居眠り磐音

劇場公開日:

居眠り磐音

解説

佐伯泰英の人気時代劇小説「居眠り磐音 決定版」シリーズを松坂桃李の時代劇初主演で映画化。3年間の江戸勤番を終えた坂崎磐音は幼なじみの小林琴平、河井慎之輔とともに九州・豊後関前藩に戻った。琴平の妹・舞は慎之輔に嫁ぎ、磐音もまた、琴平と舞の妹である奈緒との祝言を控えていた。しかし、妻の舞が不貞を犯したという噂を耳にした慎之輔が舞を斬ってしまい、それに激高した琴平が慎之輔に噂を吹き込んだ人物と慎之助本人をも斬るという事態に発展。磐音は罰せられた琴平を討ち取るよう命じられてしまう。2人の友を1日にして失う悲劇に見舞われた磐音は、許婚の小林奈緒を残したまま関前を後にし、たどり着いた江戸の長屋で浪人に身をやつすこととなる。昼は鰻割きとして働き、夜は両替商・今津屋で用心棒稼業を始めた磐音だったが……。監督は「超高速!参勤交代」シリーズの本木克英。NHK木曜時代劇「ちかえもん」を手がけた藤本有紀が脚本を担当。

2019年製作/121分/G/日本
配給:松竹

スタッフ・キャスト

監督
原作
佐伯泰英
脚本
藤本有紀
企画
藤村直人
プロデュース
藤村直人
製作
今村司
大角正
谷和男
中部嘉人
有馬一昭
安部順一
エグゼクティブプロデューサー
伊藤響
吉田繁暁
プロデューサー
西麻美
福島大輔
ラインプロデューサー
砥川元宏
撮影
安田雅彦
照明
はのひろし
録音
山本研二
整音
鈴木肇
音響効果
岡瀬晶彦
美術
原田哲男
倉田智子
装飾
郷原慶太
中込秀志
編集
川瀬功
音楽
高見優
主題歌
MISIA
音楽プロデューサー
千陽崇之
音楽ディレクター
岩崎充徳
アクションコーディネーター
諸鍛冶裕太
VFXプロデューサー
斎藤大輔
VFXディレクター
土師翔太
助監督
井上昌典
演技事務
城野浩人
記録
西岡智子
制作担当
高塚映里香
村山大輔
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23
  • 画像24

(C)2019 映画「居眠り磐音」製作委員会

映画レビュー

3.5優しい時代劇ヒーロー

2020年12月31日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

古く良きチャンバラ時代劇を現代に蘇らせ、なおかつ主人公の優しくフェミニンなキャラクターが新鮮な作品だ。松坂桃李が主人公を演じることでその2つをうまく両立させることができたんじゃないか。親友を斬らねばならなくなった主人公が、過去を捨て浪人として生きる。やがて腕を見込まれて両替商の用心棒となり、そこで貨幣の流通をめぐるいざこざに巻き込まれていき、悪徳両替商を成敗する。
わかりやすい勧善懲悪もので、松坂桃李が正義感が強く子供や女性に優しい時代劇ヒーローを演じている。男らしさを全面に出す感じではないのが現代的というか、時代劇として新鮮だ。悪徳両替商を演じる柄本明の説得力がすごい。やや、オーバー気味に悪巧みする両替商を演じているのだが、やはり芸達者な人は何をやっても様になる。オーバーアクトにはオーバーアクトの魅力がある。この映画の柄本明の芝居はそれを教えてくれる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
杉本穂高

4.0居眠り剣法に映像的工夫をもっと。女優陣好演

2019年5月22日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

楽しい

興奮

松坂桃李が時代劇初主演だそうで、序盤の前髪と頭頂を剃った月代(さかやき)は違和感あったが、脱藩して総髪になってからは男前になった。殺陣も健闘していて、(ワイヤーを使ったりせず)伝統を踏襲しながらもカットやBGMでスピード感や緊迫感を表現できていた。ただ、磐音の「居眠り剣法」は、単に型を見せて「縁側で猫が居眠りしているような」と台詞で説明するだけでなく、なぜこの脱力した状態が強いのかとか、その時の磐音の内面・心象はどうかなどを、映像で魅せてほしかった。続編があれば期待したいポイントだ。

おっとりしとやかで一途に磐音を想う奈緒に芳根京子、明るく世話焼きなおこんに木村文乃、好キャスティングのおかげで2人も持ち味をしっかり出していた。「志乃ちゃんは…」以来注目の南沙良は、時代劇の台詞回しにやや苦労したが、雰囲気は良かった。若手女優たちの好演も映画のフレッシュな印象に大いに貢献している。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 13 件)
高森 郁哉

4.0生きることに力点を置いた時代劇

2022年7月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

意外な作風だった。従来時代劇に比べ生きることに力点を置いた良作だった。不可解な事件、豪快な殺陣、すれ違う男と女、善と悪の対峙など、従来の時代劇の要素は満載だが、暗さは少なく、現代風味の作品に仕上がっている。

