佐野勇斗ら「小さな恋のうたバンド」が歌舞伎町でバンド演奏、ファン1500人を魅了 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年5月23日 > 佐野勇斗ら「小さな恋のうたバンド」が歌舞伎町でバンド演奏、ファン1500人を魅了
メニュー

佐野勇斗ら「小さな恋のうたバンド」が歌舞伎町でバンド演奏、ファン1500人を魅了

2019年5月23日 20:30

「MONGOL800」の代表曲をモチーフにした青春映画「小さな恋のうた」

「MONGOL800」の代表曲をモチーフにした青春映画
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 沖縄出身のバンド「MONGOL800」の代表曲をモチーフにした青春映画「小さな恋のうた」の公開前夜祭イベントが5月23日、東京・新宿の歌舞伎町シネシティ広場で行われ、主演の佐野勇斗をはじめ、森永悠希山田杏奈眞栄田郷敦鈴木仁が登場。駆けつけたファン1500人を前に、佐野ら5人は「小さな恋のうた」「あなたに」の2曲をバンドで生演奏し、本作のために、半年以上の練習を重ねたという成果を披露した。

沖縄の高校生たちが、バンド活動を通じて仲間や家族、フェンスを隔てた米軍基地に暮らす同世代の少女に思いを届けようとする姿を描く。「orange オレンジ」「羊と鋼の森」の橋本光二郎監督がメガホンをとった。

主演の佐野は「去年の5月にメンバーと初めて会ったときは、もりりん(森永)がドラム経験あったくらいで、僕らは楽器を触ったことがなくて。これはやばいんじゃないかと思った」と当初の不安を告白。それでも「映画の撮影で、半年の練習期間ってなかなかない。多くの皆さんが支えてくださり、僕らも毎週のように集まって、本当のバンドのような関係性が築けた。それが映画にも表れている」と胸を張った。

本作で俳優デビューを飾った眞栄田は「なぜ今、役者をやっているかと言えば、この作品、このキャスト、このスタッフと出会えたことが一番大きい」と強い思い入れを示し、「ゼロからのスタートなので、作品を通して、成長しかないというか。毎日毎日、演技も楽器も学ばせていただいた」と自身のスタートラインについて語った。

佐野ら5人は「小さな恋のうたバンド」名義で5月22日に、MONGOL800のカバー全4曲が収録されたデビューシングル「小さな恋のうた」をリリース。映画「小さな恋のうた」は5月24日より全国140スクリーンで封切られる。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報