BLEACH 特集: 全世界で愛される高校生《黒崎一護》を知ってますか?なぜ彼は、命をかけてまで仲間を護(まも)るのか──?キミと同じ“普通のヤツ”が《死神代行》になって“戦う理由”って!?

ホーム > 作品情報 > 映画「BLEACH」 > 特集 > 全世界で愛される高校生《黒崎一護》を知ってますか?なぜ彼は、命をかけてまで仲間を護(まも)るのか──?キミと同じ“普通のヤツ”が《死神代行》になって“戦う理由”って!?
メニュー

BLEACH

劇場公開日 2018年7月20日
2018年6月25日更新

全世界で愛される高校生《黒崎一護》を知ってますか?
なぜ彼は、命をかけてまで仲間を護(まも)るのか──?
キミと同じ“普通のヤツ”が《死神代行》になって“戦う理由”って!?

福士蒼汰・杉咲花・吉沢亮・早乙女太一・MIYAVIら、バラエティ豊かなスターが集結! 福士蒼汰・杉咲花・吉沢亮・早乙女太一・MIYAVIら、バラエティ豊かなスターが集結!

世界中で愛されている日本の男子高校生、「黒崎一護」の名前を聞いたことはあるだろうか? 週刊少年ジャンプが生んだ、超大人気マンガの主人公だ。一護はごく普通の高校生だったが、ある日を境に悪霊を倒す“死神”の代行として生きることを決意する! 彼に何が起こったのか? どうして戦い続けるのか? 一護の活躍を描いた映画「BLEACH」(7月20日公開)を見れば、そのすべてが分かる!


原作マンガは全世界1億2000万部発行=「ONE PIECE」「NARUTO」級の人気!
主人公は“普通の高校生”、なのに世界が熱狂! そのワケって!?

監督は、「GANTZ」「アイアムアヒーロー」「いぬやしき」のヒットメイカー、佐藤信介! 監督は、「GANTZ」「アイアムアヒーロー」「いぬやしき」のヒットメイカー、佐藤信介!

「ONE PIECE」「NARUTO」、そして「BLEACH」。一時代を築き、“億超え”の発行部数を誇る「世界が認めた作品」だ。本作の主人公は海賊でも忍者でもなく、ただの高校生。だが、現在に至るまで多くのファンを獲得しているのは何故だろう? それは「等身大の高校生が、護(まも)るために戦う」からだ! 世界がトリコになったその魅力の“秘密”を、劇場で確かめてほしい。

画像3

平凡な日々を送っていた一護が、死神の力を手に入れ、「誰かを助けたい。困っている人たちを護りたい」と思うようになっていく。その“変化”が見る者の共感を呼び、思わず応援したくなる理由だ! 映画版でも、一護(福士蒼汰)が心身共に“死神の器”に成長していく様子が、丁寧に描かれている。

バトルものにはこれでしょ! みんなが大好きな“修行シーン”もしっかり用意されている バトルものにはこれでしょ! みんなが大好きな“修行シーン”もしっかり用意されている
画像5

少年漫画の主人公だったら、「敵をブッつぶしたい」「強くなりたい」と思って行動するもの。だが、一護は違う。あくまで一般人の目線を失わず、「大切な人を護りたい。笑顔で過ごせるようにしたい」が彼の信念だ。その変わらない“優しさ”と仲間への“思い”が、多くの人々に支持されているゆえん!

主人公・一護の“正体”を知る謎の同級生、石田雨竜(吉沢)は、果たして敵か味方か? 主人公・一護の“正体”を知る謎の同級生、石田雨竜(吉沢)は、果たして敵か味方か?


ある日突如訪れた“大事件”――家族が大ピンチに!
《究極の決断》一護は【死神になる】 運命を受け入れる!

何故一護は、普通の高校生活を捨て、さらに命をかけてまで“死神”になろうとしたのか? 何故一護は、普通の高校生活を捨て、さらに命をかけてまで“死神”になろうとしたのか?

