きっと、星のせいじゃない。
ホーム > 作品情報 > 映画「きっと、星のせいじゃない。」
メニュー

きっと、星のせいじゃない。

劇場公開日

解説

不治の病にかかった若い男女の恋を描いた全米ベストセラー小説「さよならを待つふたりのために」(岩波書店刊)を、「ファミリー・ツリー」「ダイバージェント」のシャイリーン・ウッドリー主演で映画化し、全米で大ヒットを記録した青春映画。脚本を「(500)日のサマー」も手がけたスコット・ノイスタッター&マイケル・H・ウェバーが担当。末期のガン患者で酸素ボンベが手放せない少女ヘイゼルは、両親に言われて嫌々ながら参加したガン患者の集会で、片脚を切断して骨肉腫を克服した青年ガスと出会う。ガスは独自の感性をもったヘイゼルに恋をするが、ヘイゼルは相手を傷つけることを恐れて距離を置こうとする。しかし、大好きな作家の話題がきっかけで2人は距離を縮めていき、その作家に会うためオランダへ旅立つ。そして旅の最終日、ガスはヘイゼルに重大な事実を打ち明ける。

作品データ

原題 The Fault in Our Stars
製作年 2014年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス映画
上映時間 126分
映倫区分 PG12
ハッシュタグ

#きっと星

オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

難病モノだけどお涙頂戴じゃない、誠実な青春ラブストーリー
きっと、星のせいじゃない。の映画評論・批評

いわゆるお涙頂戴の難病映画を挙げると、洋画なら「ある愛の詩」、邦画なら「世界の中心で、愛をさけぶ」あたりが代表格。でも近年は、難病や重度の障害を扱いながらも、シリアスになりすぎず感傷におぼれず、個性的な登場人物たちをユーモアも交えて描...きっと、星のせいじゃない。の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全170件)
  • 私にも共感できる出来事が… 16歳のヘイゼル・グレイスは13歳で甲状腺がんとなって肺に転移、酸素ボンベが欠かせない生活をおくる。 大半をベッドの上で過ごし、同じ本を繰り返し読んで 死について考えていたヘイゼルを心配して母親... ...続きを読む

    mami mamiさん  2018年6月10日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • クチコミは賛否あるんですが、私的にはとにかく前向きなカップルに感動です。 クチコミは賛否あるんですが、私的にはとにかく前向きなカップルに感動です。 ...続きを読む

    むっしゅ むっしゅさん  2018年5月23日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 泣ける 別々の病と闘っている二人が惹かれあい 恋におちていく。それがあまりに自然で美しい。 病気を持ってる人間にしかわからないことがあり、 その苦しみを二人でぶつけながら、 深い愛に包まれた二人は やが... ...続きを読む

    Blue. Blue.さん  2018年4月23日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「きっと、星のせいじゃない。」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi