劇場公開日 2019年5月17日

  • 予告編を見る

居眠り磐音のレビュー・感想・評価

3.7160
22%
56%
18%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全160件中、1~20件目を表示

4.0居眠り剣法に映像的工夫をもっと。女優陣好演

2019年5月22日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

楽しい

興奮

松坂桃李が時代劇初主演だそうで、序盤の前髪と頭頂を剃った月代(さかやき)は違和感あったが、脱藩して総髪になってからは男前になった。殺陣も健闘していて、(ワイヤーを使ったりせず)伝統を踏襲しながらもカットやBGMでスピード感や緊迫感を表現できていた。ただ、磐音の「居眠り剣法」は、単に型を見せて「縁側で猫が居眠りしているような」と台詞で説明するだけでなく、なぜこの脱力した状態が強いのかとか、その時の磐音の内面・心象はどうかなどを、映像で魅せてほしかった。続編があれば期待したいポイントだ。

おっとりしとやかで一途に磐音を想う奈緒に芳根京子、明るく世話焼きなおこんに木村文乃、好キャスティングのおかげで2人も持ち味をしっかり出していた。「志乃ちゃんは…」以来注目の南沙良は、時代劇の台詞回しにやや苦労したが、雰囲気は良かった。若手女優たちの好演も映画のフレッシュな印象に大いに貢献している。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 13 件)
高森 郁哉

4.5切なすぎる

2020年11月29日
iPhoneアプリから投稿

嗚呼、江戸時代に生まれずに良かった。
人間の厭らしさと生きる逞しさを見た。
でも、辛い。作り話だって分かってても切ない。
心揺さぶられた。

キャストはこんなに素晴らしく、脚本も文句なし。
大ヒットしなかったのが不思議のほどの秀作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
totechinsyan

3.0物悲しさが魅力

2020年11月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

興奮

幼馴染の藩士たちが心ない悪意によってあっという間に散った。ものすごいインパクトでスタートした本格派の時代劇。全体を通して松坂桃李の誠実で物悲し演技が光り、それを取り巻く個性派俳優達の演技も見応えがあった。続編が見たい‼️

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
おのもん

2.5役者はいいが、続編制作ありきで作っているのか中途半端な内容になって...

やむさん
2020年11月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

役者はいいが、続編制作ありきで作っているのか中途半端な内容になってしまってる気がします。
もう一言あるとそのセリフわかるのに、と原作もNHKのドラマも見てるので思いました

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
やむ

3.5良かった

2020年11月11日
iPhoneアプリから投稿

やるせない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミツハシ

2.5期待し過ぎたかな?

2020年11月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

原作をさらっと読んで、
これからシリーズ化して行くのだろうなぁと期待して
観たけど僕的にはつまらなかった。

全体的に軽くて、
劇を見てるようだった。
演劇じゃなくて、子供の劇を見てるような感じで、
キャラが掃けては新しいキャラが出てきてみたいな感じで
あまり楽しめなかった。

磐音が用心棒の頼みに行った先のやり取りが特に、
木村文乃さんは上手な俳優さんだと思うのだけど、
編集が悪いのか合図を待って喋ってるような
変な感じだった。

親友殺し、許婚を残し去っていくと言う重い過去を
背負う話なのに、軽く仕上がってるのがなんとなく残念
でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
奥嶋ひろまさ

3.5良い雰囲気でした

2020年8月8日
iPhoneアプリから投稿

タイトルからしてどんな話なの??って思っていたんですけど、結構よかったです。

松坂桃李さん良い雰囲気出しますよね、本当に。なんか主張しすぎないのに凛と存在しているという感じで。すごく良い感じに映画の世界に入り込んでいるというか、本当に心地良いです。

「居眠り剣法」というのは、詳しくないのでよくわからないですが、剣のシーンはやはりかっこいい!

