劇場公開日 2018年5月26日

  • 予告編を見る

「不思議なテイストのファンタジー作品。心に残る。」海を駆ける NOBUさんの映画レビュー(感想・評価)

3.128
8%
36%
41%
11%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0不思議なテイストのファンタジー作品。心に残る。

NOBUさん
2019年7月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

幸せ

ディーンフジオカ演じる、忽然と海から現れた不思議な男ラウ(インドネシア語で「海」を意味するそうです) の佇まいに引き込まれる。

スマトラ地震の被災地であるパンダ・アチェを舞台に、物語はラウが行う不思議な行為を見せつつ緩やかに進む。

ラウを取り巻く鶴田真由、太賀、阿部純子が良い。特に太賀の役作り(現地語を滑らかに喋る風貌と相まって)に驚く。良い役者さんである。

生き物の生と死の有り様は人知の及ばない何かに委ねられている というメッセージを私は感じた。

ラストシーンも含めて、心に残る作品である。

<2018年7月2日 劇場にて鑑賞 セカンド上映>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU
「海を駆ける」のレビューを書く 「海を駆ける」のレビュー一覧へ(全28件)
「海を駆ける」の作品トップへ