「点を散りばめ余白を多く残したハイブローな作品」海を駆ける まっくん a.k.a. エロくそチキンさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「海を駆ける」 > レビュー > まっくん a.k.a. エロくそチキンさんのレビュー
メニュー

海を駆ける

劇場公開日 2018年5月26日
全23件中、3件目を表示
  •  
映画レビューを書く

点を散りばめ余白を多く残したハイブローな作品

「ほとりの朔子」で出会い、「さようなら」と「淵に立つ」をマイベストワンとした深田晃司監督。思い入れマックスの状態で臨んだ。

今回はインドネシアが舞台。

太平洋戦争、スマトラ沖地震、3.11など過去の記憶の断片がドキュメンタリーの如くインタビューで語られる。インドネシアの老人たちの日本に対する心情も僅かに吸い上げていく。

ディーン・フジオカの存在は対照的だ。海から現れ、善を施し、悪を施し、海へ還っていく。海の神の如き彼の存在が今作にファンタジーの側面をもたらしている。

日本から移住しNPO法人で災害復興の仕事をする母(鶴田真由子)とインドネシアで生まれインドネシア国籍を選択したた息子(太賀)、そして日本人と何の違和感もなく接するインドネシアの若者たち。

そのすべてが「対照」を形作りながら終焉を迎える。

点を散りばめ余白を多く残したこの作品は、観たものに線をつなげ余白を埋める作業を求める。そういった意味では観る人を選ぶハイブローな作品だろう。

「さようなら」と「淵に立つ」は対照的な作品だった。そして「淵に立つ」と今作もまさに対照的な作品だ。深田監督自身、決して媚びることなく、今後も振幅の大きな作品を撮り続けていただけたらと…

まっくん a.k.a. エロくそチキン
さん / 2018年9月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報