空飛ぶタイヤ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
空飛ぶタイヤ
空飛ぶタイヤ
13%
54%
26%
5%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

テレビドラマ化もされた池井戸潤の同名ベストセラー小説を、長瀬智也主演で新たに映画化。ある日トラックの事故により、1人の主婦が亡くなった。事故を起こした運送会社社長、赤松徳郎が警察から聞かされたのは、走行中のトラックからタイヤが突然外れたという耳を疑う事実だった。整備不良を疑われ、世間からもバッシングを受ける中、トラックの構造自体の欠陥に気づいた赤松は、製造元であるホープ自動車に再調査を要求する。しかし、なかなか調査が進展を見せないことに苛立った赤松は、自ら調査を開始。そこで赤松は大企業によるリコール隠しの現実を知ることとなる。長瀬が主人公の赤松役を演じる。監督は「超高速!参勤交代」シリーズの本木克英。

2018年製作/120分/G/日本
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
池井戸潤
脚本
林民夫
製作総指揮
大角正
エグゼクティブプロデューサー
吉田繁暁
プロデューサー
矢島孝
石田聡子
撮影
藤澤順一
照明
長田達也
美術
西村貴志
装飾
湯澤幸夫
録音
栗原和弘
編集
川瀬功
音楽
安川午朗
音楽プロデューサー
高石真実
主題歌
サザンオールスターズ
スクリプター
小関ひろみ
助監督
向井澄
製作担当
米田伸夫
プロダクションマネージャー
小松次郎
ラインプロデューサー
山田彰久
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第42回 日本アカデミー賞(2019年)

ノミネート

最優秀作品賞  
最優秀監督賞 本木克英
最優秀脚本賞 林民夫
最優秀助演男優賞 ディーン・フジオカ
最優秀助演女優賞 深田恭子
詳細情報を表示

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

映画レビュー

3.5本木克英監督&長瀬智也なら違うタイプの作品のほうが…

2018年7月11日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

知的

池井戸潤の小説の初映画化。池井戸原作のテレビの連続ドラマはかれこれ10年近く人気を博してきたのに、映画が作られなかったのには理由がある。企業小説や経済小説と呼ばれる池井戸作品は、銀行を含む複数企業の組織の概要と人物相関、また主要登場人物の生き様を見せつつ、不正に立ち向かう人々の群像を描く。情報量の多さゆえに、2時間程度で語るのは無理があるのだ。案の定、本作はストーリーを駆け足でなぞった印象を否めない。

赤松運送社長に長瀬智也という配役にも違和感。運送業界は全国規模の大手に押されて、赤松のように単独事業所で操業している中小企業は、ぎりぎりの資金繰りで苦しい経営のはず。長瀬にはスターのオーラがあり、泥臭い運送屋の社長には似つかわしくない。本木監督も「超高速!参勤交代」のような喜劇は得意だが、シリアスな企業ドラマは向かないと感じた。このタッグなら、コミカルな活劇のほうがはまるのではないか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
高森 郁哉

3.5何故このストーリーで商業映画なのか?

NEOlark7さん
2020年9月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

映画を見たあと実際の三菱自動車の事件について調べました。映画そのまま、いや現実はもっと悪かった。

ストーリーは満点。
実話ベース、しかも元大手企業の話なのでかなり攻めてていいなと思った。

ただ、長瀬智也はとても社長に見えないし、ディーンフジオカは品があって役職以上に偉く見えた。高橋一生は何を考えて居るかわからない。

皆さん演技は上手いが、とてもベストな配役には思えない。

元がいいであろうだけに、実に勿体ない映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NEOlark7

4.0予備知識なしでAmazonプライムで見ました

うたはさん
2020年8月26日
iPhoneアプリから投稿

ストライクゾーンは狭い方ですが、普通に面白かったですよ。

三菱自動車には痛い映画でしょうね

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うたは

4.5時代は池井戸作品

2020年8月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

笑える

楽しい

半沢直樹が大ヒットしてから急激に池井戸潤原作の映像化が増えた。その映画化の1つがこれ。
所々に染み渡る半沢直樹の匂い。
でも、この作品の主人公は大声出さないし、個性強すぎな適役も出ない。

どうやらレビューをみると、ストーリーはさくさくやり過ぎて駆け足気味だと。原作の大事な流れが省かれてしまっているとのこと。

まぁ確かに駆け足かも。
でも、別におれは気にならなかった。

TOKIOの長瀬と、ディーンフジオカがそれぞれの立場で奔走する感じがいいよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
りんたろ
すべての映画レビューを見る(全321件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る