ヒミズ
ホーム > 作品情報 > 映画「ヒミズ」
メニュー

ヒミズ

劇場公開日

解説

ギャグ漫画「行け!稲中卓球部」で人気を博した古谷実が、ギャグを封印して若者の心の暗部を浮き彫りにしたコミック「ヒミズ」を、「冷たい熱帯魚」「恋の罪」の鬼才・園子温監督が実写映画化。ごく普通に生きることを願っていた祐一と、愛する人と守り守られ生きていくことを夢見る景子。ともに15歳の2人の日常が、ある事件をきっかけに絶望と狂気に満ちたものへと変わっていく様子を描く。主演は「パンドラの匣」の染谷将太と、「劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ」の二階堂ふみ。2011年・第64回ベネチア国際映画祭では、染谷と二階堂がそろってマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞した。

スタッフ

監督
製作
依田巽
エグゼクティブプロデューサー
小竹里美
プロデューサー
梅川治男
山崎雅史
原作
古谷実
脚本
園子温
撮影
谷川創平
美術
松塚隆史
照明
金子康博
録音
深田晃
編集
伊藤潤一
音楽
原田智英
音響効果
齋藤昌利
アクション監督
坂口拓

作品データ

製作年 2011年
製作国 日本
配給 ギャガ
上映時間 129分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

受賞歴

第36回 日本アカデミー賞(2013年)

ノミネート
新人俳優賞 二階堂ふみ
新人俳優賞 染谷将太

第68回 ベネチア国際映画祭(2011年)

受賞
マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞) 染谷将太 二階堂ふみ

インタビュー

染谷将太&二階堂ふみ、快挙を置き去りにする新たな一歩
インタビュー

「愛のむきだし」がベルリン国際映画祭、「冷たい熱帯魚」がベネチア国際映画祭、「恋の罪」がカンヌ映画祭──ここ数年に発表した3作は3年連続で世界三大映画祭に招かれ、いずれも絶賛を浴びた鬼才・園子温監督。最新作「ヒミズ」を手に再びベネチア...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

染谷将太がみずみずしい。けっこうハートに来る映画だ
ヒミズの映画評論・批評

若者の暴れる映画に、私は点が辛い。素材が手に入れやすく、調理に手間をかける必要がなく、客の味覚にも訴えやすいからだ。つまり俗耳に受け入れられやすいわけで、そんなものはおいそれと褒めるわけにいかない。もちろん、例外はある。「仁義なき戦い...ヒミズの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全124件)
  • 内容は暗い なのに、借りてきて、何回も見てしまった。 人それぞれ色んなことと戦って、 もがいて苦しんでいるんだと感じた。 そこで、手を差し伸べてくれる人がいたから主人公は救われたのかなって思う。 ほんとは、... ...続きを読む

    maimai maimaiさん  2018年9月26日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • ただただ胸くそ悪い ネタバレ! 主人公の生い立ちが悲惨すぎる。 父親も母親もくず。 そして被災する。 同級生の女の子に好かれるも女の子にも殴る蹴るの態度。 そしてその女の子もまた家庭環境がやばい。 そして主人公の男の子はいよい... ...続きを読む

    cenriv cenrivさん  2018年8月5日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • 日不見 二人がめちゃめちゃ良い。このラストもまた良しで名作です。 ...続きを読む

    yonda? yonda?さん  2018年7月13日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

シン・ゴジラ バケモノの子 何者 バクマン。
シン・ゴジラ バケモノの子 何者 バクマン。
  • Powered by Amazon

他のユーザーは「ヒミズ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi