八日目の蝉

ALLTIME BEST

劇場公開日:

八日目の蝉

解説

直木賞作家・角田光代の原作小説を、井上真央、永作博美の主演で映画化したヒューマンサスペンス。監督は「孤高のメス」の成島出。1985年、自らが母親になれない絶望から、希和子(永作)は不倫相手の子を誘拐してわが子として育てる。4歳になり初めて実の両親の元に戻った恵理菜(井上)は、育ての母が誘拐犯であったと知り、心を閉ざしたまま成長する。やがて21歳になった恵理菜は妊娠するが、その相手もまた家庭を持つ男だった……。

2011年製作/147分/G/日本
配給:松竹
劇場公開日:2011年4月29日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第35回 日本アカデミー賞(2012年)

受賞

作品賞  
監督賞 成島出
脚本賞 奥寺佐渡子
主演女優賞 井上真央
助演女優賞 永作博美
音楽賞 安川午朗

ノミネート

助演女優賞 小池栄子
新人俳優賞 渡邉このみ
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2011映画「八日目の蝉」製作委員会

映画レビュー

3.0原作とドラマのが良い、俳優がイマイチ。

2024年4月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

原作が大好きで映画を観てガッカリ。
井上真央ではない、しっくりこない。
原作ご素晴らしいからカットされた映画は残念。
ドラマのがまだ良かった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ひろひろ

5.0封印されていた薫の記憶が呼び起こされる

2024年4月20日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

原作小説は10数年前に読了。そのため記憶の怪しい部分があるが、今作は原作以上に素晴らしい出来栄えだと思う。

忌まわしい事件の記憶を封印していた薫が、かつて自分が過ごした場所を訪れることで徐々に記憶の封印を解いていく。そして忌まわしい記憶という認識は誤りだったことに気づく。薫は普通の家庭で育って無いから、これから生まれてくる子供にどう接していいか分からなかった。しかし、実は自分が希和子に愛情をもって育てられていたため、子供にも同様に接すればいいのだと気付いた。そのため薫は、これまでのくすんだ灰色に見えていた自分の人生が、急に彩りを持ったように見え方が大きく変わったのだ。

希和子を演じる永作博美の演技が、文句のつけようが無いほど素晴らしいのがさらに感動を誘う。地域のイベントに参加したり、近所の子ども達と話したりする姿は、まさに愛情に溢れた優しい母親そのものだった。写真館の無愛想な店主も、色々察しているはずだがそれを態度や言葉に出さないところが、人それぞれの人生があることを理解しているように感じられてしみじみとする。

さらに、小豆島の美しさが素晴らしい。山の上から見える夕焼けに染まった海や山林の眺望や、ヒグラシの鳴き声が日本の夏を感じさせる。これらの映像が、希和子と薫の過ごした時間と合わさって、2人の色褪せない思い出になっているのを感じられる。

コメントする 1件)
共感した! 2件)
根岸 圭一

4.5『見上げてごらん、夜の星を』

2024年3月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

数年前にこの本読んで泣いたが、映画でも泣いた。

『この子は、まだご飯食べてないの!』

愛情を持って育てられた記憶は、忘れられない。

それだけに、強制的に別れさせられた心の傷は癒せない。

誘拐犯が身勝手に、あちこちと子供を振り回した、という

見方もできるかもしれないが、自分は、愛情を持って育てることの

大切さを感じた。

本では、小豆島に渡る薫を、遠くでキワコが見ていた。

いずれ、薫の子と三人で暮らせたらいいねと、読後に感じた。

正直、本は超えないだろうなと思いながら観てたが、

永作博美がすごく良くて、切なさが尾をひく。

コメントする (0件)
共感した! 3件)
藤崎敬太

3.5男が悪いな

2024年3月20日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする 1件)
共感した! 7件)
りか
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る