最後に奈緒との切なさを入れてくるのもすごくよかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
しらたま

5.0本物の日本人の心と姿が凝縮された、美しすぎる作品

2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

剣の達人でありながら、ほんとうに穏やかな主人公を演じる松坂桃李。
殺陣の迫力は、見事のひとことに尽きます。
にもかかわらず、限りなく心優しい主人公。

ギャップが凄いのに、観ていてこんなギャップなど当たり前のことと、いつしか感じてしまうのが、演技の力であり、脚本の力であり、つまり映画の力なのでしょうね。

これだけ人が死に、陰謀が飛び交うお話であるにもかかわらず、実はお話のメインテーマが純愛にあるという点など、恐れ入りましたとしか言えません。

このような建て付けの外国映画だと、待ち続けてきただけの許嫁を演じる芳根京子は、きっとどこかに置き去りにされる損な役回りのはずですが、どっこい大きな大きな人間の哀しさを演じきっています。

そんな主人公に片思いする木村文乃の演技の凄さと哀しさも必見です。

江戸時代の武士道の極意書「葉隠」に、「恋の極意は忍ぶ恋にある。一生、相手を忍んで、思い死にすることこそが恋の本意だ」という意味の有名な文章がありますが、この葉隠の言葉が鮮やかに蘇る、そんな珠玉の作品でした。

ぜひとも外国で、字幕で公開してほしいと思います。
この日本精神の真髄に対する外国人の反応を見てみたいのです。

まったく理解できないと彼らは言うのだろうか。

でも、日本人であれば誰一人として、これほど素晴しい作品に感動しないはずがないのですけどね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
お水汲み当番

3.0普通に面白い

2020年6月9日
iPhoneアプリから投稿

前半のストーリー展開に引き込まれたが後半は失速気味だったのが残念。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
@Jankichi@

3.5自粛のGWにやっと観た

on28さん
2020年5月6日
Androidアプリから投稿

芳根京子&木村文乃に松坂桃李と観るしかないキャスティング。
海外チャンバラとも「るろ剣」とも違う殺陣やけどこれも良し。
やけど柄本明さん…濃いぃ~(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
on28

3.5松坂桃李の当たり役見ぃ~っけ!

2020年4月26日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 16 件)
しゅうへい

3.5時代劇は分かりやすい

2020年4月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

単純

ここ数年、おもしろそうな時代劇を迷いなく観る。
大河ドラマを十数年見続けて、癖になったのか年をとっただけなのか😅

穏やかな幼なじみ達がお勤め終えて帰郷。
このオープニングで真逆の波乱が起こるだろうフラグが既に立ちまくりです。

こんな掴みが上手く、期待を裏切らない映画はだいたい楽しく鑑賞出来ます。
案の定、時間の経つのがあっという間でした。

現代ドラマや映画で活躍している若手俳優陣が時代劇の場でも演技の幅を広げる意味がある。

しかしなぜこのタイトル?
寝てないよ😅
そう言う意味じゃないのか🤔
原作はたくさんあるようなのでシリーズ化に期待します❗️

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 14 件)
零式五十二型

4.0豪華キャスト

R♪さん
2020年3月30日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
R♪

2.5面白かったが

ちゆうさん
2020年3月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

興奮

そもそも磐音は藩を抜ける必要があったのかな?藩を抜けるとその身内にも藩からお家おとりつぶしにあうんじゃないでしょうか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ちゆう

4.0その下段の構えは円月殺法では?!

kossyさん
2020年3月25日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 文乃ファンであるのに映画館に行けなかった。何度も聴いた時代劇にそぐわないMISIAのテーマ曲を劇場で聴きたかったものだ。

 しかし、TVでも十分に楽しめた。豊後関前藩という架空の藩の光景がCG感満載だったのでちょいと引き気味になりましたが、その後は問題なし。序盤の幼なじみ同士の殺し合いですでに涙状態。さらに琴平(柄本佑)の妹奈緒(芳根京子)との祝言をひかえていたのに結ばれることもなく、脱藩して浪人となった磐音の悲しみを堪える表情にも涙。涙腺はその後に回復。時代劇としては珍しく経済のストーリー展開になっていくので頭を使います・・・

 江戸時代の経済はちょっとわかりづらい。金と銀の相場の差額で儲ける悪徳両替屋の存在と、老中田沼とその政策に賛成する両替屋との対立構図。東京と大阪では貨幣価値が違うということでした。面白いのは悪徳の有楽斎が佑の父上柄本明が演じていることだろうか。磐音の過去をも知ってるみたいで、息子を殺しやがってと聞こえてきそうな雰囲気(笑)

