ジュディ 虹の彼方に

劇場公開日

ジュディ 虹の彼方に
19%
60%
18%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「オズの魔法使」で知られるハリウッド黄金期のミュージカル女優ジュディ・ガーランドが、47歳の若さで急逝する半年前の1968年冬に行ったロンドン公演の日々を鮮烈に描いた伝記ドラマ。「ブリジット・ジョーンズの日記」シリーズのレニー・ゼルウィガーが、ジュディの奔放で愛すべき女性像と、その圧倒的なカリスマ性で人々を惹きつける姿を見事に演じきり、第92回アカデミー賞をはじめ、ゴールデングローブ賞など数多くの映画賞で主演女優賞を受賞した。1968年。かつてミュージカル映画の大スターとしてハリウッドに君臨したジュディは、度重なる遅刻や無断欠勤によって映画出演のオファーが途絶え、巡業ショーで生計を立てる日々を送っていた。住む家もなく借金も膨らむばかりの彼女は、幼い娘や息子との幸せな生活のため、起死回生をかけてロンドン公演へと旅立つ。共演に「マネー・ショート 華麗なる大逆転」のフィン・ウィットロック、テレビドラマ「チェルノブイリ」のジェシー・バックリー、「ハリー・ポッター」シリーズのマイケル・ガンボン。「トゥルー・ストーリー」のルパート・グールド監督がメガホンをとった。

2019年製作/118分/G/イギリス
原題:Judy
配給:ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第92回 アカデミー賞(2020年)

受賞

主演女優賞 レニー・ゼルウィガー

ノミネート

メイクアップ&ヘアスタイリング賞  
詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17

(C)Pathe Productions Limited and British Broadcasting Corporation 2019

映画レビュー

4.0同情ではなく、ある種の憧れが

2020年3月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

ジュディ・ガーランドの晩年を、まるで、魂を絞り出すように演じるレネー・ゼルウィガーのオスカー演技は当然、見応え充分。しかし、断片的ではあるが、ジュディの子役時代もそれ以上に見ものである。幼くして才能を見出され、MGMミュージカルのスターとして脚光を浴びる陰で、会社から睡眠薬と興奮剤を交互に与えられ、まるで歌って踊るAIのように扱われたジュディ。やはり会社の都合で本当の誕生日よりも早く宣伝用のバースデイ・パーティがセットアップされ、同じく人気子役だったミッキー・ルーニーとの楽しいデートまでが、PRに使われてしまうジュディ。すべては、彼女を徹底的に管理し、洗脳しようとするMGMの首脳、ルイス・B・メイヤーの"子役飼育手段"だったのだ。しかし、舞台袖でルーニーに手を引かれながらも、客席からの拍手喝采に本能的に惹きつけられてしまうジュディは、たとえどんなに辛くても、人々をハッピーにするスターという職業に生きがいを見出してしまった、神から選ばれし人。そこに、同情ではなく、ある種の憧れを感じてしまうのは、筆者だけではないはずだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
清藤秀人

4.5レネイの人生に重なる要素も。子役ダーシ・ショウにも注目!

2020年2月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

楽しい

「オズの魔法使」の世界的ヒットで、十代にしてトップスターになったジュディ・ガーランド。だが後年は薬物・アルコール依存で生活が荒れ仕事を干され、借金苦で子供を元夫に預ける羽目に。そんな彼女が再起をかけて臨んだロンドン公演の日々を中心に、回想シーンを適宜挿入する構成になっている。

「ブリジット・ジョーンズの日記」や「シカゴ」で全盛を誇ったレネイ・ゼルウィガー。だが40代になると役が限られて評価が下がり、6年間の活動休止中には顔の激変も報じられ(美容整形が疑われた)、“終わった人”の烙印を押されかけた。そんな彼女が見事なカムバックを果たしたのだから、ジュディとレネイの人生と重ねて鑑賞した人も多いはずだ(「レスラー」のミッキー・ロークもそうだった)。