本作の主人公は、豊後関前藩・藩士坂崎磐音(松阪桃李)。江戸で3年間過ごし、帰郷した彼に、過酷な運命が待っていた。彼は、二人の幼馴染を失い、許婚の奈緒(芳根京子)とも夫婦になれず、故郷を捨て、江戸で浪人暮らしを始める。そして、両替商に用心棒として雇われ、剣の達人として頭角を現していくが、故郷での出来事は彼の脳裏から消えることはなかった・・・。

現代劇で活躍している、松阪桃李、芳根京子、木村文乃が作品を牽引している。松阪桃李は、普段は心優しいが、実は過酷な運命を背負って懸命に生きようとする剣豪という役を、悲壮感を抑えた淡々とした演技で好演している。眠りの構えとも呼べる独特な構えからの殺陣も迫力十分。芳根京子は、演じるというよりは主人公への一途な想いを貫いて生きる奈緒と一体化していて、表情、佇まい、台詞に、主人公への想いが溢れていて胸を打つ。木村文乃は、主人公の住む長屋の大家の娘役であり、イメージ通りの勝気な献身に叶わぬ恋の切なさを滲ませている演技は流石。

何か、現代劇を観ている雰囲気になるのは、主要の3人が従来の時代劇の枠に拘らず、持ち味を生かした演技をしているからだと感じる。やはり、現代人が演じる以上、時代劇は時とともに変化していくのは当然だろう。寂しさはあるが納得はできる。

本作のメッセージは、切ないラストシーンに集約されている。奈緒は主人公への想いを秘めながら、強く次に踏み出していく。主人公も、奈緒への想いに揺さぶられながら、今を強く生きようとする。二人の生きる覚悟に涙が溢れてくる。

運命に翻弄されても、強く生きることはできる。観終わって、本作のメッセージが心に染み渡ってくる。

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 13 件)
みかずき

4.0現代的視点で構成された本格時代劇

さん
2022年4月9日
PCから投稿

本作品の原作は、時代小説のベストセラー作家、佐伯泰英が生み出した「居眠り磐音シリーズ」で、現在は、50作以上が発表されているそうです。じつは、私、シリーズの最初の方をかつて読んだことがあって、第1作「陽炎の辻」がとにかく面白かった記憶がありました。

このシリーズの主人公の本名は、坂崎磐音で、「居眠り」というのは、その剣法が、居眠りしている年寄り猫のような格好で険を構えることから「居眠り剣法」と呼ばれていることによるもの。磐音は、見かけは、ゆったりした感じの優しい男性で、闘いの時も、険の構えは、ゆったりして、全く強そうではない。ところが、一旦、相手が切り込んでくると、その切っ先を身軽にかわして、たちまち相手への猛攻撃へと転じる。この「静」から「動」の動きが、見せ場のひとつです。

私が、予告編で驚いたのは、磐音を演じる松坂桃李が、小説で得た主人公のイメージとあまりにぴったりしていて、「これは期待できるぞ」と感じたことです。松坂桃李のことは知っていましたが、「居眠り磐音」のキャスティングは思いつきませんでした。

物語は、江戸後期、老中田沼意次の時代、九州・関前藩の中老の嫡男、坂崎磐音は、三年間の江戸での勤めを終え、幼なじみ二人とともに、帰郷した。そこで、ある悲劇的な事件が起こり、磐音は、許嫁の奈緒を残して、藩を出奔。江戸に戻った彼は、深川の鰻屋で職人として働いていた。ある日、両替屋の用心棒として抜擢されたが、そこには、江戸幕府を揺るがす陰謀が渦巻いていて…。

藩を出奔して浪人となった武士という設定は、時代劇の定番のようなものであるし、許嫁との結ばれぬ運命というのも、一般的。また、得意の剣法を使って、幕府を揺るがすような悪と対峙していくのも、時代劇らしい展開です。

──と、書いてくると、凡庸な作品と捉えているかと思われるかもしれませんが、この作品には、現代人に訴えかける大きな要素があります。それは、江戸時代のお話なのに、古めかしさが全くないのです。

この作品の原作のような時代小説は、時代設定は、現実にあったものですが、主人公は架空のものですし、当然、エピソードも架空。でも、そのフィクションという部分を原作者は巧みに活かしています。

現代人にとって、江戸時代に対して多くの方が描いているイメージがあると思います。現代人が忘れてしまった、人情や正義感、人間関係。それを彼らは持っていたのではないか、というか、持っていたものであってほしい、というある種の憧れのようなもの。

原作小説では、そのような訳で、「現代の視点で、こうであってほしい江戸時代の人々」を巧みに取り入れています。それは、現実の江戸時代の人々の心情とは違うかもしれません。でも、そこはフィクションの強みで、現代風に人間描写をアレンジしていると思われます。

この映画作品も、その原作小説の意図を踏まえていて、現代的な視点で観た時、違和感がないように仕組まれていると思いました。だから、磐音や許嫁の奈緒に感情移入できる作品に仕上がっているのだと思います。

私は、21世紀らしい本格時代劇として、本作品を高く評価します。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
悶
すべての映画レビューを見る(全176件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る