火花

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
火花
8%
42%
39%
8%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹による第153回芥川賞受賞作で、ドラマ化もされた同名小説を、板尾創路のメガホン、菅田将暉と桐谷健太の主演により映画化。まったく芽が出ない芸人・徳永は営業先の熱海の花火大会で先輩芸人・神谷と出会う。「あほんだら」というコンビで常識のワクからはみ出た漫才を披露した神谷の姿に魅了された徳永は、神谷に弟子入りを志願。「俺の伝記を作ってほしい」という条件で神谷はそれを受け入れる。人間味にあふれ、天才的な奇想の持ち主でもある神谷に惹かれる徳永。神谷もそんな徳永に心を開き、2人は毎日のように飲みに出かけては芸の議論を交わし、仕事はほぼないものの充実した日々を送るようになる。しかし、そんな2人の間にいつからかわずかな意識の違いが生まれるようになり……。徳永役を菅田、神谷役を桐谷がそれぞれ演じるほか、2人を見守る神谷の同棲相手・真樹役を木村文乃が演じる。

2017年製作/121分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
又吉直樹
脚本
板尾創路
豊田利晃
製作
岡本昭彦
市川南
共同製作
吉崎圭一
弓矢政法
松井清人
宮崎伸夫
高橋誠
吉川英作
荒波修
エグゼクティブプロデューサー
藤原寛
上田太地
企画
片岡秀介
臼井央
プロデュース
片岡秀介
臼井央
チーフプロデューサー
古賀俊輔
プロデューサー
鳥澤晋
西野智也
アソシエイトプロデューサー
谷垣和歌子
高田奈々子
協力プロデューサー
楠本直樹
撮影
福本淳
照明
市川徳充
録音
久連石由文
美術
宮守由衣
衣装
宮本まさ江
ヘアメイク
徳田芳昌
音響効果
柴崎憲治
装飾
野村哲也
VFXスーパーバイザー
進威志
編集
今井剛
音楽
石塚徹
音楽プロデューサー
田井モトヨシ
主題歌
菅田将暉
桐谷健太
キャスティング
星久美子
監督補
増本庄一郎
助監督
猪腰弘之
制作担当
高見明夫
ラインプロデューサー
武石宏登
制作管理
橋本淳司
ポスプロプロデューサー
篠田学
全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2017「火花」製作委員会

映画レビュー

4.0菅田将暉の相方を演じる川谷修士が秀逸だ!

MPさん
2017年11月25日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

売れても、売れなくても、ただ、お笑いの世界で花開くことだけを考えている芸人たち。損得ではない、彼らのそんな切ない人生を、物語の主人公と同じ関西にルーツを持つ菅田将暉と桐谷健太がゆったりと演じていく。メインキャラを本当にお笑いが分かるプロに託したいと考えた監督の下、菅田の相方を演じる漫才コンビ、2挺拳銃の川谷修士が実にいい味を出している。生活のために解散を決意する公園のシーンで、そして、菅田の大熱演を堂々と受けて立つ解散ライブの壇上で、主役を喰って余りある懐の深さを見せる彼の熱演に、お笑い芸人の凄味を感じて圧倒された。好きが高じてプロになる。そのことの意味が、物語と演者によって伝わって来る出色の青春ドラマである。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 13 件)
MP

2.0ドラマに負ける

えいとさん
2019年11月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ドラマが10話構成で充分時間をかけることができており細かい描写をうまく描いているのに比べると、2時間に短縮されている分やっぱり内容が薄く感じてしまう。
2時間に収めなくてはならないので、まぁその点はしょうがないのかなと行った感じ。

ただ、配役にもやっぱり問題があるかなと思う。徳永が又吉のような芸人だと思いこんでいるからかもしれないが、ドラマの林遣都は後半からほんとに又吉のように見えくる。あのイケメンでキラキラしている林遣都が、本当に売れない芸人のように見える不思議。林遣都の演技力の凄さを思いしらされるのと同時に徳永のイメージにあっていると思う。
映画の菅田将暉だと、徳永のイメージにしては少し自分に自信があるというか、菅田将暉のカリスマ性的なものがどうしても役になりきれず、ででしまっているような気がしてしまう。
菅田将暉は徳永というよりはもう少し歳をとって、神谷を演じればぴったりなのではないかなと個人的には思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
えいと

4.0いいですね、菅田将暉!

はるさん
2019年11月7日
Androidアプリから投稿

芸人さんの役ってとても難しいと思うのですが、アドリブか台本かわからないぐらいな場面がけっこうあったりしてお見事でした!
ビートたけしさんが、「オイラの売れなかった時代なんかね……」とテレビで話されていたのを思い出して、最後の浅草キッドの歌がしみました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はる

2.5お笑い好きにはいいのかも?

2019年10月12日
iPhoneアプリから投稿

小説版は、お笑いに興味がないとあまり引き込まれない内容だと感じ、読むのを途中でやめてしまいました。

映画は、菅田くんの演技が好きなので観ましたが、菅田くんは漫才師には見えませんでした。相方との顔面偏差値が違いすぎて(失礼) コンビに見えず。モデルでもやってたほうが稼げるだろ、と。

そして劇中の漫才はどれもつまらないです。
売れない芸人の設定なのでつまらなくて当然かもしれませんが。

引っかかったのは吉祥寺駅前のシーン。当時はアトレもキラリナもできていなかったはずですが、画面に映っていました。なぜわざわざ駅前を映してボロを出したのか。ハモニカ横丁だけで充分だったと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yossyporky
すべての映画レビューを見る(全162件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る