なぜ一護は、“死神”になることを決めたのだろうか? そもそも死神とは一体何者なのだろうか? 数多くの疑問が浮かぶことだろう。彼の究極の決断の裏には、ある“大事件”とのちの“仲間”との運命的な出会いがあったのだ――。ここでは、その詳細を徹底的に解説。これを読めば、一護の“本心”が理解できるはず!

このデカさ、この強さ、とんでもない! どうやってこんなバケモノに立ち向かうのか? このデカさ、この強さ、とんでもない! どうやってこんなバケモノに立ち向かうのか?

一護の隠れた異能は、幽霊が見えることだった! 一護のように霊感の強い人間を捕食し、力を得る悪霊・虚(ホロウ)は、彼の存在を知って自宅を急襲。未知のバケモノに驚く間もなく、家族もろとも大ピンチ!

どこからともなくやってきた謎の少女・朽木ルキア(杉咲)は、死神の力を一護に披露! どこからともなくやってきた謎の少女・朽木ルキア(杉咲)は、死神の力を一護に披露!

悪霊・虚(ホロウ)と同じくして一護の前に現れた謎の少女・朽木ルキア(杉咲花)は、自身が「悪霊・虚(ホロウ)を唯一倒せる存在」=死神と名乗る。だが、戦闘中にルキアは一護をかばい、致命傷を負ってしまう……。まさに絶体絶命!

突然訪れたピンチ、だが迷っていても家族もろとも死ぬだけ! 運命を受け入れろ、一護 突然訪れたピンチ、だが迷っていても家族もろとも死ぬだけ! 運命を受け入れろ、一護

最早一刻の猶予もない! ルキアは、死神の力の譲渡を提案。一護に力を分け与えて、瞬間的に死神にさせ、悪霊・虚(ホロウ)と戦わせる作戦だ。しかし、ミスったら2人とも即死亡の大バクチ……どうする一護?


死神になったのは“その場限り”の【巻き込まれ事故】、なのに……
現れるさらなる“凶敵”! なぜ一護は命をかけて《護る》のか?

“死神”になった一護の前に、次々と強敵が出現! 休む間もなく次の戦いが幕を開ける! “死神”になった一護の前に、次々と強敵が出現! 休む間もなく次の戦いが幕を開ける!

一護とルキアの賭けは無事成功し、見事に悪霊・虚(ホロウ)を撃破。しかし、ルキアが死神の力を全部奪われてしまい、戦えなくなるという新たな問題が発生! 一護はルキアの代わりに“死神代行”の役目を依頼されるも、「普通の高校生活に戻りたい」と拒否する。だが、さらなる強大な悪霊・虚(ホロウ)、おきてに背いたルキアを処罰するためにやってきた死神など、強大な敵を前に、一護は再び剣を取る。その“真意”は一体!?

画像15

一護が大切な人を護る決断をしたのは、家族を助けるため。しかしその裏には、幼少期に目の前で母を悪霊・虚(ホロウ)に殺されたトラウマがあった……。「もう誰も失いたくない」という強い思いが、一護を駆り立てる!

大切な人々を護(まも)るため、この力を使う! 一護は死神として生きる決断を下す 大切な人々を護(まも)るため、この力を使う! 一護は死神として生きる決断を下す
画像17

人間への力の譲渡は、死神の間では死罪。ルキアは反逆者として、他の死神から追われる羽目に……。相手は超格上、だが引けない! 「俺を本物の死神にしてくれ」――命を救ってくれた恩に報いるため、一護は“本物の死神”になることをルキアに告げ、特訓を始める。そして、強敵へと挑んでいくのだ。

立ちはだかる敵は、全員自分よりも格上! 一護はどんな方法で戦力差を覆していく? 立ちはだかる敵は、全員自分よりも格上! 一護はどんな方法で戦力差を覆していく?
画像20

時を同じくして伝説の悪霊・虚(ホロウ)・グランドフィッシャーが出現し、街は大混乱&クラスメイトにも危険が及んでしまう! 「この力があれば、みんなを護れる」、一護の目に迷いはもうない。今こそ、真の“能力”を解放し、剣を振るえ!

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す