アイリッシュマン

ALLTIME BEST

劇場公開日

アイリッシュマン
26%
57%
14%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「タクシードライバー」「レイジング・ブル」など数々の名作を生み出してきた巨匠マーティン・スコセッシとロバート・デ・ニーロが、「カジノ」以来22年ぶり9度目のタッグを組み、第2次世界大戦後のアメリカ裏社会を生きた無法者たちの人生を、ひとりの殺し屋の目を通して描いた力作。伝説的マフィアのラッセル・バッファリーノに仕えた実在の殺し屋で、1975年に失踪した全米トラック運転組合委員長ジミー・ホッファをはじめ、多くの殺人事件に関与したとされるフランク・“アイリッシュマン”・シーランをデ・ニーロが演じるほか、ジミー・ホッファ役のアル・パチーノ、ラッセル・バッファリーノ役のジョー・ペシと、ハリウッドのレジェンド級俳優が豪華共演。第92回アカデミー賞で作品賞や監督賞のほか、パチーノとペシがそろって助演男優賞にノミネートされるなど、9部門10ノミネートを果たした。脚本は「シンドラーのリスト」「ギャング・オブ・ニューヨーク」のスティーブン・ザイリアン。Netflixで2019年11月27日から配信。日本では第32回東京国際映画祭のクロージング作品としても上映。配信に先立つ11月15日から一部劇場にて公開。

2019年製作/209分/PG12/アメリカ
原題:The Irishman
配給:Netflix

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第92回 アカデミー賞(2020年)

ノミネート

作品賞  
監督賞 マーティン・スコセッシ
助演男優賞 アル・パチーノ
助演男優賞 ジョー・ペシ
脚色賞 スティーブン・ザイリアン
視覚効果賞  
美術賞  
撮影賞 ロドリゴ・プリエト
衣装デザイン賞 サンディ・パウエル クリストファー・ピーターソン
編集賞  

第77回 ゴールデングローブ賞(2020年)

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀助演男優賞 アル・パチーノ
最優秀助演男優賞 ジョー・ペシ
最優秀監督賞 マーティン・スコセッシ
最優秀脚本賞 スティーブン・ザイリアン
詳細情報を表示

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

Netflixオリジナル映画「アイリッシュマン」 11月27日(水)独占配信開始

映画レビュー

4.5名優たちの滋味が引き立つドルビービジョン

2019年12月6日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

知的

配信をDolby Vision対応の有機EL55インチで鑑賞。これまでNetflixやAmazon PrimeでDolby Visionや4Kの映像を見てきたが、本作の滋味豊かな映像は格別だ。特にジョー・ペシの皺が深く刻まれた肌の質感がたまらない。有機ELが得意な黒の表現との相性が良いのだろう、渋さが一層引き立ち薫香のよう。

シチリア系の血を引くスコセッシがこだわり続けた“ファミリー”の物語。アイルランド系のシーラン役、ドイツ系のホッファ役に、デ・ニーロとアル・パチーノというイタリア系を起用した点も血の絆を感じさせる。シーランとアンナ・パキンが演じた娘との親子関係も悲痛で哀しい。出演を固辞し続けたペシをデ・ニーロが粘り強く説得したのは、スコセッシと組みこれほどの面子、これほどの規模で映画を撮るのは多分最後という思いがあったからではないか。集大成の風格が堪らない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 16 件)
高森 郁哉

4.0スコセッシ&デニーロがやり残してきたこと。

2019年11月30日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 19 件)
清藤秀人

5.0パチーノの元気な姿見れてよかった

Kさん
2020年9月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

興奮

幸せ

いろいろな映画のことを思い出しながら観れた。ちょっとフェイクのアルパチーノと被ったなぁ…悲哀

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
K

4.04時間近い長さを実感しない濃密な作品。

2020年7月20日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

やたらと長い上演時間に驚きましたが、内容は「チームスター」という愛称で知られる全米トラック運転組合を実名で描いた、「カテゴリーとしてはマフィア物」の映画です。

全米のほとんどすべての貨物はトラック運転手が配達しているわけで、その100万人のドライバーが団結すれば強力な交渉力を得られるぞ、という、もちろんそれ自体は正しい認識ですが、そうやって暴力的に得た交渉力と、莫大な年金資産とを、ラスベガスのカジノ建設をはじめとする裏社会にどんどん融資してきた組合ボスとその凋落。

……ってな背景知識を得られたのが私としては最大のメリットでした。

映画エネミー・オブ・アメリカで何の説明もなく「労組に対する暴力・恐喝行為」が冒頭近くで出てくるのですが、ああ、こういうことだったんだなとスッと腑に落ちた次第です。
アメリカ人には常識中の常識なのでしょうけど、私はまったく知らなかった世界が、世の中にはまたまだたくさんあることを知りました。

日本国内でも、労組なんだか暴力団なんだか区別のつかない組織の悪行が、たまに報道されますけど、全部実名を使い、そういうものの危険性をエンタメとして真正面から告発するような作品が、はたしてどれぐらいあることやらと考えさせられた次第です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お水汲み当番
すべての映画レビューを見る(全158件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る