海を駆ける
ホーム > 作品情報 > 映画「海を駆ける」
メニュー

海を駆ける

劇場公開日

解説

第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門で審査員賞を受賞した「淵に立つ」の深田晃司監督が、ディーン・フジオカを主演にインドネシア、スマトラ島のバンダ・アチェでオールロケを敢行したオリジナル脚本によるファンタジー作品。インドネシア、バンダ・アチェの海岸で倒れている謎の男が発見される。片言の日本語やインドネシア語を話すその男は、海で発見されたことからインドネシア語で「海」を意味する「ラウ」と名づけられた。NPO法人で災害復興の仕事をしている貴子と息子のタカシ、親戚のサチコは、記憶喪失ではないかと診断されたラウをしばらく預かり、身元捜しを手伝うこととなる。ラウはいつもただ静かにほほ笑んでいるだけだったが、そんなラウの周辺ではさまざまな不可思議な現象が起こりはじめていた。フジオカが謎の男・ラウを演じ、貴子役を鶴田真由、タカシ役を太賀、サチコ役を阿部純子がそれぞれ演じる。

スタッフ

監督
脚本
深田晃司
製作
新井重人
エグゼクティブプロデューサー
太田和宏
荒木宏幸
江口航治
宮崎伸夫
梅村昭夫
澤田正道
プロデューサー
小室直子
紀嘉久
コ・プロデューサー
澤田正道
撮影
芦澤明子
照明
永田英則
編集
深田晃司
音楽
小野川浩行

作品データ

製作年 2018年
製作国 日本・フランス・インドネシア合作
配給 東京テアトル
上映時間 107分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
海を駆けるの映画評論・批評

カンヌ受賞の「淵に立つ」の深田晃司監督最新作、と思って観ると、なるほどと思う人と意外さに戸惑う人とで半々くらいになるのではないだろうか。同時に「ほとりの朔子」に直結する青春劇であり、「歓待」で提示したボーダーレスな国際意識が宿り、「さ...海を駆けるの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全17件)
  • どこでもドア ネタバレ! 会見場所から お家に帰って来たとこ ワロタ ドア確認の太賀可愛かったです。 人の命を助けるだけでは無く 奪ったりもする⁉︎ 蝶を追うついでに⁇ 鶴田真由が(意味あるの?)お亡くなりに? そして ... ...続きを読む

    snowball snowballさん  2018年8月14日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • おとぎ話だけど 深田監督の感じとちょっと違うなと思ったの。青年団の芝居っぽいくもないし。日本の人が海外で、色々とやってるのは相変わらずだけど。 ディーン・フジオカが海からやってきて、何したの?っていうと、特に大... ...続きを読む

    Scott Scottさん  2018年7月9日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • この世界観に引き込まれる。 ネタバレ! いろいろな作品を見てきたが、抽象的な作品は意味が分からないなりにあれこれと想像・イメージを膨らませる作品と、ホント意味不明で支離滅裂で駄作とも評される作品に分かれるが、印象としては前者のような感... ...続きを読む

    キッスィ キッスィさん  2018年7月2日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

桐島、部活やめるってよ 私の男 闇金ウシジマくん ザ・ファイナル あん
桐島、部活やめるってよ 私の男 闇金ウシジマくん ザ・ファイナル あん
  • Powered by Amazon

他のユーザーは「海を駆ける」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi