海を駆ける(ネタバレなし)のレビュー・感想・評価

メニュー

海を駆ける

劇場公開日 2018年5月26日
18件を表示 映画レビューを書く

海の化身がお出ましです。

インドネシアの海岸にて倒れている謎の男を発見し、その男と触れ合う事で謎の体験をする人々の物語。

まぁ謎の男、ディーン・フジオカが謎、謎、謎。
謎の男が起こす行動は、次に活かされる事の無い投げっぱなし状態の為「これ何ぞや?」と思ってしまうだろう。
また逆に「海の化身にて生き物に対し活かすも殺すも出来る」と考えれば、これまた少し興味が湧くファンタジー映画にもなっていた。

NPO法人にて現地で働く女性役に鶴田真由。
あのインドネシア語はかなり苦労しただろう。

日本人らしい掴み所が難しいファンタジー脚本。
目新しさはあった。
同じ海を頼り所とし行きていかなければならない日本とインドネシア。惹かれる部分はある。

しかし私としては、凄く眠かった😪
淡々としてるから。これが一日中映画館鑑賞の一本なら確実に寝てる。w
充分に観る気マンマンな時、鑑賞おすすめします。

巫女雷男
巫女雷男さん / 2019年3月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

不思議な作品

観終わった後しばらくラウは何者だったのか考えてしまった…
ほとんどセリフが無いけどディーンフジオカの不思議な存在感が半端ない。あと太賀さんのインドネシア語はお見事!!現地の人にしか見えませんでした(笑)

フラニー
フラニーさん / 2019年1月14日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

点を散りばめ余白を多く残したハイブローな作品

「ほとりの朔子」で出会い、「さようなら」と「淵に立つ」をマイベストワンとした深田晃司監督。思い入れマックスの状態で臨んだ。

今回はインドネシアが舞台。

太平洋戦争、スマトラ沖地震、3.11など過去の記憶の断片がドキュメンタリーの如くインタビューで語られる。インドネシアの老人たちの日本に対する心情も僅かに吸い上げていく。

ディーン・フジオカの存在は対照的だ。海から現れ、善を施し、悪を施し、海へ還っていく。海の神の如き彼の存在が今作にファンタジーの側面をもたらしている。

日本から移住しNPO法人で災害復興の仕事をする母(鶴田真由子)とインドネシアで生まれインドネシア国籍を選択したた息子(太賀)、そして日本人と何の違和感もなく接するインドネシアの若者たち。

そのすべてが「対照」を形作りながら終焉を迎える。

点を散りばめ余白を多く残したこの作品は、観たものに線をつなげ余白を埋める作業を求める。そういった意味では観る人を選ぶハイブローな作品だろう。

「さようなら」と「淵に立つ」は対照的な作品だった。そして「淵に立つ」と今作もまさに対照的な作品だ。深田監督自身、決して媚びることなく、今後も振幅の大きな作品を撮り続けていただけたらと…

まっくん a.k.a. エロくそチキン
まっくん a.k.a. エロくそチキンさん / 2018年9月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

おとぎ話だけど

深田監督の感じとちょっと違うなと思ったの。青年団の芝居っぽいくもないし。日本の人が海外で、色々とやってるのは相変わらずだけど。

ディーン・フジオカが海からやってきて、何したの?っていうと、特に大きなことはしてないの。日本から来た女の子がちょっと変わるんだよね。

淡々と進む映画だけど、ヒーリング効果あるような感じで、面白く観られるよ。

Scott
Scottさん / 2018年7月9日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

青春

ぱっと見、青春ラブストーリーしてるけど後ろでずっと不穏なことが起こってる。
こういう「不吉な予感」、監督の持ち味よね、いいよね

Eri
Eriさん / 2018年7月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館、試写会、DVD/BD、TV地上波、CS/BS/ケーブル、VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

見終わった後モヤモヤする

見終わった直後は( ゚д゚)って感じでした。

ラウは結局なんだったのか?多分人では無い何かの象徴なんだろうって思いながら見ていたけど最後まで分からなかった。見終わった後考察サイトを見ると、言われてみればば確かに、答えは最初に劇中で語られてたっけ、って思えた。

それならば今度は主要登場人物に目を向けると、サチコがアチェに来た理由とか、こっちもやっぱり分からないことがある。ただ、会話シーンの意図的なカメラワークとかがあったから自分が読み取れてないだけで分かる人が見れば分かるのか?と思ったり。

見てる最中もモヤモヤ、見終わった後もずっとモヤモヤしてます。

ただ、そんなモヤモヤを抱えながら迎えたラストの〇〇〇〇〇〇シーンには不思議なカタルシスを感じました。でもやっぱり謎

あと、音楽がすごい良かった。

一回見ただけじゃ全部を把握したとは到底思えないのでもう一回見たい。パンフレット買えば良かった。

NUS
NUSさん / 2018年6月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

たぶんディーンフジオカファンはポカーン状態だろうな。でも背景変えて...

たぶんディーンフジオカファンはポカーン状態だろうな。でも背景変えて、キャラ変えて深田晃司監督の持ちネタが一堂にあわさったような作品だった。謎の男+避暑地のできごと+災害の町、的な。
けど、そのてんこ盛り的配合がうまくいってない感じ。謎の男がかなり背後に回り過ぎていて、というか、あまりにこの謎の男のことを気にかけてなさ過ぎで、もっと気にかけてやって!と思うほど。
せめてもう少し、この若者たちに残せるエピソードがあれば。。

ONI
ONIさん / 2018年6月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

若者たちの青春群像

 日常的な台詞だけが続く、坦々として起伏のない作品である。インドネシアの島に暮らす、震災の復興も儘ならない内に援助を打ち切られた住民たち。将来にある漠然とした不安も、日常生活の喜怒哀楽に埋もれていく。
 阿部純子は、日本での色々なしがらみを捨ててインドネシアの伯母を訪ねる若い女を好演。この女優さんは「弧狼の血」でも存在感のある脇役を演じていたが、この作品でも狂言回しを上手に演じている。ただ、フェリー乗り場での平手打ちのシーンはあまりにも唐突で、どこかにインパクトのあるシーンを入れたかった監督の意向だと思うが、日常の英会話でも気を遣っているサチコが急に暴力を振るうのは不自然極まりない。怒りよりも待ち合わせの人に会えた安堵感が先に来るはずの場面で、ホッとして泣き出すくらいが妥当だろう。阿部純子は力業で暴力の場面にしていたが、この優しい作品の中で汚点となってしまった。演じた彼女も気の毒だ。
 ディーン・フジオカが演じた主人公ラウは、主人公にもかかわらず極端に無口な役で、最後まで存在の意味合いがよくわからなかったが、静かに過ぎていく時の流れに何かしらの波紋を広げて、そのエポックを中心にストーリーを構成しようとする意図は読み取れた。
 美しいインドネシアの島々。被災や挫折から再出発しようとする若者たちの青春群像と捉えれば、それなりに味わいのある作品だと思う。

耶馬英彦
耶馬英彦さん / 2018年6月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

眠ってしまったが

良かった
しかし深田監督のあまり有名でない過去作まで見ていないと単に意味不明と思ってしまうかもしれない
ラストの海にかけてゆく男女の群れには不思議なカタルシスがあったね

たろう
たろうさん / 2018年6月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

???

ディーンフジオカさん演じるラウは結局最後まで何者であったかわからず、正義なのか、悪なのかもわからず、作品までも何を表現したかったのかが、不明。ただ、インドネシアの原風景は堪能できるのでは。行ったことは無いけど。

ごっとん
ごっとんさん / 2018年5月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おディーンに癒された

恐らくこの映画でおディーンは海のメタファーで、海は人と共存してるけど時に無差別に人の命を奪うっていうことを先に頭に入れておかないとこの映画意味わからない。

この映画の中でおディーンはただひたすら周りで起きる出来事を微笑みながら見つめるだけ。その姿が仏みたいで癒される。かわいい😊😊.
.
にしても大賀のインドネシア語凄かった。ありゃ現地人だな(笑).

せつこん
せつこんさん / 2018年5月31日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

中途半端な印象

いろんな謎を提示したが、謎のままそのまま海へ持って行ってしまう。
せめて何か一つ、一人でも、謎解きをしてほしいと思った。

登場人物についても、一人一人の描き方が中途半端で、謎のまま。

ディーンフジオカさん、鶴田真由さんらの、良さを充分引き出せているとは言えない。

Naotanjr
Naotanjrさん / 2018年5月30日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

日本映画離れした無国籍映画

ヤバい傑作。というか問題作。
大賀、阿部純子、セカール・サリ、アディパティ・ドルケンら若い俳優たちが最高。いつまでも彼らを見ていたい。
それにしてもあまりに攻めた内容でわからない人にはさっぱりわからないだろうし、別にわからなくてもいいのでしょう。いびつさもなんだか昔話のよう。自分はというととても心地よく見れました。昔話に理屈を求め始めたらそりゃ怒りたくもなるだろう。そういうもんだと思えば全然気にならなかった。
監督の過去作を連想させるような要素もあるけど、過去のどの作品よりも不親切で実験的かも知れない。でも世界観は間違いなく広がっている。ディーン・フジオカも納得のキャスティング。出番の量の割に最後は持っていく。
あと映像綺麗。波がヤバい。

cine_wa
cine_waさん / 2018年5月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 怖い 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

「海を駆ける」奇跡

人間は海の力を前に無力。
同時に、生命の源は海。

そんな海は人間にとってままならぬ神秘であり、
また同時に、我が身の存在自体ままならぬ神秘であるという事実に自らは盲目になりがちなのもまた人間。

知性の利器たる言語=英語、を介して自由を求め合う若者たちは、互い小競り合いながら何かしらに導かれ、
海の権化たるディーンフジオカに救われる。
救われた者らのみ、海を駆ける奇跡を起こす。

派手な映像的な興奮や粗筋のサスペンス感は望めませんが、
人間という、所詮は棺に収まるまでの、可能性の限られた存在、その存在自体、すでに各々未解決の物語性を持って、人物自体を生きる事件、として描いている。
そして、遂にその棺は、奇跡により突破される。
大江健三郎的?快感にため息。

神話を暖簾分けしたような物語。

小手先のことを言うと、ハネケ風のビデオやテレビ画面が散見されるが、
効果は微妙。

エイブル
エイブルさん / 2018年5月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

自然が奪い自然が与える恩恵

ディーンフジオカさんの存在が海から現れて…

最初に見たときはキリストの事かな?と思ってましたが、自然災害のモチーフなのか。
海は人を飲み込み意思なく殺す。そして、海は人を癒す。

て言いたい事はわかったんだけど、それ以外の意味。スマトラで撮る意義。みたいな本質が見えて来なかったのかな、映画I.Qが少ないからなのか。
でも、もうちょい練っても良かったんじゃないかな?と思う。

マーティー
マーティーさん / 2018年5月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ちょっと理解不能です。

面白いストーリーで始まり、もう少し練り直したらと思うと
残念です。

びわ湖のこーちゃん
びわ湖のこーちゃんさん / 2018年5月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

魂の物語

これは、彷徨う魂の物語だと思う。
ラウが何者かというより、それぞれの魂が行き着く先を求めているのだと。
生きているとか、すでに亡くなっているとかを問わず、何かを求めて彷徨う魂の。
はるばる日本からインドネシアにやって来て生活している貴子が抜け殻になったように崩れる場面を観て、もしかしたら貴子はインドネシアの地震で亡くなっていて、貴子の魂は日本に帰りたがっていたんじゃないかと深読みしてしまった。

ワンコ
ワンコさん / 2018年5月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美しく気まぐれ、そして不条理な〝ラウ〟

鑑賞後、ずっと余韻が消えない。
意識がふーっとスマトラ島のバンダ・アチェに引き戻されていく。
私の心は、まだ美しい海辺をふわふわと彷徨っている。

海から突如現れた美しく無垢な男ラウ(ディーン)。
いつも静かに微笑んでいる謎の人。
ラウの周辺ではさまざまな不可思議な現象が起こり始める。
彼は天使なのか、悪魔なのか…
はたまた、その両方なのか。

NPO法人で災害復興の仕事に就くタカコ役を鶴田真由さん。
その息子タカシ役を太賀さん。
2人の見事なインドネシア語にびっくり。
姪のサチコ役、阿部純子さんの英語も素晴らしい。

オール・インドネシアロケで撮影された不思議な世界観のなかに見え隠れする荘厳なテーマ。

人間ドラマ?
青春ラブストーリー?
ファンタジー?
ノンフィクション?
その全部ひっくるめたかのような深田監督オリジナル脚本。

深田晃司監督の伝えたいメッセージが優しく溢れている作品。
鑑賞後は友達や映画仲間と…ああだ、こうだ語り合いたい映画だった。

おまけ…
おディンのファンタジーだから〜と劇場に走る方々へ
たった1つアドバイスするなら…
鑑賞前にスマトラ沖地震と日本で起きた3.11のことを思い出しておくと深いテーマが見えてくるかもしれません。

あらりん
あらりんさん / 2018年5月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

18件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報