鋼の錬金術師

劇場公開日

鋼の錬金術師

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2001~10年に「月刊少年ガンガン」で連載され、テレビアニメ版も大ヒットを記録した荒川弘の人気コミック「鋼の錬金術師」を実写映画化。物質の構成や形状を変化させて新たなものに作り変える「錬金術」が存在する世界。幼い兄弟エドワードとアルフォンスは、死んだ母を生き返らせたい一心で錬金術最大の禁忌である人体錬成を行なうが失敗し、その代償としてエドワードは身体の一部を、アルフォンスは身体全てを失い鎧に魂を定着させた姿になってしまう。数年後、国家錬金術師の資格を得たエドワードは、失った身体を取り戻すため、絶大な力を持つという「賢者の石」を探す旅に出る。主人公エドワード役を実写版「暗殺教室」シリーズにも主演した「Hey! Say! JUMP」の山田涼介が務め、ヒロインのウィンリィ役を本田翼、エドワードたちの良き理解者である若き士官マスタング役をディーン・フジオカがそれぞれ演じる。監督は「ピンポン」の曽利文彦。

2017年製作/133分/G/日本
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
荒川弘
脚本
曽利文彦
宮本武史
製作
高橋雅美
松浦克義
藤島ジュリーK.
井上肇
吉崎圭一
大村英治
岩上敦宏
細野義朗
高橋誠
荒波修
宮崎伸夫
河合俊明
エグゼクティブプロデューサー
濱名一哉
プロデューサー
藤原弓子
協力プロデューサー
丸山博雄
ラインプロデューサー
吉田浩二
撮影
橋本桂二
照明
石田健司
美術
清水剛
装飾
岩井健志
衣装デザイン
西原梨恵
音響効果
笠松広司
整音
笠松広司
録音
田中博信
VE
阿久津守
VFX
松野忠雄
編集
洲崎千恵子
音楽
北里玲二
主題歌
MISIA
助監督
副島宏司
記録
甲斐哲子
制作担当
坪内一
全てのスタッフ・キャストを見る

特集

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21

(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会

映画レビュー

2.5批判されるのも分かる

2022年5月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

ジャニーズだから、漫画の実写化だからと批判されそうな作品だった
もっとキャラクターになりきって欲しかった
原作を知っている者には納得出来ないし、知らない人にはストーリーに入り込みにくい
兄弟の冒険が見たいのに別行動になるし、感情移入しないまま仲違い
アルの存在が自然に馴染んでいたことは評価出来る

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Daiki Sugiyama

3.5【”急逝した母に会いたくて・・”名作実写の今作はスルーしていたが、5年後まさかの前後編公開と言う事で鑑賞。結論:オリジナルに忠実で面白い。原作を愛する人にとっては評価は分かれるかな・・。】

NOBUさん
2022年5月20日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

怖い

興奮

ー 鋼の錬金術師は、幼き息子が愛読していた。で、面白いの?、と聞いたら”うん”と言われて読んで嵌った。嵌りまくった。長編であるが、通しで、少なくとも3回は読んでいる。
 独特の、錬金術師、等価交換というダーク・ファンタジーとも言える世界観に嵌ったのである。
 だが、今作の原作の根底に流れているのは、人間愛である。
 荒川弘さんの作品は全て愛読しているが(現在は、アルスラーン戦記。)どの作品も、ハイレベルの面白さである。
 で、今作が劇場公開時には、”実写化でしょ。スルーだな・・。”と勝手に思い未鑑賞であった。
 だが、フライヤー(2種)は、捨てずに取っておいた・・。ー

◆感想

 ・原作にほぼ忠実に実写化したのだな、と思った。VFXを多用した画にも見応えある。

 ・キャスティングとしては、ラストを演じた松雪泰子さんの妖しい美しさがダントツである。(個人的な意見です・・。)

 ・焔の錬金術師でもあるロイ・マスタング大佐を演じたディーン・フジオカさんや、ヒューズ中佐を演じた佐藤隆太さんは、原作のキャストの雰囲気を良く出していたと思う。
 - ロイ・マスタング大佐が発火布の手袋で、エンヴィー、ラストを紅蓮の炎で、焼き殺すシーンは見応えがあった。-

<いやいや、映画は先入観で未鑑賞を決めてはいけないね、と思った作品。
 何より、今週末から公開される「鋼の錬金術師 完結編」への期待が大いに高まった作品でもある。
 矢張り、映画は自分の眼で大スクリーンで観なくてはね・・。
 ついでに言えば、今作では描かれなかった、ホムンクルスのプライド、グリード、スロウス、ラースは出てくるのかなあ・・。
 楽しみである。>

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 3 件)
NOBU

0.5むごい

カワセさん
2022年5月20日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

寝られる

駄作で目も当てらなかった…トラウマレベルだし原作に失礼すぎる出来…。あれを世に出せるとかすごすぎる。
やはり外国人を日本人がするという時点で企画からダメだと思った。ストーリーもキャストの見た目も演技、アクション、CGもクオリティ低すぎ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カワセ

0.5酷すぎて吐き気が…

2022年5月19日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

続編が気になったので予習のために前作を観賞。原作もアニメも大好きです。
ファンの間では酷いと言われていましたが、本当に酷かった。あれほど素晴らしい原作をこれでもかというほど貶めている。観賞後に吐き気がしたほどです。原作ファンからすると健康に悪いですね。唯一いいのは松雪泰子さんのラストで、妖艶で美しく言葉遣いも良かった。
続編観るか悩みます。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
ふたり映画
すべての映画レビューを見る(全280件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「鋼の錬金術師(実写)」シリーズ関連作品