いま、会いにゆきます

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
25%
44%
24%
4%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

夫と息子と、彼らのもとに戻って来た死んだ筈の妻が織り成す愛の奇跡を描いたドラマ。監督は、映画初演出となる『オレンジデイズ』の土井裕泰。市川拓司による同名小説を基に、「スペーストラベラーズ」の岡田惠和が脚色。撮影を「スウィングガールズ」の柴主高秀が担当している。主演は、「星に願いを。」の竹内結子と「赤線 AKA-SEN」の中村獅童、「丹下左膳 百万両の壺」の武井証。

2004年製作/119分/日本
配給:東宝

ストーリー

「雨の季節に戻って来る」そう自作の絵本に書き遺して、秋穂澪が逝って1年。夫・巧は妻を幸せにしてやれなかったことを、6歳の息子・佑司は自分が生まれたせいで母の寿命を縮めたことを、今も悔やんでいた。やがて、梅雨。果たして、澪は約束通りふたりのもとに帰って来た。記憶を失くしているものの、巧との想い出を辿りながら次第に夫婦の、そして母子の絆を取り戻していく澪。だが梅雨の終わりと共に、彼女は再び彼らの前から姿を消した。しかし、巧は澪が遺した日記帳によって、実は大学時代に交通事故で生死の間をさまよっている時、未来へジャンプし巧との結婚生活を体験していて、巧と結婚すれば、佑司を出産すれば死ぬ運命にあると分かっていながら、それでも彼との結婚を選んだことを知るのである。そう、澪は幸せだったのだ! 澪が戻った奇跡の6週間で、巧と佑司はそれを確信することが出来た。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
脚色
岡田惠和
原作
市川拓司
製作総括
島谷能成
斎藤薫
安永義郎
亀井修
細野義朗
伊東雄三
エグゼクティブプロデューサー
本間英行
企画
濱名一哉
企画協力
那須田淳
製作
近藤邦勝
プロデューサー
市川南
春名慶
堀口慎
撮影
柴主高秀
美術
種田陽平
音楽
松谷卓
音楽エディター
清水和法
音楽プロデューサー
北原京子
主題歌
オレンジレンジ
録音
鶴巻仁
音響効果
柴崎憲治
照明
上田なりゆき
編集
三條知生
スタイリスト
鈴木智子
篠塚奈美
馬場恭子
土屋直世
鍵山奈美
アソシエイト・プロデューサー
山田健一
製作担当者
武石宏登
助監督
猪腰弘之
スクリプター
鈴木一美
スチール
宮田薫
CG
曽利文彦
保坂久美子
劇中絵本作画
こじまさとみ
「いま、会いにゆきます」製作委員会
大岡大介
田中康之
辻本珠子
瀬田一彦
藤巻直哉
吉田恵
矢部征嗣
藤崎博文
植田文郎
山川恵一
菅原朝也
中澤裕行
庄野樹
新里健太郎
鈴木謙一
小川義延
松本務
井口真一
桑原淳子
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

0.5話題性はあるが

2019年9月13日
PCから投稿

当時、夫婦同様の関係で夫婦を演じていたわけですから、ある意味リアルなんですが。
竹内結子の演技だけほめたいところですが。
みなさん、大根役者でした。
残念です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

3.5ホラ~

van akirさん
2019年8月30日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

ストーリー:3.9
演出:3.9
映像:3.8
音楽:3.7
キャスト:3.4
個人的好き度:3.6

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
van akir

4.519004

2019年2月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

タイトルが出てくる場面が、秀逸
澪の回想からは涙が溢れ、ひまわり畑で、、、

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たかたかたか

4.0死んだ役が多い竹内結子。今回も死んでいる

kossyさん
2019年2月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 死んだ人間が蘇ってくるわけだから、例によってファンタジー色の強い映画なのだろうとタカをくくっていた。しかも最近では、小学生のアンケートで「人間は死んでも生き返る」と信じている子が8割いるとか・・・これによって、生きることの尊さがTVや映画によって損なわれているのではないかと危惧させられる。したがって、この手の映画は子供への悪影響がないか?と、しっかり見極めないとダメだと思う今日この頃なのだ。映画館では、観終えた観客にハンカチを顔に当てている女性が多く、「面白かった!」「感動した!」という声に混じって「ラストわけわかんねー!」という声が聞こえてきたのだ。「これは普通の終わり方じゃないな」と期待して観た。

 スーパーレイトショーということもあり、眠い目をこすりながらの鑑賞である。途中までは、あらすじ通りであるため眠くてしょうがない・・・「これは多分、長野の諏訪地方だな。祭はいつのことなんだ?」とか、「『恋の門』の松尾スズキだな。漫画でも描くんか?」とか、「4人の子供を放置するんじゃないよ、YOU!」とか、「今年何本の映画に出てんだよ!小日向文世!しかもガラものTシャツが受けるぞ!」とか、つまらないことばかり考えて集中力を高めていった。そして6週間という期間限定の幽霊(?)の滞在が過ぎて・・・「ママーーー!」という佑司の声で目が覚めるものの、「何だよ、泣けないじゃん!」と早くも2点評価の準備をしてしまっていた。そう、すっかり油断していたのだ。

 し、しかし、「わーーー!面白い、これ!」と思わず声を出しそうになってしまう終盤20分。ある程度の展開は予想していたが、ウルウルきてしまいそう。そして、そして、そして!これだけでは終らない!タイムパラドクスと究極のSFラブ・ファンタジーへと誘ってくれるというラストの展開は憎いまでの演出です!!終わってみたら、竹内結子をキャスティングしたことが作戦だったわけで、単なるファンタジー映画だと思わせておいて・・・・という内容でした。全く期待していなかったため大満足でした。途中眠くならないようにもっと工夫があれば満点ですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全24件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「いま、会いにゆきます」以外にこんな作品をCheck-inしています。