羊と鋼の森

劇場公開日:

羊と鋼の森

解説

ピアノ調律師の青年の成長を描き、2016年・第13回本屋大賞を受賞した宮下奈都の小説を、山崎賢人の主演で映画化。将来の夢もなく生きていた外村は、高校でピアノ調律師の板鳥と出会い、板鳥の調律したピアノの音色に魅せられ、その日から自身も調律の世界を目指すことを決意。専門学校を出て新米調律師として働くようになった外村は、調律師の先輩・柳やピアニストの高校生姉妹・和音と由仁ら、調律を通して知り合う人々とのかかわりによって、調律師として、そしてひとりの人間として成長していく。山崎が主人公・外村に扮し、外村が調律の世界に足を踏み入れるきっかけとなった板鳥を名優・三浦友和が演じる。また、実の姉妹である上白石萌音と上白石萌歌が姉妹の和音と由仁をそれぞれ演じ、初共演した。監督は「orange オレンジ」でも山崎とタッグを組んだ橋本光二郎。

2018年製作/134分/G/日本
配給:東宝
劇場公開日:2018年6月8日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

インタビュー

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20

(C)2018「羊と鋼の森」製作委員会

映画レビュー

4.0映像が共感覚の要素を強化した

2020年4月28日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

幸せ

当たり前だが、文章は音を鳴らせない。必然的に、文章で音や音楽を扱うとき、擬音や比喩を用いて読み手の脳内に音を再構築しようと試みる。どんな言葉や表現を用いるかは作家の腕の見せ所。印象的な題名の、羊は弦をたたくハンマーの素材を、鋼は弦の素材を表すが、それらが多数みっちりとピアノの本体に収まる様子を「森」とまとめた宮下奈都のセンスが秀逸だ。森は、外村が板鳥の調律したピアノの音を聴いた時にイメージする情景でもある。

一方映画は、映像に合わせて音を流せる。原作で音をイメージさせる視覚情報が指定されている場合、一義的には小説の世界を忠実に観客へ伝える意味があるが、もう一つ見逃せない効果がある。それは、聴覚情報が視覚情報を喚起するというある種の“共感覚”を、観客に疑似体験させる効果だ。

橋本光二郎監督作に関して、「orange」「小さな恋のうた」は自分に合わなかったが、本作は面白かった。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
高森 郁哉

4.0日本にはこんなスポ根調律師がいるのか?

2024年5月30日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする 1件)
共感した! 8件)
マサシ

3.5無口な映画

2024年1月7日
iPhoneアプリから投稿

無口だけど、もの足りない分をピアノの音が補ってくれている。音楽は喋るっていうけどそれを少し感じたような。

“ピアノで食べていこうと思ってない。食べに行くんだよ。”って痺れた。生きていくためにピアノを弾くんじゃない、ピアノを弾くために生きているんだ。
才能とは、何があっても手放せない、心の奥底から執着した産物の結果ともいえるのかなと考えることが出来た。

生きる理由を超越した、才能の様なものを自分も見つけたいと思った。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
みそのぐ

3.0成長物語

2023年12月15日
スマートフォンから投稿

ピアノ姉妹と主人公の成長物語。
若い人が頑張る姿というのは、応援したくなる。
眠たくなったけど、音楽は良かった。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
なこ
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る