火花

劇場公開日

火花
8%
43%
38%
8%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹による第153回芥川賞受賞作で、ドラマ化もされた同名小説を、板尾創路のメガホン、菅田将暉と桐谷健太の主演により映画化。まったく芽が出ない芸人・徳永は営業先の熱海の花火大会で先輩芸人・神谷と出会う。「あほんだら」というコンビで常識のワクからはみ出た漫才を披露した神谷の姿に魅了された徳永は、神谷に弟子入りを志願。「俺の伝記を作ってほしい」という条件で神谷はそれを受け入れる。人間味にあふれ、天才的な奇想の持ち主でもある神谷に惹かれる徳永。神谷もそんな徳永に心を開き、2人は毎日のように飲みに出かけては芸の議論を交わし、仕事はほぼないものの充実した日々を送るようになる。しかし、そんな2人の間にいつからかわずかな意識の違いが生まれるようになり……。徳永役を菅田、神谷役を桐谷がそれぞれ演じるほか、2人を見守る神谷の同棲相手・真樹役を木村文乃が演じる。

2017年製作/121分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
又吉直樹
脚本
板尾創路
豊田利晃
製作
岡本昭彦
市川南
共同製作
吉崎圭一
弓矢政法
松井清人
宮崎伸夫
高橋誠
吉川英作
荒波修
エグゼクティブプロデューサー
藤原寛
上田太地
企画
片岡秀介
臼井央
プロデュース
片岡秀介
臼井央
チーフプロデューサー
古賀俊輔
プロデューサー
鳥澤晋
西野智也
アソシエイトプロデューサー
谷垣和歌子
高田奈々子
協力プロデューサー
楠本直樹
撮影
福本淳
照明
市川徳充
録音
久連石由文
美術
宮守由衣
衣装
宮本まさ江
ヘアメイク
徳田芳昌
音響効果
柴崎憲治
装飾
野村哲也
VFXスーパーバイザー
進威志
編集
今井剛
音楽
石塚徹
音楽プロデューサー
田井モトヨシ
主題歌
菅田将暉
桐谷健太
キャスティング
星久美子
監督補
増本庄一郎
助監督
猪腰弘之
制作担当
高見明夫
ラインプロデューサー
武石宏登
制作管理
橋本淳司
ポスプロプロデューサー
篠田学
全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2017「火花」製作委員会

映画レビュー

3.5菅田将暉と桐谷健太が見せた“関西人”としての底力

2020年8月12日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

山崎賢人主演の「劇場」が話題を呼んでいるが、こちらは又吉直樹の第153回芥川賞受賞作が原作で、Netflixでのドラマ化、板尾創路監督のメガホンによって映画化されている。
奇しくも、Netflix版と映画版、どちらも静岡・熱海でのクランクインの瞬間に立ち会うことが出来たのだが、いずれも原作者の思いを作り手がきちんと汲み取った意欲的な現場だったことを記憶している。映画では、どうしたって尺の問題が付きまとうが、121分で非常に上手く原作の空気感をまといながら、クライマックスまで持っていくことに成功した。
また、主演を務めた菅田将暉と桐谷健太は、ともに生粋の関西人。それぞれの相方役の川谷修士、三浦誠己(元芸人)との相性も抜群だったが、それ以上に骨の髄まで染みついた関西人としての矜持みたいなものが底力として発揮されたのではないだろうか。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
大塚史貴

4.0夢破れし者への優しさが染みる

2020年4月29日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

笑える

徳永と先輩芸人・神谷が目指す笑いは、原作者の又吉直樹がピースで披露した芸と同様、大衆受けする王道の漫才とは明らかにセンスが異なる。分かりやすさとは対極にある独特さゆえに、徳永と神谷はそれぞれのコンビがなかなか売れず苦しむことになる。監督の板尾創路もまた、独特のセンスで知られる芸人であり、製作に関わる吉本興業による粋な起用だろうか。

徳永のコンビ名スパークスは題名の火花に通じ、刹那輝いて消える花火のはかない美にも呼応する。この映画版は原作以上に、芸人を夢見るも食えない現実に負けて諦める者、淘汰された者たちへの優しさ、肯定にあふれている。

菅田将暉は話芸では健闘したと思うが、イケメンの印象を消し切れず、テレビに出ても女性ファンがさして増えない役としては不自然。鬱屈より爽やかさが勝っていた。あと妊婦や子供がいる店内でも配慮せず煙草を吸うなど、喫煙シーンが不必要に多いのが気になった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
高森 郁哉

4.0菅田将暉の相方を演じる川谷修士が秀逸だ!

2017年11月25日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

売れても、売れなくても、ただ、お笑いの世界で花開くことだけを考えている芸人たち。損得ではない、彼らのそんな切ない人生を、物語の主人公と同じ関西にルーツを持つ菅田将暉と桐谷健太がゆったりと演じていく。メインキャラを本当にお笑いが分かるプロに託したいと考えた監督の下、菅田の相方を演じる漫才コンビ、2挺拳銃の川谷修士が実にいい味を出している。生活のために解散を決意する公園のシーンで、そして、菅田の大熱演を堂々と受けて立つ解散ライブの壇上で、主役を喰って余りある懐の深さを見せる彼の熱演に、お笑い芸人の凄味を感じて圧倒された。好きが高じてプロになる。そのことの意味が、物語と演者によって伝わって来る出色の青春ドラマである。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 16 件)
清藤秀人

3.5長台詞が良かった

takeさん
2021年4月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

菅田さんにも桐谷さんにも、長台詞の多い作品であったが、お二方とも心に響く台詞回しで見事だと感じた。グッとくるシーンが多く、心が熱くなった。
一方でストーリーとしてはやや物足りなさを感じてしまった。何かセンセーショナルな展開を無意識に期待してしまっていた。しかしそれがなかったからこそ、ノスタルジックで温かみのある空間を作り上げることができていたようにも感じる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
take
すべての映画レビューを見る(全176件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る