【全米映画ランキング】「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」首位デビュー 「ロケットマン」は3位に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年6月4日 > 【全米映画ランキング】「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」首位デビュー 「ロケットマン」は3位に
メニュー

【全米映画ランキング】「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」首位デビュー 「ロケットマン」は3位に

2019年6月4日 18:00

「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」が首位

「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」が首位
(C)2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 3本の新作が公開された先週末の全米ボックスオフィスは、2014年にリブートされたハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」から始まる<モンスターバース>の第3弾「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」が約4900万ドルのオープニング興収で首位デビューを果たした。

シリーズ1作目の「GODZILLA ゴジラ」から5年後の世界を舞台に、キングギドラ、モスラ、ラドンといった怪獣たちとゴジラが地球の覇権をかけて戦いを繰り広げる同作。首位デビューは果たしたが、OP興収は1作目の「GODZILLA ゴジラ」(約9320万ドル)のほぼ半分、そしてシリーズ2作目の「キングコング 髑髏島の巨神」(約6102万ドル)をも下回る苦しいスタートとなった。出演はカイル・チャンドラーベラ・ファーミガチャン・ツィイーサリー・ホーキンスチャールズ・ダンスデビッド・ストラザーン、大人気ドラマ「ストレンジャー・シングス」の子役ミリー・ボビー・ブラウンに、前作同様、芹沢猪四郎博士を演じた渡辺謙。監督・脚本は「X-MEN2」「X-MEN:アポカリプス」「スーパーマン リターンズ」といったアメコミ作品の脚本を手がけてきたマイケル・ドハティ。来年3月にはドハティが脚本を手がけた<モンスターバース>の第4弾「Godzilla vs. Kong」が公開となる。

2位は前週首位の実写版「アラジン」。公開2週目は前週比約54%ダウンの約4200万ドルとなったが累計は約1億8500万ドルに。

約2500万ドルのOP興収で3位デビューとなったのは、イギリスの歌手エルトン・ジョンの半生を「キングスマン」のタロン・エガートン主演で映画化した「ロケットマン」。大ヒット作「ボヘミアン・ラプソディ」でブライアン・シンガー監督が降板後にメガホンを引き継いだデクスター・フレッチャーが再び手がけたミュージシャンの伝記物だったが、今回は「ボヘミアン・ラプソディ」と違い、批評家からも概ね高い評価を受けている。出演は、エルトン役のエガートンのほか、ジェイミー・ベルブライス・ダラス・ハワードに「ゲーム・オブ・スローンズ」のリチャード・マッデンら。

初登場4位は「ゲット・アウト」の製作者ジェイソン・ブラムと「ヘルプ 心がつなぐストーリー」のテイト・テイラー監督が組んだR指定サスペンスホラー「Ma」。親切そうな黒人の中年女性が、10代の白人男女のグループに隠れて飲酒する場所を提供するが、その黒人女性には明確な目的があった……というストーリー。「ヘルプ 心がつなぐストーリー」でアカデミー賞助演女優賞を受賞したオクタビア・スペンサーが恐怖のおばさんを怪演し、新境地を開拓した。共演にルーク・エバンスジュリエット・ルイスほか。

今週末は、「X-MEN」シリーズ最終章「X-MEN:ダーク・フェニックス」に、イルミネーション・ エンターテインメントによる大人気アニメシリーズ第2弾「ペット2」、エマ・トンプソンミンディ・カリング主演のコメディ「Late Night」などが公開となる。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報