いぬやしきのレビュー・感想・評価

メニュー

いぬやしき

劇場公開日 2018年4月20日
211件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

悲哀と迫力入り交じるアクション映画

奥浩哉原作、佐藤信介監督の組み合わせによる2度目の映像作品は、東京を舞台にした悲哀と迫力の入り交じる新感覚のアクション映画になった。

もの哀しい中年男性が、ある日突然ヒーローになって街を救うカタルシスに、鬱屈を抱えた高校生が悪役になってしまう悲しさ。同じ力を得た同士、未来あるはずの若者が世界を破壊する側に周り、家庭でも会社でも疎まれてきた中年が世界を守る。先の見えない鬱屈感は、今の若者が何となく感じているものではないだろうかとも思うし、その意味では社会批評的な面もあると思う。

見せ場はやはり新宿上空での空中戦。繁華街で大規模なロケを敢行して、迫力ある見せ場を作っている。少し不満を上げれば、迫力はあるけど、個性的なアクションになりきれてない点。原作では本人たちが気を失うと、自動防衛装置が起動して本人の意思と関係なく戦闘を行うのだが、クライマックスでは二人とも気絶しているのに戦闘しているシュールなシーンがあるのだが、そこはカットしてほしくなかった。

ローチ
ローチさん / 2018年4月25日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

2018_28

えっ!?
おもんない…。
ノリさん好きだけど…。
おじいちゃんに見えへん…。
ストーリーが雑い。寝ちゃった。

レンタヌキ
レンタヌキさん / 2018年11月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  楽しい 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

内容を知らずに観たけど

原作を読んでいるかアニメを観てたら、また印象は違うかもだけど「多分、原作をかなり端折ってるんだろうな」という部分が多くて、ダイジェストっぽい印象。

諸々の鬱屈が溜まって…というのは分かるけど、佐藤健がキッカケの事件を起こすまでの心情は、もう少し丁寧に描いたほうが良かったんじゃないかなと。
チョッコーもただの便利キャラっぽくなってる感じだし。

クライマックスで、娘が2回死にかけるのは1回にまとめた方がいいと思うし、タイムリミットサスペンスのハラハラ感もない。
あと、佐藤健が人を殺すのを木梨憲武が食い止めるシーンがないので、ヒーローもののカタルシスもなくてモヤモヤする。

CGより物語の雑さが気になってしまう。

木梨憲武の演技は噂に聞いてたよりもずっと良かった。

青空ぷらす
青空ぷらすさん / 2018年11月17日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

俺が悪役で ジジイがヒーロー?

原作は1巻のみ読みました。

ネット民が画面越しにBANG!されて死ぬ場面がスッキリする。

映画として良かったけれど、終わりかたがなんとなく物足りなく感じた。

yonda?
yonda?さん / 2018年11月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作とは違うが、それもまた良し。

原作と違う!と批判する方は、どうぞ原作を読んでください。という感じ。

私は映画を見てから原作を読みましたが、若干の変更はあったといえど、プロットは忠実に再現していたと思います。

こういう映画で重要なのは、近親者にバレるシーンと思いますが、そこは原作の方がよかったですね。映画ではありきたりなシーンになっており、そこは残念。

娘の三吉彩花さんはとても良かったし、生き返るシーンは映画の方が良かったと思います。

ノリさんというキャストは非常に良かったな。濱田マリも。
個人的には本郷奏多の役が非常に好きだった。あんなにいい役の彼を見るのは久しぶりな気がする。

原作が終了していることは知らなかったですが、原作からいくつかそぎ落として映画に落とし込むと無理やり感が出るものと思いますが、それを感じなかったので非常に面白かったです。

飛行機落としてもらいたかったけど、、

ちゃーるすとん
ちゃーるすとんさん / 2018年11月14日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アニメに比べると

続編ありきにするほどではないが、一作で全て終わらせるには時間が足りない。

重要なところがかなり飛ばされてる感じが非常にざんねん。

小虎
小虎さん / 2018年11月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スピーディなアクション

あまりにベタベタなドラマが鼻についたけど、ノリさんの冴えない演技と、スピーディなアクションが楽しかった。

noritenpa
noritenpaさん / 2018年11月8日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作、アニメ大好き

だから悲しい

しおんのよさもヒロの良さもかき消されてる
アクション重視にしたかったならもっとCGなんとかしろ
ヘリのシーンいらなくね
映画館で見なくてよかったです

やっほー
やっほーさん / 2018年11月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

切ない親父とイケメン高校生(笑) ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

概ね、原作に沿って物語を再現している。
まぁ高校生に見えない高校生が沢山出てくるけど、そこは仕方ない。

木梨憲武の犬屋敷さんは割に似合っている。
もう少しハゲにしたらもっと似てた(笑)
家族の分解具合も切なさをより色濃くしてるから、終盤の家族ドラマが盛り上がる。

佐藤健の獅子神くんをちょっと複雑な悪役にして終わらせてしまったのは勿体無かったが、さすがに原作完全再現とはいかなかったか。
都市を飛び回り撃ち合う姿はそれなりに見映えはする…しかし「いぬやしき」は犬屋敷さんの優しさと獅子神くんの世の中への怒りの表現が観ている側を「自分だってそんな気持ちになる」と共感しカタルシスを得るのが気持ち良い作品だと思う。

うにたん♪
うにたん♪さん / 2018年11月5日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おじさんヒーロー

奥浩哉原作コミックを実写化した作品。自分は原作は未読。それほど期待はしてなかったけど、なかなか面白く楽しめました。

木梨憲武がどの程度の演技するのか、未知数でしたが、家族にも、会社にも見放された悲哀漂う中年サラリーマンとして適役でした。

佐藤健は、龍馬伝の人斬り以蔵役以来、好きな若手の俳優さん。今回は表情の少ない殺人鬼役の怖さを、見事に演じていていました。ただ、やっぱりもう高校生役は無理があるかな…(笑)

ストーリーも勧善懲悪的な内容で、わかりやすく、単純に入り込めました。新宿でのバトルシーンは、ハリウッドならCGを駆使して、もっと派手な破壊と戦闘が繰り広げられるのだと思いますが、日本映画らしい地味さが、逆にリアルさもあってよかったかなと思いました。

bunmei21
bunmei21さん / 2018年9月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アクションはハリウッドを超えた

アクションはテンポ、構図、スピード、スケール、インパクト、全て最高だ。演技は佐藤健だけか。木梨はミスキャスだ。

アサシン
アサシンさん / 2018年9月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

佐藤健の演技、心の機微が表現されていて面白かった。 木梨とどのよう...

佐藤健の演技、心の機微が表現されていて面白かった。
木梨とどのように戦いへと交わるのか、その辺も丁寧に描かれていてよかった。

しんかいぎょ
しんかいぎょさん / 2018年8月26日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

レディプレイヤー1を観た後にいぬやしきを観たので、無意識にCG技術... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

レディプレイヤー1を観た後にいぬやしきを観たので、無意識にCG技術を比べてしまった。
新宿だけでの戦いか…規模小さいな…って。
でも日本で撮ってるからしょうがないよね。関わってる人数も違うだろうし。
邦画にありがちな、後ろを歩いてる人たち(エキストラ)がただ指定されたので歩いてますみたいな歩き方をしていてどうしても気になってしまうし、そういうの目につくのが嫌い。メインが頑張っても脇が下手すぎて格が下がる。
ストーリーは面白かった。結局宇宙人の正体がなんなのかは解明しないのね。はな子もピンチのときに助けたりしてくれるのかと思ったら、ただただふつうの可愛らしい(意外と顔付きイケメンだよね)わんちゃんでしかなかった。
伊勢谷さんも獅子神にもっと絡むのかと思ったら追いかけて終わりだし。直接対決して欲しかった。獅子神vsいぬやしきvs伊勢谷さんの三つ巴とかね。
そういえばレディプレイヤー1でもそんなキャラいたわ。2人ともいいキャラしてるんだからもっと活躍させて欲しかった。

獅子神のお母さん役の人は良かった。最初に登場した電話してるときの演技が演技してなくて良かった。お母さん登場したところでやっとこの映画見にきて良かったと思った。だってそれまでの登場するキャラクターみんな演技がわざとらしいんだもん、観るの疲れちゃう。入院して意識ない男の子の母親とか最悪。付き添いの医者も。気持ち悪いしリアリティなかった。大画面でそういう演技見せられるとほんと最悪。
だからお母さんが出てきて超安心した。日本にもこんな女優さん居るんだ って。(樹木希林等の大ベテランは置いといての話。)
佐藤健はうまいなー。さすがに高校生にしては大人すぎるけど。お母さんに抱きつくとことかちょっと容姿的に大人過ぎません…と思った。大人過ぎるのに意外と子どもっぽい性格もあってそのギャップが面白いところでもあったけど。
木梨さんも途中までとんねるずの人だということを忘れていた。体が変化したときのリアクション見て思い出した。
娘役の人もまじめに演技してて良かった。
お母さんすごいヒステリックって思うけど、絶対ああいうお母さんいる。全部周りのせいにする系。

一歩間違えばギャグになっちゃうようなストーリー、佐藤健のあの顔でシリアスに持ってったよなー。

Naru21
Naru21さん / 2018年6月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

オチが、、

原作は未読です。
前半はアクションで面白く観ていたのですが、オチがありがちすぎてなんとも言えない...。
せっかく佐藤健さんかっこいいのになんだか勿体無いなぁという感じです。

