羊と鋼の森

劇場公開日:

解説

ピアノ調律師の青年の成長を描き、2016年・第13回本屋大賞を受賞した宮下奈都の小説を、山崎賢人の主演で映画化。将来の夢もなく生きていた外村は、高校でピアノ調律師の板鳥と出会い、板鳥の調律したピアノの音色に魅せられ、その日から自身も調律の世界を目指すことを決意。専門学校を出て新米調律師として働くようになった外村は、調律師の先輩・柳やピアニストの高校生姉妹・和音と由仁ら、調律を通して知り合う人々とのかかわりによって、調律師として、そしてひとりの人間として成長していく。山崎が主人公・外村に扮し、外村が調律の世界に足を踏み入れるきっかけとなった板鳥を名優・三浦友和が演じる。また、実の姉妹である上白石萌音と上白石萌歌が姉妹の和音と由仁をそれぞれ演じ、初共演した。監督は「orange オレンジ」でも山崎とタッグを組んだ橋本光二郎。

2018年製作/134分/G/日本
配給:東宝

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20

(C)2018「羊と鋼の森」製作委員会

映画レビュー

4.0映像が共感覚の要素を強化した

2020年4月28日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

幸せ

当たり前だが、文章は音を鳴らせない。必然的に、文章で音や音楽を扱うとき、擬音や比喩を用いて読み手の脳内に音を再構築しようと試みる。どんな言葉や表現を用いるかは作家の腕の見せ所。印象的な題名の、羊は弦をたたくハンマーの素材を、鋼は弦の素材を表すが、それらが多数みっちりとピアノの本体に収まる様子を「森」とまとめた宮下奈都のセンスが秀逸だ。森は、外村が板鳥の調律したピアノの音を聴いた時にイメージする情景でもある。

一方映画は、映像に合わせて音を流せる。原作で音をイメージさせる視覚情報が指定されている場合、一義的には小説の世界を忠実に観客へ伝える意味があるが、もう一つ見逃せない効果がある。それは、聴覚情報が視覚情報を喚起するというある種の“共感覚”を、観客に疑似体験させる効果だ。

橋本光二郎監督作に関して、「orange」「小さな恋のうた」は自分に合わなかったが、本作は面白かった。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
高森 郁哉

5.0 山崎くんが繊細で、森の比喩が素晴らしかった。上白石のきょうだいの...

2023年1月26日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

 山崎くんが繊細で、森の比喩が素晴らしかった。上白石のきょうだいの配置と設定も興味深かった。最近は天然お茶目役が多いお姉さんの方、この役では繊細でよかった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
えみり

3.0曲は本当に良い

2022年11月25日
iPhoneアプリから投稿

調律師にフォーカスが当たるのは新しい。
萌歌ちゃんみたいにずっと音楽に携わっていた子が調律師の道を目指すのは理解できるが
主人公が調律師を目指す動機の描写が雑すぎるのではないか。本当に一耳惚れだけであそこまでのめり込めるものだろうか?
フィクションだから、そこは目をつぶるのか・・・
メインテーマが良くて観たが、ストーリーは面白くなかった。
期待していたのですが、残念

コメントする (0件)
共感した! 2件)
葉

4.5ピアノの傍らにたたずむ美しい魂

2022年9月15日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、映画館

ピアノ調律師・・・ピアニストにとっては、かけがえのない相棒。
でも調律師は究極の裏方のひとりです。
そんな慎ましくも密やかな調律師・外村直樹を山崎賢人が好演して
います。
ピアノ好き音楽好きには堪らない映画でした。

外村の最初の顧客、音大を目指す美しい姉妹、
佐倉和音と佐倉由仁を実際の姉妹・上白石萌音と上白石萌歌の2人が
情感いっぱいに演じて感動的です。

ピアノは「羊」の糸で作られたハンマーを、「鋼」の弦をたたくことで
音が鳴ります。
そこから原作者の宮下奈都が「羊と鋼の森」と題名をつけました。
映画も題名通り、詩情に溢れ爽やかさと静けさに包まれます。
外村直樹の調律師としての成長物語であると共に、佐倉姉妹のピアニストになる
鍛錬の難しさ・その苦悩と挫折も細やかに描かれています。

萌音さんと萌歌さんの演奏場面は動きの躍動感がまるで彼女たちが実際に
弾いているような素晴らしさで、2人の非凡な才能を垣間見ることが出来ます。

ピアノ挿入曲は多数で美しい演奏を堪能しました。
ラヴェルの「水の戯れ」
ショパン・エチュード9番「蝶々」
ベートーベンのピアノソナタ「熱情」
姉妹の連弾演奏でモーツァルトの「キラキラ星変奏曲」
そして調律先の廃屋の青年が弾くショパンの「子犬のワルツ」
(・・・この青年の演奏は切なかった)

忘れてならないのは外村直樹が生まれ育った北海道の山村の森。
森が繊細な響きを聴き分ける彼の音感を育てたのでしょう。
そして勤務地・北海道旭川市周辺の自然の豊かさと美しさ。
雪景色に先輩調律師・鈴木亮平の運転する赤いジープや山崎賢人の乗る
ミリタリーカラーの軽自動車が映えました。

計算も打算もない、清潔感溢れる本作品。
気持ちが洗われるようでした。

コメントする 2件)
共感した! 8件)
琥珀糖
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る