羊と鋼の森

劇場公開日

羊と鋼の森
19%
46%
28%
4%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ピアノ調律師の青年の成長を描き、2016年・第13回本屋大賞を受賞した宮下奈都の小説を、山崎賢人の主演で映画化。将来の夢もなく生きていた外村は、高校でピアノ調律師の板鳥と出会い、板鳥の調律したピアノの音色に魅せられ、その日から自身も調律の世界を目指すことを決意。専門学校を出て新米調律師として働くようになった外村は、調律師の先輩・柳やピアニストの高校生姉妹・和音と由仁ら、調律を通して知り合う人々とのかかわりによって、調律師として、そしてひとりの人間として成長していく。山崎が主人公・外村に扮し、外村が調律の世界に足を踏み入れるきっかけとなった板鳥を名優・三浦友和が演じる。また、実の姉妹である上白石萌音と上白石萌歌が姉妹の和音と由仁をそれぞれ演じ、初共演した。監督は「orange オレンジ」でも山崎とタッグを組んだ橋本光二郎。

2018年製作/134分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20

(C)2018「羊と鋼の森」製作委員会

映画レビュー

4.0映像が共感覚の要素を強化した

2020年4月28日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

幸せ

当たり前だが、文章は音を鳴らせない。必然的に、文章で音や音楽を扱うとき、擬音や比喩を用いて読み手の脳内に音を再構築しようと試みる。どんな言葉や表現を用いるかは作家の腕の見せ所。印象的な題名の、羊は弦をたたくハンマーの素材を、鋼は弦の素材を表すが、それらが多数みっちりとピアノの本体に収まる様子を「森」とまとめた宮下奈都のセンスが秀逸だ。森は、外村が板鳥の調律したピアノの音を聴いた時にイメージする情景でもある。

一方映画は、映像に合わせて音を流せる。原作で音をイメージさせる視覚情報が指定されている場合、一義的には小説の世界を忠実に観客へ伝える意味があるが、もう一つ見逃せない効果がある。それは、聴覚情報が視覚情報を喚起するというある種の“共感覚”を、観客に疑似体験させる効果だ。

橋本光二郎監督作に関して、「orange」「小さな恋のうた」は自分に合わなかったが、本作は面白かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
高森 郁哉

3.0音楽

penguinさん
2021年12月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

映画だけ見た感想で、
冒頭の霧の中のような映像表現がすごく綺麗だったり、音を聴いて違う世界に飛び立っていく感覚と表現などはすごく良かったのですが、なんとなく視聴者側をも、音楽に合わせてなあなあのうちに飛び立たせようとしてると感じたところがなんとなく微妙でした。
なんというか綺麗なものを感じた部分があっただけに、人物やお話の掘りの薄さがかなり残念だな、と感じました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
penguin

4.5調律師とピアニストの心境がよくわかる。深い!

2021年9月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

私自身ピアノをやっているため、ピアノでコンクール入賞を目指す姉妹のの気持ちが痛いほどよく染みます。また調律師=チューナーはピアニストとの信頼関係や理解がいかに大事か、そして本当の音ととは、調律師が目指すものとは?という禅問答のような話はとても深いもので考えさせられました。
専門性が高いと不評もあるようですが、専門性を追求したこの作品はピアノに関係する人からしたら素晴らしい内容だと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ホワイトサンド

3.5映像、音楽、美しい

momoさん
2021年8月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

幸せ

調律師さんがメインのお話。
音楽を題材とする映画の見処のひとつとも言える音の表現が、単純にピアノの音色が良いという以外にも素敵だった。
映像も綺麗で、特に光の描写は美しい。
セリフが少なめでストーリー自体も淡々としているから好みは分かれそうだけど、個人的には好き。
映画館で観たかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
momo
すべての映画レビューを見る(全207件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る