【国内映画ランキング】「ジュラシック・ワールド」V2!早くも興収35億円突破 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月23日 > 【国内映画ランキング】「ジュラシック・ワールド」V2!早くも興収35億円突破
メニュー

【国内映画ランキング】「ジュラシック・ワールド」V2!早くも興収35億円突破

2018年7月23日 19:00

「ジュラシック・ワールド 炎の王国」がV2「BLEACH」

「ジュラシック・ワールド 炎の王国」がV2
(C)Universal Pictures
[拡大画像]

[映画.com ニュース]  7月21~22日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。全国的に酷暑となった週末は、「ジュラシック・ワールド 炎の王国」が2週連続首位を獲得。週末2日間で観客動員48万6000人、興行収入7億5700万円をあげ、累計動員は240万人、興収は35億円を突破した。引き続きファミリー層を中心に幅広い層が劇場に詰めかけている。

細田守監督の最新作「未来のミライ」は2位スタートとなった。大ヒット作「おおかみこどもの雨と雪」「バケモノの子」に続く細田監督のオリジナル長編劇場用アニメ。20日から全国456スクリーンで公開され、土日2日間で動員29万5000人、興収4億円をあげた。これは2015年7月に公開され、最終興収58.5億円を記録した「バケモノの子」の興収比60.0%の成績。公開3日間では興収5億円をあげている。この夏の本命の一本だが、期待を下回る出足となった。

3位は「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」。週末2日間で動員20万2000人、興収2億3800万円をあげ、累計動員は103万人を超え、興収は間もなく12億円に達する。

新作「BLEACH」は4位に初登場。同作は「週刊少年ジャンプ」で連載され、アニメ版も人気を博した久保帯人原作の同名大ヒットコミックを、福士蒼汰主演、佐藤信介監督で実写映画化したアクション大作。20日より全国329スクリーンで公開され、土日2日間で動員9万9000人、興収1億3500万円をあげた。これは今年3月に公開された福士主演「曇天に笑う」の興収比297.2%、同じく4月に公開された佐藤監督「いぬやしき」の興収比108.9%の成績。公開3日間では興収1億7700万円をあげている。まずは興収10億円が当面の目標となりそうなスタートとなった。

なお、5位「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」の累計興収は18億円、6位「万引き家族」は40億円、7位「空飛ぶタイヤ」は16億円をそれぞれ突破している。

(映画.com速報)
おおかみこどもの雨と雪 期間限定スペシャルプライス版Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] おおかみこどもの雨と雪 期間限定スペシャルプライス版Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,236 人間と狼の2つの顔をもつ「おおかみこども」の姉弟を、女手ひとつで育て上げていく人間の女性・花の13年間の物語を描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi