八日目の蝉
ホーム > 作品情報 > 映画「八日目の蝉」
メニュー

八日目の蝉

劇場公開日

解説

直木賞作家・角田光代の原作小説を、井上真央、永作博美の主演で映画化したヒューマンサスペンス。監督は「孤高のメス」の成島出。1985年、自らが母親になれない絶望から、希和子(永作)は不倫相手の子を誘拐してわが子として育てる。4歳になり初めて実の両親の元に戻った恵理菜(井上)は、育ての母が誘拐犯であったと知り、心を閉ざしたまま成長する。やがて21歳になった恵理菜は妊娠するが、その相手もまた家庭を持つ男だった……。

スタッフ

監督
原作
角田光代
脚本
奥寺佐渡子
撮影
藤澤順一
照明
金沢正夫
美術
松本知恵
録音
藤本賢一
編集
三條知生
音楽
安川午朗
主題歌
中島美嘉

キャスト

作品データ

製作年 2011年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 147分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第35回 日本アカデミー賞(2012年)

受賞
作品賞  
監督賞 成島出
脚本賞 奥寺佐渡子
主演女優賞 井上真央
助演女優賞 永作博美
音楽賞 安川午朗
ノミネート
助演女優賞 小池栄子
新人俳優賞 渡邉このみ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

親の幸福追求にさいなまれた娘の魂は癒されるのか
八日目の蝉の映画評論・批評

まず脚本の妙に引き込まれる。母と娘を描いた原作の2部構成に大胆な改変を施したのだ。不倫相手の妻の赤ん坊をさらった希和子(永作博美)が逃亡を繰り広げる発端が過去へと追いやられ、冒頭に配されたのは、彼女が法廷で裁きを受ける場面。必死の歳月...八日目の蝉の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全129件)
  • 子供を勝手に堕ろそうとすんな! 妊娠したことを男に言わずに勝手に堕ろそうとする身勝手な女(井上真央)に腹が立ちました。 やろうとしてること誘拐殺人と変わらんやん!それはスルーか!? 芝居もいかにも邦画ですね。芸能人の学芸会です... ...続きを読む

    No more 劇場 No more 劇場さん  2018年10月31日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • 違和感を感じたり 井上真央は良くないな。 松潤がセクシー女優の葵つかさの方が好きなのがよくわかる。 どちらかといえばそれですかね。 井上真央はそれなりに美しいのに、そそられないのだ。 性的なものが感じられない。 ... ...続きを読む

    アサシン アサシンさん  2018年10月6日  評価:1.0
    このレビューに共感した/2
  • 原作忘れた頃に観ると素晴らしい 公開当時に原作を読んだばかりでみたので、原作との違いがとても気になり今ひとつだったのですが、数年たち、記憶もすでに薄れた状態で改めて見てみました。 原作の映画化は二時間の尺の為に削らなければいけ... ...続きを読む

    TRINITY TRINITYさん  2018年8月27日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

ペット エイプリルフールズ ソロモンの偽証 前篇・事件 ちょっと今から仕事やめてくる
ペット (字幕版) エイプリルフールズ ソロモンの偽証 前篇・事件 ちょっと今から仕事やめてくる
  • Powered by Amazon

DVD・ブルーレイ

八日目の蝉 特別版[Blu-ray/ブルーレイ] 八日目の蝉 DVD-BOX[DVD] 八日目の蝉 スタンダード版[DVD] 八日目の蝉 特別版[DVD]
八日目の蝉 特別版[Blu-ray/ブルーレイ] 八日目の蝉 DVD-BOX[DVD] 八日目の蝉 スタンダード版[DVD] 八日目の蝉 特別版[DVD]
発売日:2011年10月28日 最安価格: ¥5,011 発売日:2010年9月24日 最安価格: ¥9,850 発売日:2011年10月28日 最安価格: ¥3,283 発売日:2011年10月28日 最安価格: ¥4,061
Powered by 価格.com

他のユーザーは「八日目の蝉」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi