アオラレ

劇場公開日:

アオラレ

解説

「グラディエーター」のオスカー俳優ラッセル・クロウが、あおり運転の常習犯を演じたスリラー。寝坊してあわてて息子を学校へ送りながら職場へと向かう美容師のレイチェル。車を運転する彼女は信号待ちで止まるが、信号が青になっても前の車は一向に発進しようとしない。クラクションを鳴らしても動じないため、レイチェルは車を追い越すが、つけてきた男から「運転マナーがなっていない」と注意されてしまう。謝罪を求める男を拒絶し、息子を無事に学校に送り届けたレイチェルだったが、ガソリンスタンドの売店でさっきの男に尾けられていることに気づく。レイチェルは店員から男があおり運転の常習犯であることを警告され……。素性不明の恐怖のあおり運転常習犯をクロウが怪演。被害者となるレイチェルを、「移動都市 モータル・エンジン」「否定と肯定」などに出演したカレン・ピストリアスが演じた。監督は「レッド・バレッツ」「幸せでおカネが買えるワケ」のデリック・ボルテ。

2020年製作/90分/PG12/アメリカ
原題:Unhinged
配給:KADOKAWA
劇場公開日:2021年5月28日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2021 SOLSTICE STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

3.5ラッセル・クロウが全力でヴィランを演じ切る

2021年5月31日
PCから投稿

ラッセル・クロウが出ていなければ、いや、出ていても、やはり漂うB級臭。『激突!』『ヒッチャー』『フォーリング・ダウン』の系譜に連なる怪作だと思いつつ、カルト作として後の世に残っていくのかは、今の自分にはまだよくわからない。とりわけ、せっかく名前を与えなかった“男”に明らかに動機を与えてしまったことが、本作から魔法を奪ってしまったかも知れない、とも思う。

とはいえ、いざ物語が動き出してからは、スリルからスリルの連続攻撃でキビキビと進むのが心地よい。ラッセル・クロウの無双感と不気味さもかなりのものであり、あとカーアクションとして地味シブなアプローチもたまらない。いいジャンル映画を観たと素直に拍手したいし、前述の動機のことはさておき、クロウが一方的に悪く、主人公が一方的にとばっちりというわけでもないさじ加減は、いいところ踏ん張ってくれたと思う。いや、いいですよ、これはなかなかいいですよ。

コメントする (0件)
共感した! 16件)
村山章

4.0深く考えずに楽しめるジェットコースター的なアクション・スリラー作品。珍しく宣伝文句が大袈裟でないハリウッド映画。

2021年5月28日
PCから投稿

本作については、主演がラッセル・クロウであることと、ロックダウン解除後すぐに公開されアメリカなどで週末ランキング1位になったことは知っていました。
ただ、きっと駄作なんだろうな、と敬遠していました。
ところが映画の宣伝で、タイトルの「アオラレ」にかけて、週刊誌風な広告を作ってみたり、なかなか面白い試みを行なっていたので興味を持ちました。
そして実際に見てみると、意外にも宣伝文句が正しく突き刺さっていたのです!

「これが、あおり運転の最終形態。」
まぁそうでしょうね。なかなかこれを上回る事態はない気がします(笑)。

「たった一度のクラクションが、すべてを変えるーーー」
これも(イライラしがちな)現代の自動車社会の真理を的確についている構図でしょう。

このように、実は本作はリアリティーのある設定になっているのです。
そう、ラッセル・クロウ扮する素性不明な男の言動以外は、リアリティーのある日常なのです。
ただ「ゴツい素性不明な男の言動」だけは読めません。
そのため、ノンストップで起こり続ける事態に、ただ身を委ねているしかできないのです。
このようなジェットコースター的な映画は途中で冷めがちですが、本作は意外と良く出来ていて90分をドキドキしながら最後まで楽しめると思います。

コメントする (0件)
共感した! 22件)
細野真宏

4.5ラッセル・クロウでか過ぎ

2024年5月11日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

興奮

原題「Unhinged」=ヒンジ[蝶番]の外れた=社会から切り離された=無敵の人。私はそう解釈しました。邦題は「アオラレ」ですが、このテーマで映画を撮るなら煽り運転である必然性はなかったのかな?と思いました。実際、半分くらいは車から降りて凶行に及んでいます。

「アオラレ」という邦題はだいぶ身近(当時、日本でも煽り運転問題が話題になりました)に感じられて興味を引きますが、中身はというと、「無敵の人」の無敵っぷりが半端ない!冒頭、社会情勢がどうとか言ってましたが、これほど完璧な無敵の人が出てくる理由付けになってません(笑)どれだけ社会が乱れてても、もう別次元。

この映画の教訓は、いつどこで無敵の人と出くわすか分からないので、お行儀よく生活しましょうね、ということかと。本作の一番大事なところは、追われる身となってしまったレイチェルとの初対面時、無敵の人は割と紳士的だったということ。「クラクションの鳴らし方が良くないね。謝ってほしいな。」と、穏やかに接しているのです。素直に応じれば良いのに挑発的な態度を取るレイチェル。映画に込めたメッセージを伝える良い場面でもあると思うのですが…そのせいでレイチェルに感情移入しきれないところがあったのがちょっと残念。

多分、この無敵の人がただのネジの外れたおっさんだったらここまで怖くは無かったでしょう。人を心理的に追い込む方法を知っていて、きっちり実行に移していきます。じわりじわりとレイチェルを恐怖のどん底へ叩き落としていく様は圧巻です。

ラッセル・クロウの迫力の演技と、迫りくる無敵の人が運転する車の恐怖。更には狡猾な手口で追い込まれる絶望感。「アオラレ」という邦題はちょっと勿体ないことしてるんじゃないかな?と思うくらいの秀作でした。…でも集客に成功してるからいいのか(笑)

コメントする (0件)
共感した! 5件)
どすこいたろう

3.5ラッセルクロウ

2024年3月9日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

グラディエーターとは真逆でした笑
普通にスピード感早く良かったです

コメントする (0件)
共感した! 1件)
シュウ
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る