 その銀行のやりとりを磐音が提案した作戦でなんとかやりすごすのだが、元々関前藩の勘定方になる予定だったから、経済にも強そうという伏線も効いていた。そして、花魁の誘いも断る純情ぶりも発揮し、奈緒の元を去った辛さを、世話になってるおこん(木村文乃)が励ますというところがいい。自ら身を引きますよ~などといった心も見え隠れ。そして、奈緒の居場所も判明する感動のラストへ・・・

 さすがに花魁道中では綺麗になったなぁくらいにしか感じなかったけど、MISIAの歌が始まるとさすがに涙ぼろぼろ。こんなにストーリーにぴったりの曲だなんて思ってもなかった。また、2度の転調を含んだもので、サビでは大胆な転調。感情が一気に変化する効果もあり、このメロディにも泣かされた。そして、この歌詞からすると、二人は結ばれない可能性が高い。身受け料が1200両だっていうから、悪人を400人くらい殺さないと絶対無理!

コメントする (コメント数 5 件)
共感した! (共感した人 19 件)
kossy

5.0時代劇は面白い

2020年3月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

幼なじみの男三人、江戸の参勤を終え故郷に帰ってくる。
そこで事件が起き、磐音(松坂桃李)は友を斬ってしまう。
婚約者を残し浪人の身となり、江戸にもどってくる。
両替商の用心棒となるが、老中に反対する一派の陰謀に巻き込まれる。
時代劇の窮屈さと立ち回りの面白さが相まって、久しぶりに時代劇を楽しんだ。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
いやよセブン

5.0観てよかった。

51さん
2020年3月15日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

観よう観ようと思っていたらあっという間に上映スケジュールから外れて。観るのをあきらめました。

「映画は映画館」がポリシーの私。でもコロナウイルスで外遊びもままならず今日レンタルで見ました。

よかった。家でDVDでこんなに魅かれる作品を見たのは久しぶりです。

ストーリーも始めから最後までずっとひきつけられた。
すごく魅力的な映画だった。

松坂 桃李、やっぱり見せるなぁ。芳根京子さんきれい、清純(花魁はやめてくれー。かわいそすぎて泣けてくる。)、木村綾乃さん素敵。柄本佑もゆるがないなあ。(考えたら親子共演か)
佐々木蔵之介さんはじめそのほかの俳優さんもさすがの一言。

俺、やっぱり邦画が好き。

コメントする
共感した! (共感した人 4 件)
51

3.5違えた道が交わるといいね

2020年2月11日
Androidアプリから投稿

最初タイトルを見たときは昼行灯の活躍劇かな?とか思ってました。
何かこの感じどっかで似たの見たことあるなーって思ったら、るろ剣ですわ。
主人公はおっとりした浪人で、実は聡明で腕っぷしもたち、昔結婚を誓った女性とは離ればなれ。下宿先では少し気の強そうな世話焼きの娘に出会う。やっぱりちょい似てるな。

キャストは実力派を集めた豪華な布陣。
殺陣も見応えありました。また、敵方用心棒と味方用心棒が好きな俳優だった為嬉しさ倍増。でも味方用心棒の荒井敦史と高橋努にも殺陣シーン欲しかったな。

個人的にはもう少し純愛要素多めでも良かったかなと思う。
ラストに最愛の人と再開するが、もはや別世界の人。だがお互い別の道を歩んでいても想いは昔のまま。いつか違えた道が交わるといいね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
カミムラ

3.5いっそ二人と結婚して

2020年1月14日
PCから投稿

松坂桃李の侍姿と殺陣、中々見応えありました。
ストーリー的には最初から最後までせつなかったです…
おこん演じる木村文乃さんと奈緒演じる芳根京子さん、お二人ともとても美しく主人公を思い応援したいと思ったのでいっそおこんと結婚して奈緒を身請けして側室に…と考えたけど主人公のキャラ的にあり得無いですな。。(余計なお世話)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
フラニー

3.52019/12/31鑑賞

虹孔雀さん
2019年12月31日
Androidアプリから投稿

純粋に人を思うことの切なさと美しさ

最後はとても切なかった。
でも、人は幾重にも悲しみを乗り越えて、成長し、強くそして優しく、しなやかさを増していくものなのだなと感じた。
今の時代には受け入れがたいかもしれなくなっている価値観だが、これもまた人としての美学かなと感じられる最後のシーンに心打たれた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
虹孔雀
「居眠り磐音」の作品トップへ