蜘蛛の巣を払う女
ホーム > 作品情報 > 映画「蜘蛛の巣を払う女」
メニュー

蜘蛛の巣を払う女

劇場公開日

解説

世界的ベストセラーのミステリー小説「ミレニアム」シリーズの第4作を映画化。デビッド・フィンチャー監督&ルーニー・マーラ主演でシリーズ第1作を映画化した「ドラゴン・タトゥーの女」に続く物語となり、主人公のリスベット役をテレビドラマ「ザ・クラウン」や映画「ファースト・マン」などで活躍するクレア・フォイが演じ、監督を「ドント・ブリーズ」で注目されたフェデ・アルバレスが務めるなど、メインスタッフ&キャストは新たな顔ぶれに。前作を手がけたフィンチャーは製作総指揮に名を連ねている。特殊な映像記憶能力を持つ天才ハッカーで、背中にあるドラゴンのタトゥーが特徴のリスベットは、AIの世界的権威であるバルデル教授から、図らずも開発してしまった核攻撃プログラムをアメリカ国家安全保障局(NAS)から取り戻してほしいと頼まれる。依頼を受けて陰謀の裏を探っていたリスベットは、やがて16年前に別れた双子の姉妹カミラの存在にたどり着き、カミラが仕かけた罠にはまってしまう。

作品データ

原題 The Girl in the Spider's Web
製作年 2018年
製作国 イギリス・ドイツ・スウェーデン・カナダ・アメリカ合作
配給 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
上映時間 115分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

孤高の黒、邪悪の赤。ホワイトノワールの世界観に実現した宿命の姉妹対決
蜘蛛の巣を払う女の映画評論・批評

彼女こそは過去10年間の映画史において、最も鮮烈なインパクトをもたらしたヒロインのひとりだろう。並外れた情報収集力を誇る調査員にして神出鬼没の天才ハッカー。または闇の世界の仕置き人。トレードマークの竜の刺青を背負ったリスベット・サラン...蜘蛛の巣を払う女の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全66件)
  • サスペンスアクションとしてはまあまあの出来 リスベットは女優にとって難しいエキセントリックな役だ。虐待を受けた過去があり、ハッキングや記憶力で並外れた才能を発揮し、痩身でナイフのような鋭さをまとう。男相手に格闘するシーンもある。スウェーデ... ...続きを読む

    AuVis AuVisさん  2018年12月30日  評価:4.0
    このレビューに共感した/7
  • ミレニアムシリーズの4本目 「フィンチャーの『ドラゴン・タトゥーの女』の続編」といった宣伝になっているが、これは半分くらい誤り。 正確にはスウェーデン映画『ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』の続きの物語である。ハリウッド... ...続きを読む

    コパ コパさん  2019年1月17日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 前作とは別物として観た方が面白いかも!? 前作は、ドラゴン・タトゥーの女って、邦題に惹かれて映画観た後で、オリジナルのスェーデン版をケーブルTVで観て、ハリウッド版の続編楽しみにしてました。 前作の主演は、007のダニエル・グレイグ 3... ...続きを読む

    eigatama41 eigatama41さん  2019年1月17日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

「ドラゴン・タトゥーの女」シリーズ関連作品

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi