「「海を駆ける」奇跡」海を駆ける エイブルさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「海を駆ける」 > レビュー > エイブルさんのレビュー
メニュー

海を駆ける

劇場公開日 2018年5月26日
全22件中、17件目を表示
  •  
映画レビューを書く

「海を駆ける」奇跡

人間は海の力を前に無力。
同時に、生命の源は海。

そんな海は人間にとってままならぬ神秘であり、
また同時に、我が身の存在自体ままならぬ神秘であるという事実に自らは盲目になりがちなのもまた人間。

知性の利器たる言語=英語、を介して自由を求め合う若者たちは、互い小競り合いながら何かしらに導かれ、
海の権化たるディーンフジオカに救われる。
救われた者らのみ、海を駆ける奇跡を起こす。

派手な映像的な興奮や粗筋のサスペンス感は望めませんが、
人間という、所詮は棺に収まるまでの、可能性の限られた存在、その存在自体、すでに各々未解決の物語性を持って、人物自体を生きる事件、として描いている。
そして、遂にその棺は、奇跡により突破される。
大江健三郎的?快感にため息。

神話を暖簾分けしたような物語。

小手先のことを言うと、ハネケ風のビデオやテレビ画面が散見されるが、
効果は微妙。

エイブル
さん / 2018年5月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報