若い頃のジュディを演じた新人ダーシ・ショウは、子役時代のジェニファー・コネリーにも似て、無垢な美しさと大きな瞳が印象的。今後の活躍が楽しみだ。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 26 件)
高森 郁哉

4.5繰り返されるスターの生き辛さ

2021年8月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

怖い

興奮

《お知らせ》
「星のナターシャ」です。
うっかり、自分のアカウントにログインできない状態にしていまいました。(バカ)
前のアカウントの削除や取り消しもできないので、

これからは「星のナターシャnova」

以前の投稿をポチポチ転記しますのでよろしくお願いいたします。

==============

一人の大スターの晩年の数日間のステージの様子を
実話と脚色を織り交ぜて綴られた本作。

実生活ではアル中でボロボロの舞台裏から

毎夜毎夜どんな思いで舞台に立っていたか〜

舞台に立つことの恐ろしさや苦しさ
、
それでも一度喝采を浴びた者の性(さが)と言うのか
観客が喜んでくれる姿に自分の存在意義を見出して
さらなる
勇気を貰ってまた舞台に立つ。

エンターテインメントという夢の裏側で
どんなに酷い、セクハラ、パワハラ、

マインドコントロールが行われてきたのか

あまりあからさまには描かれていないけれど

それによって人生が狂ってしまった
一人の女性の最後の輝きの姿に

自然と泣けてきてしまいました。

さすがにアカデミー主演女優賞!!
ワンカットで魅せる歌声が素晴らしい!

で、月に8回程映画館に通う中途半端な映画好きとしては

ジュディー・ガーランドがどれほどのスターであったか
私も含めて多分、今の50代以下の人には解りにくいので
アカデミー主演女優賞を取らなければ
埋もれてしまったかもしれない作品。

私は「午前10時の映画祭」で「オズの魔法使い」や
「ザッツ・エンターテインメント」を観てるので
大スターのジュディー・ガーランドを記憶していて、
あの晴れやかな笑顔を作るために
どんな思いをしていたのか?

この映画の中でも、厳しい食事制限や

疲れて動けないのに無理やり当時の覚せい剤を飲まされて
働かされ、その副作用で眠れなくなると

睡眠薬を飲まされるという酷いシーンがあります。

あまりの生活に耐えかねてたまに反抗的な態度をとると

当時のプロデューサーに、セクハラまがいの
マインドコントーロールで服従させられる〜

そうして心身ともにボロボロに壊されたジュディーを
ハリウッドは「役立たず」として使い捨ててしまった。

ライムスター宇多丸さんが自身の映画批評の中で
主演のレニー・ゼルウィガーの演技が素晴らしいのは
言うまでもないけれど
、アカデミー会員の中には
主演女優賞を贈った気持ちの片隅に
当時のジュディー・ガーランドへの

ハリウッドの仕打ちの贖罪の思いもあったかも〜〜?
と言っておられました。

なんか解るわ〜〜。

「ボヘミアン・ラブソディー」や

「ロケットマン」のレビューでも書きましたが
スターになるのも大変だけど
スターで生きて行くのはもっと辛い〜

私ら平凡な者たちに
大きな楽しみと希望を与えてくれる全てのスターたちへ

限りない感謝と愛を贈ります。

@お勧めの鑑賞方法は?
こんな時節ですが、できれば音響の良い映画館で是非!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
星のナターシャnova

3.0試合が始まる

marさん
2021年7月26日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

最後の、ステージのシーンで★1を加点。
そこに至る序盤から終盤はどこかで見た感じというか、
まぁ「ボヘミアン・ラプソディ」か何かに似てるというか。

別にショウビズ界の闇ってほどじゃないし、
ちょっとガーランドさん自身の落ち度っていうのが強めに感じられて
自業自得じゃんって感覚が最後まで拭えなかった。

個人的に「Over the rainbow」にはグッとくるものがあるので、
最後のシーンで大幅に加点。
いやもう作品と関係ないんだけど、もはやこれチャントじゃんねと。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mar
すべての映画レビューを見る(全188件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ジュディ 虹の彼方に」以外にこんな作品をCheck-inしています。