【全米映画ランキング】「ボヘミアン・ラプソディ」がV 「くるみ割り人形と秘密の王国」は2位デビュー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年11月7日 > 【全米映画ランキング】「ボヘミアン・ラプソディ」がV 「くるみ割り人形と秘密の王国」は2位デビュー
メニュー

【全米映画ランキング】「ボヘミアン・ラプソディ」がV 「くるみ割り人形と秘密の王国」は2位デビュー

2018年11月7日 15:00

クイーンのフレディ・マーキュリーの半生を描いた伝記ドラマがV「蜘蛛の巣を払う女」

クイーンのフレディ・マーキュリーの半生を描いた伝記ドラマがV
(C)2018 Twentieth Century Fox
[拡大画像]

[映画.com ニュース]11月に入った全米ボックスオフィス。先週末は新作3作が上位を独占し、約5000万ドルのオープニング興収を上げた「ボヘミアン・ラプソディ」が首位デビューを飾った。

同作は、英ロックバンド・クイーンのボーカリスト、フレディ・マーキュリーの半生を描いた伝記ミュージカルドラマ。孤独な少年だったフレディとバンドとの出会いや、「ボヘミアン・ラプソディ」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」といった名曲誕生の瞬間などが描かれる。出演はフレディに「ナイト ミュージアム」やTVシリーズ「MR. ROBOT/ミスター・ロボット」で知られるラミ・マレックのほか、ルーシー・ボーイントンジョセフ・マッゼロマイク・マイヤーズ。製作総指揮に「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」「JFK」「ヒート」「ファイトクラブ」「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 のアーノン・ミルチャン。製作を「ディパーテッド」のグレアム・キングが務めた。

約2000万ドルのOP興収で2位デビューとなったのは「くるみ割り人形と秘密の王国」。チャイコフスキーの三大バレエの一つ「くるみ割り人形」をディズニーが実写映画化したファンタジー大作。母親の死によって心を閉ざした少女クララが不思議な世界に迷い込み、くるみ割り人形のフィリップとともに冒険を繰り広げるストーリー。主人公の少女クララに「インターステラー」のマッケンジー・フォイ。共演にキーラ・ナイトレイモーガン・フリーマンヘレン・ミレンリチャード・E・グラントエウヘニオ・デルベス。ベテラン監督の2人ラッセ・ハルストレムジョー・ジョンストンが共同でメガホンをとった。

OP興収約1400万ドルで初登場3位となったのはティファニー・ハディッシュ主演のコメディ「Nobody's Fool」。1人は広告会社の重役になり、もう1人は刑務所から出所したばかりという正反対の人生を歩んできた姉妹が織りなすドタバタコメディ。共演にチカ・サンプターウーピー・ゴールドバーグ。監督は「マデアおばさん」シリーズのタイラー・ペリー

今週末は「ドラゴン・タトゥーの女」シリーズ最新作「蜘蛛の巣を払う女」に、イルミネーション・スタジオの最新アニメ「グリンチ」、そしてJ・J・エイブラムス製作のアクションホラー「Overlord」などが公開となる。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi