八日目の蝉 : 映画評論・批評

メニュー

八日目の蝉

劇場公開日 2011年4月29日
2011年4月26日更新 2011年4月29日より丸の内ピカデリーほかにてロードショー

親の幸福追求にさいなまれた娘の魂は癒されるのか

まず脚本の妙に引き込まれる。母と娘を描いた原作の2部構成に大胆な改変を施したのだ。不倫相手の妻の赤ん坊をさらった希和子(永作博美)が逃亡を繰り広げる発端が過去へと追いやられ、冒頭に配されたのは、彼女が法廷で裁きを受ける場面。必死の歳月はいきなり総括され、業を抱えて成長した娘・恵理菜(井上真央)の視点に比重を寄せたドラマであることが強調される。

冷え冷えとした娘の現在と温かな母の子育ての過去。カットバックされ交互に描かれていくことで、恵理菜の記憶にはない思い出が手繰り寄せられていくかのような効果がある。そしてあぶり出されてくるのは、母性というものの底知れぬ偉大さ。さらには、娘にとっての幸福な原風景が、本来憎むべき相手と無条件で愛し愛される関係の日々だったという大いなる矛盾。罪深き聖母ともいえる永作博美の表情には凄みさえ感じられ、逃亡の地・小豆島の美しき風景は愛情に満ち溢れた人生の結晶としてきらびやかに輝いている。

これは、親の幸福追求にさいなまれた娘の魂が、過ちを繰り返すことなく癒されるかと問う、漂流の物語である。7日で世を全うするという蝉にとっての終末後――虚ろな時間はプラスに転化できるのか。何よりも欲望を優先させてきた結果、この国のあらゆるものが溶融していきそうな終わりの始まりを生きる今、喪失の悲しみを抜け出す糸口が、この物語にはあるように思えてならない。恵理菜の苦悩がいかにして鎮められるかを目撃し、希望の在り処を見出したい。

清水節

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

八日目の蝉 特別版[Blu-ray/ブルーレイ] 八日目の蝉 DVD-BOX[DVD] 八日目の蝉 スタンダード版[DVD] 八日目の蝉 特別版[DVD]
八日目の蝉 特別版[Blu-ray/ブルーレイ] 八日目の蝉 DVD-BOX[DVD] 八日目の蝉 スタンダード版[DVD] 八日目の蝉 特別版[DVD]
発売日:2011年10月28日 最安価格: ¥3,758 発売日:2010年9月24日 最安価格: ¥9,370 発売日:2011年10月28日 最安価格: ¥3,283 発売日:2011年10月28日 最安価格: ¥3,728
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全126件)
  • なかなか泣けました なかなか泣けました☆。実の母親よりも誘拐犯に感情移入してしまうのは難点だと思うけれど。 ...続きを読む

    hide1095 hide1095さん  2018年7月23日 18:23  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 全ての元凶は 不倫してたまりな父ですよね? 十分しっぺ返しは受けてるけど。 大切な時期に自分を誘拐した女を実の母親だと信じて育って、当然なつけなくて…。 作中に全部あの女が悪い!みたいなセリフあるけど、いや... ...続きを読む

    Mi Miさん  2018年7月6日 20:00  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • 胸糞悪い ネタバレ! ...続きを読む

    瀬奈 瀬奈さん  2018年6月30日 01:52  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi