と疑問を感じたことが大きい。いったい誰がこの映画をタブレットやケータイの画面でちまちま再生して鑑賞するというのか。映画のスケール感と、ターゲットにする観客のマッチングがこれほどかけ離れた映画も珍しい。興行での成功より、明らかに「賞狙い」の話題先行型。長すぎるし、展開が重たすぎる。

デニーロは、集大成とばかりに、よぼよぼのじいちゃんから、若い時まで特殊メイクを駆使して演じているが、残念ながらデニーロ・アプローチを見られた満足感よりも不満のほうが大きい。70歳の老人が90歳の晩年を演じたところで観客は驚かないし、転んでも自力で起き上がれない老人は演技ではなくただのアクシデントにしか見えない。若い時の姿は見た目40歳ぐらいに若作りしているがこれも姿勢が猫背だったりして無理がある。その点、『アントマン』で若い時の自分を違和感なく演じたマイケル・ダグラスはすごいな、と改めて思う。

なぜ、デニーロ自身が勝ち取ったように、若手にチャンスを与えなかったのか。若きヴィートー・コルレオーネを演じた天才は、自らの若い日々を自分で演じてしまった。ものすごく残念だ。プロデューサーも兼ねているデニーロの、エゴだろう。

『マイ・インターン』で、清々しい好人物を存在感たっぷりに演じ、まだまだ健在を印象付けたが、この先はフェードアウトしていくんじゃないだろうか。役者として、枯れていく様を見ていくのはつらいものがある。映画館を出るときに、特大のポップコーンを持て余し、ごみ箱に捨てる気分。

そんな、残念さが消えない。

ネットフリックスでは、同じく限定公開だった『ローマ』が非常に満足度の高い作品だっただけに、その落差にも驚いた。そして、どちらの映画も映画館で見るべき作品だという印象は強い。

2019.12.10

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うそつきカモメ

3.5労働組合とマフィアは仲良しだった!

としさん
2021年5月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

2021年5月10日
映画 #アイリッシュマン (2019年)鑑賞
@Netflix

#ロバート・デ・ニーロ と #アル・パチーノ の豪華共演だが30 年前に見たかった。ヨボヨボだもんな

実話に基づいているそうで、主人公が労働組合の役員となっているが、やってることは100%マフィア。こんな人が労働組合の役員だとは驚く

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
とし
すべての映画レビューを見る(全162件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る