約束のネバーランド

劇場公開日:

解説

テレビアニメ化もされた「週刊少年ジャンプ」連載の人気コミック「約束のネバーランド」を実写映画化。自然の中に建てられた楽園のような孤児院「グレイス=フィールドハウス」。そこで暮らす子どもたちは、母親代わりの優しいイザベラを「ママ」と呼んで慕い、いつか里親に引き取られる日を待ちわびている。年長者のエマ、レイ、ノーマンも、外の世界で待つ幸せな暮らしを信じていた。ある日、里親が見つかり孤児院を去ることになったコニーを見送ったエマとノーマンは、彼女が大切にしていた人形を忘れて行ったことに気づく。コニーに人形を届けるため、近づくことを固く禁じられていた「門」へ向かった2人は、そこで無残にも命を奪われ、食料として出荷されるコニーの姿を目撃する。彼らが楽園だと信じていた孤児院は、実は「鬼に献上する食用児を育てる農園」で、ママは「最上級の食用児を育てる飼育監」だったのだ。全てが偽りだったと気づいたエマたちは、孤児全員を引き連れた無謀ともいえる脱獄計画に乗り出す。エマを「君の膵臓をたべたい」の浜辺美波、レイを「万引き家族」の城桧吏、ノーマンを「仮面ライダージオウ」の板垣李光人がそれぞれ演じる。「僕だけがいない街」の監督・平川雄一朗と脚本家・後藤法子が再タッグを組んだ。

2020年製作/118分/G/日本
配給:東宝

スタッフ・キャスト

監督
原作
白井カイウ
出水ぽすか
脚本
後藤法子
製作
石原隆
瓶子吉久
市川南
プロデューサー
村瀬健
小林美穂
撮影
今村圭佑
照明
小林暁
録音
渡辺真司
美術
清水剛
装飾
湯澤幸夫
スタイリスト
百瀬豪
ヘアメイク
山田みずき
高桑里圭
VFXスーパーバイザー
太田貴寛
音響効果
猪俣泰史
編集
伊藤伸行
音楽
得田真裕
音楽プロデューサー
谷口広紀
主題歌
ずっと真夜中でいいのに。
監督補
塩崎遵
記録
栗原節子
ラインプロデューサー
大熊敏之
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22

(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会

映画レビュー

3.0悪くない

2022年11月11日
PCから投稿

人気作品だから、製作発表当時から色々キャスティングでも設定でも言われてたけど
昨今の原作どこいった?まではひどくない。
ただ浜辺美波は演技は悪くないけどさすがに年齢的にミスキャスティングかなと思うし、
レイ役の子も一人だけ子役芝居に見えて気になった。
変声期とか言う話だったけどそういう問題じゃない気もする。
子役特有の一つ一つ言葉をはっきりいうし、セリフ言い終わるまで顔の表情や
体の表現が固くてぎこちない感じ。
設定も別に海外の名前にこだわらなくてもいいのにと思った。
実際に子供たちは国際色豊かにしてるんだから日本名の子がいたって
見てる方は別にそこまで違和感はないと思う。
日本人顔なのにノーマンとか呼ばれてる方が違和感。
良かったのは北川景子。
演技ヘタと言われがちだけどこの役は意外とハマってたし
すごく物語を引き立てていた。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
ごぼう

4.0いいと思う!

2022年11月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

幸せ

萌える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
ゆあ

2.5まずまず、、

2022年10月15日
スマートフォンから投稿

北川景子は完全にママで良かった。あとノーマン役の板垣李光人くんがガチイケメンガチノーマンで最高だった。そこはアガった。
けどレイ役の子が度々おっ、?ってなる演技で残念だった。調べたら声変わりで別撮り?とか聞いたけど、だったらこの演技でも仕方ないね〜頑張ったね〜とかなる訳ないし、大勢のファン抱えた作品の実写なんだからキャスティングも監督も責任持ってくれ、、

浜辺美波可愛かった〜物語的にはまとまってて大失敗はしてない感じ

コメントする (0件)
共感した! 1件)
らりり

2.0三大美人

2022年9月19日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

何とグロテスクな物語!私たち人間が牛さん、豚さんに対して、特に良心の呵責を覚えることもなく、当然のようにやっていることについて、考えさせられました。設定は強烈ですが、それほど深い謎解きやひねりもなく、平板な印象でした。浜辺美波、北川景子、渡辺直美の3人は、さすがにそれぞれのキャラが立っていて、三人三様の美が感じられました。エンディングはよかったです。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
赤ヒゲ
すべての映画レビューを見る(全385件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る