いぬやしき

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
いぬやしき
いぬやしき
13%
49%
28%
6%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「GANTZ」の奥浩哉による人気コミックで、テレビアニメ化もされた「いぬやしき」を、木梨憲武&佐藤健主演、「GANTZ」につづき奥作品の実写化を手がける佐藤信介のメガホンで映画化。会社や家族から疎外されている、定年を目前に控えた初老のサラリーマン・犬屋敷壱郎。医者から末期がんによる余命宣告を受け、虚無感に襲われた犬屋敷は謎の事故に巻き込まれ、機械の体に生まれ変わる。犬屋敷と同じ事故に遭った高校生の獅子神皓も犬屋敷と同様に人間を超越した力を手に入れていた。自分に背く人々を傷つけるためにその力を行使する獅子神。獅子神によって傷つけられた人たちを救うためにその力を使う犬屋敷。強大な力を手に入れた2人の男たちのそれぞれの思いが激しく交錯していく。犬屋敷役を木梨、獅子神役を佐藤が演じるほか、伊勢谷友介、斉藤由貴、本郷奏多、二階堂ふみらが出演。

2018年製作/127分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
奥浩哉
脚本
橋本裕志
製作
石原隆
市川南
吉羽治
エグゼクティブプロデューサー
臼井裕詞
プロデューサー
梶本圭
甘木モリオ
撮影監督
河津太郎
美術監督
斎藤岩男
録音
横野一氏工
照明
小林仁
装飾
石上淳一
衣装
宮本まさ江
ヘアメイク
本田真理子
犬屋敷特殊メイクデザイン
藤原カクセイ
特殊造型
藤原カクセイ
編集
今井剛
音楽
やまだ豊
主題歌
MAN WITH A MISSION
助監督
李相國
スクリプター
田口良子
ラインプロデューサー
宿崎恵造
アソシエイトプロデューサー
片山怜子
CGプロデューサー
豊嶋勇作
鈴木伸広
VFXスーパーバイザー
神谷誠
土井淳
ポスプロプロデューサー
大屋哲男
VFXプロデューサー
道木伸隆
DIプロデューサー
齋藤精二
コンセプトデザイン
田島光二
アクションコーディネーター
下村勇二
製作担当
菱川直樹
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17

(C)2018「いぬやしき」製作委員会 (C)奥浩哉/講談社

映画レビュー

3.5悲哀と迫力入り交じるアクション映画

2018年4月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

奥浩哉原作、佐藤信介監督の組み合わせによる2度目の映像作品は、東京を舞台にした悲哀と迫力の入り交じる新感覚のアクション映画になった。

もの哀しい中年男性が、ある日突然ヒーローになって街を救うカタルシスに、鬱屈を抱えた高校生が悪役になってしまう悲しさ。同じ力を得た同士、未来あるはずの若者が世界を破壊する側に周り、家庭でも会社でも疎まれてきた中年が世界を守る。先の見えない鬱屈感は、今の若者が何となく感じているものではないだろうかとも思うし、その意味では社会批評的な面もあると思う。

見せ場はやはり新宿上空での空中戦。繁華街で大規模なロケを敢行して、迫力ある見せ場を作っている。少し不満を上げれば、迫力はあるけど、個性的なアクションになりきれてない点。原作では本人たちが気を失うと、自動防衛装置が起動して本人の意思と関係なく戦闘を行うのだが、クライマックスでは二人とも気絶しているのに戦闘しているシュールなシーンがあるのだが、そこはカットしてほしくなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
杉本穂高

4.5それ行け獅子神マン →≧※民もやっつけろ

2020年12月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

怖い

興奮

2018年5月盛岡の映画館で鑑賞
DVDで2度目の鑑賞

原作未読
アニメは全部観た

観る前は木梨憲武抜擢に不安を感じたが実際観てみたらそうでもなかった
むしろ原作の犬屋敷壱郎は爺さんすぎて違和感があった

佐藤健の悪役がいいね

僕は嫌韓とパヨクとオタクと鬼女が大の苦手だ
それ以上に嫌いなのはマスコミ
ねらーとマスコミを退治したことだけは共感できた
胸のすく思いが込み上げた
よっぽど嫌いなんだなと自分でも驚いた

破壊神シヴァVSイエス・キリストの印象

宇宙人は余計なことばかりする
地球には絶対に来るな

ラストはアニメと違う
違ってもいいが獅子神が生きていることによってモヤモヤして若干尻切れとんぼの感がある
獅子神は改心したのか

認めたくないものだな
自分自身の若さゆえの過ちというものを

アニメと実写どっちがいいかといえば実写の方かな
アニメと違い鬼女も懲らしめられている点は男女平等で素晴らしい
獅子神優子は原作よりアニメより斉藤由貴が断然良い

CGのおかげで邦画のクオリティーが上がった
反日ハリウッド信者は相変わらずのレイシストで上から目線だが

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
野川新栄

3.0思ったより面白かったー

shiaさん
2020年11月24日
iPhoneアプリから投稿

思ったより面白かったー

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
shia

2.550

Dさん
2020年11月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

それぞれのキャラが置かれている環境や考え方をじっくり描写してくれるのはいいがそれにしても前半のダラダラ感がしんどい。
ところどころ無理矢理感がある。
映像、キャラの深掘りは良い感じ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
D
すべての映画レビューを見る(全273件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る