プリンセス トヨトミ

劇場公開日:

解説

「鴨川ホルモー」「鹿男あをによし」で知られる人気作家・万城目学の直木賞候補になったベストセラーを映画化。1615年の大阪夏の陣で断絶したはずの豊臣家の末裔(まつえい)が今も生きつづけ、大阪の男たちは400年もの間その秘密を守り続けていた。国家予算が正しく使われているかを調査する会計検査院の精鋭3人は、ふとしたことからその真実を知ってしまい、大阪の公共機関や商業活動など、あらゆる機能が停止する一大事件に巻き込まれていく。

2011年製作/119分/G/日本
配給:東宝
劇場公開日:2011年5月28日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2011 フジテレビジョン 関西テレビ放送 東宝

映画レビュー

3.5万城目学の思いつく設定は、いつだって怪異

2021年3月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

万城目学の直木賞候補になった小説を映画化したもの。この作家が思いつく設定はいつだって怪異なものだが、個人的に好感を抱いている。
大坂夏の陣で滅びたはずの豊臣家の末裔が今も生き続けており、大阪の男たちは400年も秘密として守り続けてきたのだが、調査で大阪入りした会計検査院の精鋭3人が、ふとしたことから事実を知ってしまい、府内の公共機関を含むあらゆる機能が停止する一大事件に巻き込まれていく姿を描いている。
堤真一、綾瀬はるか、岡田将生が大阪に乗り込むわけだが、お好み焼き屋の大将に扮した中井貴一の芝居が実に味わい深く、作品に彩を添えている。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
大塚史貴

2.0前半はミステリアスだった!!

2024年4月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
*.꒰ঌ𝔸𝕟𝕘𝕖𝕝𝕠໒꒱.*

2.5脚本ミスだろうか

2024年3月25日
PCから投稿

直木賞候補にもなった万城目学の映画化だが、何か冴えない。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ビン棒

3.0「太閤はん」の大阪ならではの一本?

2024年3月2日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

「太閤はん」と呼んで、何かにつけて豊臣秀吉を敬うことの多い大阪では、密かに豊臣家の末裔を守り続けて来たと言う設定なのでしょうか。本作は。
業務の割りには大勢の職員を抱えている怪しげな法人を、いわば隠れ蓑として国家予算から多額の資金を引き出しながらー。

そして、国庫補助にかかわる会計検査を通して「大阪国」のカラクリに気づいてしまった会計検査院の鬼の平松調査官。

大阪国にしてみれば、平松調査官は、そうとは知らずに大阪国と日本政府(明治政府)との密約を暴いてしまい、その結果、その存在を会計検査報告として国会に報告(最終的には国民に公表)され、自らの秘密を暴露されそうになった大阪国は、その対抗手段として、太閤はんの象徴でもある「千成瓢箪」を合図に、一斉に立ち上がるー。

大阪は「大阪都」として、歴史的にも、担っている経済的な役割の重要性からも、東京都中心の今の日本から独立的な存在を主張すべきだとも言わんげな本作の発想は、評論子は、面白いと思いました。
いわゆる「秀吉レガシー」というもは、今も脈々と大阪の地に根づいているということでしょうか。
そういうファンタジー要素たっぷりのSF作品としては、上質に仕上がっているというべきでしょう。
佳作であったと思います。その意味で。本作は。評論子は。

(追記)
父と息子との間では、相伝すべきこと、相伝しなければならないことがあるのでしょうか。それは、父と娘との間にはない関係なのかも知れません。
息子(会計検査院の院内では「鬼の松平」と言われた調査官)に、当時はすでに病床にあった父親が彼に伝えたかったのは、秘密裏の大阪国の存在ではなく、本当は、大阪人のその「秀吉レガシー」だったのかも知れないと思ったのは、評論子だけではなかったことと思います。

(追々記)
世評では、女性は食が細いとか。
(お子さまランチを注文する女性も少なくなくないと聞きますが、その一方で、子供がレストランに来るということは、その子を連れてくる大人も来るということで、お子さまランチを子ども向けのサービスメニューと位置づけて、採算を度外視して手間暇をかけているケースもあるとかで、大人がお子さまランチを注文することは、お断りするレストランもあるやに聞きます。)
それにしても、鳥居調査官は、食べる、食べる、また食べる。
「京(京都)の着倒れ」に対して大阪は「食い倒れ」の街なんだそうですけれども。
物語の中心が空堀商店街の、しかも大阪の食文化の「代表選手」とも言うべきお好み焼き屋の店頭で、「いかたま」「ぶたたま」の単語を、あえてセリフに盛り込んでいるのは、そしてラストシーンでは(大阪ではご飯のおかずにもなると聞き及ぶ)「たこやき」のセリフが登場するのは、食文化のマチ・大阪のさりげないオマージュだったのでしょうか。

(追々々記)
架空の組織「財団法人OJO」(osaka jou organization)にひっかけて、大阪国の「王女」というのは、些(いささ)か「やりすぎ」?
しかし、「天下の台所」として、江戸の昔から日本の経済を支えてきた商都・大阪。
「大阪商人は、腹を切る」とも言われたそうです。
その大阪に生きる「大阪人の気概」は、充分に感じられそうです。

(追々々々記)
おそらくは、会検(会計検査院)の調査官を主役に設定した作品は、これが初めてではないでしょうか。
実際に、会検の実地検査を受けた経験のある評論子としては…。
「こんな副長って、いるよなぁ。」というのが、偽らざる感想。
能面のような無表情で、淡々と実地検査を進めてゆく会検調査官のイメージに、堤真一のキャラクターがぴったりでしたから。
国費補助事業の全般にわたり、調査官の指摘は、微に入り細を穿ちます。
実際、ほんの手続き上のミスに関し、数億円の規模の事業について、数万円の不適切な支出を指摘されることも、珍しいことではありません。
それに引き換え…。
一片の情にほだされて、年間5億の国庫補助金の不正流用を不問に付するとは!
甘いぞ、鬼の松平調査官。

コメントする 2件)
共感した! 2件)
talkie
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る