インターステラー

ALLTIME BEST

劇場公開日:

インターステラー

解説

「ダークナイト」「インセプション」のクリストファー・ノーラン監督によるオリジナル作品。世界的な飢饉や地球環境の変化によって人類の滅亡が迫る近未来を舞台に、家族や人類の未来を守るため、未知の宇宙へと旅立っていく元エンジニアの男の姿を描く。主演は、「ダラス・バイヤーズクラブ」でアカデミー主演男優賞を受賞したマシュー・マコノヒー。共演にアン・ハサウェイ、ジェシカ・チャステイン、ノーラン作品常連のマイケル・ケインほか。「ダークナイト」や「インセプション」同様に、ノーラン監督の実弟ジョナサン・ノーランが脚本に参加。撮影は、これまでのノーラン作品を担当していたウォーリー・フィスターが自身の監督作「トランセンデンス」製作のため参加できず、代わりに「裏切りのサーカス」「her 世界でひとつの彼女」などを手がけて注目を集めているホイテ・バン・ホイテマが担当。2020年9月には、クリストファー・ノーラン監督の「TENET テネット」公開にあわせたノーラン監督作のリバイバル上映企画「ノーラン夏祭り」の第4弾としてIMAX版で上映。

2014年製作/169分/G/アメリカ
原題:Interstellar
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第38回 日本アカデミー賞(2015年)

ノミネート

外国作品賞  

第87回 アカデミー賞(2015年)

受賞

視覚効果賞  

ノミネート

作曲賞 ハンス・ジマー
美術賞  
音響編集賞  
録音賞  
詳細情報を表示

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2014 Warner Bros. Entertainment, Inc. and Paramount Pictures. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0IMAXフルサイズで初上映。水の惑星の広大さやワームホールの迫力が大幅にアップ

2020年9月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

今回の再上映で初めて、日本でのIMAXフルサイズ(画面比率1.43:1)上映が実現。公開当時、海外まで見にいった人からの「フルサイズで見ると別の映画」という感想を目にしていたので楽しみにしていました。
地球での、トウモロコシ畑を車で突っ切りながらドローンを追いかけるシーンからフルサイズの絵力におおっと驚かされて、宇宙に行ってからは確かに公開時に見たときとは別物だと感じられる大スケールの映像が連発。画面の半分ぐらいが灰色の水で覆われた、水の惑星の途方もない異世界感や、ワームホールを使ってのワープなど、フルサイズの画面&大音響ならではの凄みがあって、鑑賞後は宇宙旅行に行ったようなグッタリ感を味あうことができました。
父娘の愛を縦軸にした大風呂敷の物語をSF的な仕掛けで見事にまとめあげ、ラストでエピローグ的に描かれるエモーショナルなシーンに不思議な感動がこみあげてくる作品です。

コメントする
共感した! (共感した人 15 件)
五所光太郎(アニメハック編集部)

2.045点

2022年8月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

難しい

寝られる

映画評価:45点

まぁ色々と遠回りして、
結論は身近にある事に気がつく。
そういう「愛」の新たな形を描いた作品。

テーマも興味深かった。
科学の進歩で人類は保存機能を手に入れたり、
滞在時間1時間毎に地球では7年も経つという惑星、地球の劣化により起こる災害。
五次元空間と呼ばれる世界。

発想が面白いし、
観る前からワクワクした。

しかし約3時間は長く感じたし、
所々納得いかない部分もあったし、
ラストでの主人公の状態の説明も欲しかった。

超大作だし、
優秀な監督だし、
役者陣も骨太だけど、
内容も理解した上で
少し退屈に感じました。

【2022.8.28観賞】

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まぁと@名作探検家

4.5時空を超えた愛

2022年8月26日
Androidアプリから投稿

以前に見たはずなのに、全く覚えておらず、恐らく居眠りしながら見ていたのだろう。
ノーラン監督のほとんどの作品のテーマが、「時間」であるが、この作品もその1つ。

存亡の危機が迫る地球を救うため、宇宙へ旅立つひとりの父親と、その意志を引き継ぎ地球を守るために方程式を解こうともがく娘との物語。

単なるSF冒険物ではなく、そこには哲学と数学に加え、親子の無償の愛が描かれており、ラストは全身に鳥肌が立つ。少々難解だが、すべてを理解できなくても、人間の善と悪があぶり出され、その善の部分に幸福感を感じる事ができる名作といえる。
感動した★

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
レイは!?★

4.0ブランド教授頼むわ・・・

ららさん
2022年8月13日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

面白いと聞いていて見たかったので楽しめました
170分、長っと思ったけど、あっという間でした

これはこの世界観が好きな人にはたまらないんじゃないかな
私は大好きなので

宇宙も高次元の話も

最後だけ終わり方いやだけど
大した嫌さじゃないので大丈夫
なんかアメリア博士のアンハサウェイに違和感があって
まーよいのだけど

地球の砂嵐も飢えも嫌だけど
しょっちゅう大津波があるのも
氷の世界も困る
まー嘘つきが一番こまるっていうね・・・

5次元の人もうちょっと直接的に助けてよって
毎度思うけど手出しの制限があるのよね

重力と時間と
カルロ・ロヴェッリの「時間は存在しない」を読んだので
この話も何となくはわかるんだけど難しいっす

理解は雰囲気ですw

ブラックホールも他の星も
視覚的にはあー何だろうな
そういうのの描き方がめっちゃ面白かったな

悪い人たちもね
マン博士はアホなんかな
基礎知識がないのか
困るねー・・・
一番悪い人はあのひとだけど・・・
まーこれは結果オーライやしね

それにあのかわいいマーフがあんなことなっちゃって時間は残酷です

1時間で7年はきつい
重力は恐るべし、どこかには地球時間計算で
1時間が10分なところもあるわけで

いつも結局この次元はこの次元なりでやってくしかないという
次元上昇や集合意識を考えると
いまのこのご時世じゃほんとにいるんなら創造主も頭痛いね

TENETも面白かったけど
こっちの方がより好きです

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
らら
すべての映画レビューを見る(全786件)