劇場公開日:

糸

解説

1998年にリリースされた中島みゆきのヒット曲「糸」をモチーフに、菅田将暉、小松菜奈演じる平成元年に生まれた男女の18年間を生活者からの視点から見た平成史とともに描いていく、瀬々敬久監督作品。平成元年生まれの高橋漣と園田葵。北海道で育ち、13歳の時に出会った2人は初めての恋をするが、葵は母親に連れられて北海道を去ってしまう。8年後、21歳になった漣は、友人の結婚式のため訪れた東京で葵との再会を果たす。しかし、漣は北海道でチーズ職人、葵は東京、沖縄へと自分の世界を広げ、2人は別の人生を歩み始めていた。さらに10年の時が流れた平成最後の年、2人は運命の糸によってふたたびめぐり会うこととなる。漣役の菅田、葵役の小松のほか、斎藤工、榮倉奈々、山本美月、倍賞美津子、成田凌、二階堂ふみ、高杉真宙らが顔をそろえる。

2020年製作/130分/G/日本
配給:東宝

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第44回 日本アカデミー賞(2021年)

ノミネート

最優秀主演男優賞 菅田将暉
最優秀主演女優賞 小松菜奈
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18

(C)2020映画「糸」製作委員会

映画レビュー

3.5名曲「糸」をモチーフにしようとした製作陣の胆力に敬服 榮倉奈々の役作りにも最敬礼

2022年3月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

地上波初放送のあったタイミングで、改めてこの作品を振り返ってみる。
菅田将暉と小松菜奈は実生活で結婚したわけだが、その事実を慮りながら観ると、また更に様々な感情が去来する点が実に興味深い。ふたりの熱演は、言うまでもない。
そして、今作における榮倉奈々の激烈な役作りには感服というほかない。病に倒れる役ということもあり、ここまでの減量をやってのける役者魂には敬意を表したい。
それにしても、中島みゆきのあの名曲をモチーフにしているわけで、劇中でも効果的に使われている。それだけで、今作のグレードを1ステージ押し上げているほどの効果があったのではないだろうか。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
大塚史貴

4.0平成から令和を駆け抜ける一本の長い糸。きっと「良い映画を見た」という気持ちになれる作品

2020年8月12日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

平成という時代は30年といった規模だったので、平成元年生まれの2人が10代で出会い令和元年では30代ということになります。
これまでの多くの恋愛映画では、ひと夏の経験など、ごくごく短い期間が対象だったり、10年だったりしたわけですが、恋愛模様としては、20年くらいの大きなスパンの方が面白いのかもしれませんね。
その意味で、特に日本では「時代とともに駆け抜けるラブストーリー」もアリだと思います。
ただ、この発想は「弥生、三月 君を愛した30年」とも重なり、もし新型コロナ騒動がなければ同じ東宝で連続公開状態だったので、結果的には公開時期がズレて良かったのかもしれません。

まず、本作は邦画にしては豪華な方で、俳優陣も菅田将暉、小松菜奈、榮倉奈々、成田凌、二階堂ふみ、斎藤工、山本美月、高杉真宙など錚々たるメンバーです。
しかもロケーションも北海道を拠点に、東京や沖縄、そしてシンガポールまで広がっていきます。
さらに、その豪華さに応えるように、瀬々敬久監督の演出も良く、ほぼ言うことのない完成度でした。(気になった2点は、最後に書いておきます)
一つ一つのエピソードは、どこかで見たことのあるシーンも少なくないですが、軸がしっかりしているので自然と物語に入り込んでいる自分を感じます。
新型コロナ騒動で、令和という時代をそれほど実感できずにいる私たちですが、改めて時代の軸を体感する意味でも、本作の意味は大きいと思います。
要所要所で中島みゆきが作った歌が流れ、少なくとも、私がこれまでに見た「歌をモチーフとした邦画」では、本作が一番出来が良かったです。

マイナス要素があるとしたら、以下の2点でしょうか。
1.最初の出会いの自転車が飛ぶところは良いとしても、あれだけ壮大に転べば周りの人が(親切な人の多い日本だと)もっと駆け寄ってくるはず、という点です。
2.ラストの小松菜奈が扮する葵の行動は、「情報の面で必然性が欠けている」ような気がします。(本作に限らず、なぜか携帯電話というツールが突如、物語から消え去るのは、王道的な恋愛映画の設定には厳しい時代なのかもしれませんね…)

細かい点ですが、最初と最後は一番力を入れてほしいところなので★4としますが、本作は、きっと「良い映画を見た」という気持ちになれる作品だと思います。

コメントする (コメント数 8 件)
共感した! (共感した人 65 件)
細野真宏

4.0様々な糸で織りなされている布のような作品

2020年8月11日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:試写会

中島みゆきのヒット曲「糸」と言えば、「縦の糸はあなた 横の糸はわたし 織りなす布は いつか誰かを 暖めうるかもしれない」という歌詞が真っ先に出てくる。となると、2人が織りなす布(物語)を連想する。
本作では、織りなす布(物語)が主人公の「2人」だけでは成立しないところに意外性がある。糸と比喩される人は何人も存在し、縦の糸が誰で、横の糸が誰なのかという判断は、本作を見る者に任せる形になっているが、想像以上に後味が良い。
劇中では、中島みゆき「ファイト!」が度々出てきて、皆んなが励まし合う人間らしいドラマになっている。
番宣でも噂の菅田将暉と小松菜奈は、平成元年生まれの高橋漣と園田葵を演じており、2人の出会いのシーンは特に印象的で、その後、再会するたびに見る者にとっては心が揺らいでいく。
本作は、平成から令和まで「短いようで長い」スパンで描かれているところも見所で、時間の流れで変わる現実を実感し、終盤で初めて「縦糸と横糸で織りなされた布(物語)」に感動させられる。
葵の前向きである強さと女性らしい引きのシーンを演じた小松菜奈は、少し今までの役柄とは違う分、賞を狙える女優の1人だと感じた。

コメントする (コメント数 4 件)
共感した! (共感した人 46 件)
山田晶子

1.5つまらない(( _ _ ))..zzzZZ

2022年8月4日
iPhoneアプリから投稿

この作品の出演者さんの役柄は、結局誰が演じても同じでしょうね。
それくらいの映画で、作品の内容自体も似たような作品許りで面白くない内容だと思います。
魅力が解らないです

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
映画大好き
すべての映画レビューを見る(全456件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る