Em.
Em.さん / 2018年6月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

粗があっても勢いよし

昨今流行りの漫画原作の映画。漫画原作は観もしない人から心無い言葉をかけられたり、観た人からもやっぱり猛批判を受けたりするが、最近は良作も多い。特に奥作品このいぬやしきだけではなく、GANTZも実写化の相性が良い。つまり、面白かった。所々で粗が目立ったものの、それを吹き飛ばすような展開、テンションの高さを見せつけてくれたのでエンドロールが終わった後はかなりの満足度だった。

まず、なんといってもCGの良さが挙げられるだろう。邦画のCGはかわいそうなことにハリウッドと比べられることが多く、しょぼいしょぼいと言われている。しかしこの映画では心配はご無用。黒光りするいかにもなウェポンや、爽快な空中戦が観るものを楽しませてくれる。
脚本は、まあ、所要所で突っ込みどころが目立つものの全体的には良くまとまっている要。それも悪く言えば単純、陳腐ということになるのだけど…。それでも途中で飽きることはないと思う。俺は飽きなかった。

で、最終的に悪役であるヒロも一応は救われて、めでたしめでたしで終わる。同じく佐藤健が悪っぽい役を演じていた亜人ではアクション、音楽、演出すべてが爽快感に振ってあったが、いぬやしきではしっとりと終わる。中々いいんじゃないかと思って、その足で原作を読んだのだけど…。
これ、原作の方がよっぽどリアリティもドラマ性も高い。よくある「大切な人以外の命はどうでもよい」という陳腐な死生観が、原作では説得力を以て確かに息づいている。一方で、映画では自分の境遇に絶望した哀れな高校生でしかなかった。犬屋敷一家も直行も、映画では全体的に薄っぺらい。全員『何かの作品で見たような』人間に成り下がっている。
多分、漫画を映画に翻訳した際に、観客がすっと飲み込めるようにキャラ設定を作り変えたのだろう。思えば「アイアムアヒーロー」や「るろうに剣心」でもドラマパートを犠牲にして特色を一本に絞っていた。アイアムアヒーローではゾンビ大戦、るろ剣ではチャンバラ活劇。そしていぬやしきでは息をのむ空中戦。
ドラマ部分を台無しにしたのは少し残念だが、それでも面白いことに変わりはない。むしろ、原作と映画とで違った面白さを持ついぬやしきを打ち出してくれたことに感謝しかない。非常に素晴らしい。

サブレ
サブレさん / 2018年6月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人生の選択は自分次第

佐藤健がカッコいい!!
温度のない乾いた目が良い。
ノリさんが老けすぎ、メイクといえ体のシミも汚すぎるのだが、老けすぎというのが重要なファクターらしい。

離婚した裕福な父親への反発と怒りを、本人にはぶつけることができず。
同じように裕福だが、まったく無関係の他人にならぶつけられる。
よく知らない相手なら、どうなっても構わないという短絡さ。
身勝手でズルいのだが、そんな若者の気分も説明なく伝わる映画的説得力は中々のものだ。

驚異的な武力と、逆の治癒力もあるが、各々自分の関心のあるパワーしか知らない。
ノリさんは治癒力に気づくが殺傷力は未開発。
健扮する獅子神は武器は使いこなすが、治癒力に関しては母の病気で初めて気づく様子。
無限に近いパワーを持っていても、互いに関心のある面しか気づかない。

これは、誰しもそうだ。
誰だって、人を癒す力も傷つける力も持ち備えている。
どちらを優先的に発揮するかは、その人が普段何を好み、何を見ているかによるのではないか?
人間は自分が見たい物にしか関心が行かない。
いじけて生きている人は、世の中全てが歪んで不公平に見える。
そんな間違った世界壊して当然だと思う。
むくわれないという同じ境遇と同じ力を持っても、良くしたいという思いで世界を見ていれば、壊したいではなく治したいと思うのではないか。そんなことを考えさせる示唆的な映画だ。
いいね!

るるびっち
るるびっちさん / 2018年6月13日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮 知的 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

割りと高い再現率だったと思う。 いぬやしきさんはもっとおじいちゃん...

割りと高い再現率だったと思う。
いぬやしきさんはもっとおじいちゃんでもよかったけど。

アニメにあったヒロが子どもを殺すシーンなどはなくなってましたね。佐藤健NGか。
なのであまりヒロの残虐さが出てなかった。

CGはがんばってたが、詰め込みすぎた感があるので原作みてない人がついていかたのかは気になるところ。

cenriv
cenrivさん / 2018年6月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

期待はしていなかったが・・・・

意外と楽しく見れましたね♪

結末だけ微妙に違いますが、アニメとほぼ同じ展開で個人的には「それなりに良く出来たのでは!?」と思います。

SYO
SYOさん / 2018年6月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映像だけで勝負

この映画を楽しむ条件は一つだけで、SFの洋画をみていないこと
邦画では革新的な映像技術だと思う

焼売
焼売さん / 2018年6月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

爽快

中年の方にオススメな映画かもしれません
ドラマ主演中の健くんも素敵です

めぐ
めぐさん / 2018年5月31日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

211件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi