仁義なき戦い 代理戦争

劇場公開日

27%
51%
21%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

“仁義なき戦い”シリーズ第三作。やくざ組織の抗争事件の裏に渦巻く、欲望、背信、復讐の凄惨かつ陰惨な組織の実態を描く。脚本は「仁義なき戦い 広島死闘篇」の笠原和夫、監督も同作の深作欣二、撮影も同作の吉田貞二がそれぞれ担当。

1973年製作/102分/日本
配給:東映

ストーリー

昭和三十五年四月、広島市最大の暴力団村岡組の第一の実力者杉原が、博奕のもつれから九州のやくざに殺された。杉原の兄弟分打本組々長打本はこの時、きっちりと落し前をつけなかったために、村岡組の跡目をめぐって熾烈な抗争が起こることになった。山守も村岡組の跡目に野心をもつ一人で、広島に顔の利く広能を強引に山守組傘下に復縁させた。一方、打本も、村岡組の幹部江田と共に広能と兄弟盃を交わし、更に日本最大の暴力団、神戸の明石組へ広能を介して盃を申し入れた。そして、打本は明石組々長明石辰男の舎弟相原と兄弟盃を交わした。しかし、明石組の勢力をバックに村岡組の跡目を狙う打本の思惑は村岡の気分を害することになり、跡目は山守に譲られた。かくして、山守組は広島最大の組織にのし上った。その頃、山守系の槙原の舎弟分浜崎と打本の舎弟分小森が岩国でもめていた。山守は傘下の者を督励して岩国へ兵隊を送った。打本と兄弟分の広能や江田はそれには参加しなかったが、筋目を通すために松永、武田と共に打本に盃を返した。孤立無援になった打本は指を詰め、明石組へと逃れた。明石組は早速、最高幹部の宮地や相原を広島に送った。やむなく広能たちは打本に詫びを入れ、浜崎と小森は打本の仲裁で手打ち、という事になった。これは事実上山守組の敗北である。やがて、打本は兼ねての念願が叶って明石辰男から盃を受け、その傘下に加った。結果、明石組は遂に広島にくさびを打ち込んだことになった。山守は対抗上、明石組に対抗できる唯一の暴力団、同じ神戸の神和会と縁組みすることにして、その斡旋を広能に依頼するが、広能は冷たく拒否した。数日後、広能は槙原の若い者に命を狙われた。広能ははっきり山守の存在がこの世界のためにならぬと思い、罠にはめるべく、神和会との渡りをつけた。神和会は山守組と兄弟盃を交わした。これによって広島に於いて二大勢力の対決という事になったが、明石組は広能らに打本との盃を復活するようにと強硬に申し入れてきた。広能は打本との盃を復活した。それを知った神和会は山守の責任を厳しく追求してきた。広能の思惑は見事に当ったが、しかし老獪な山守は、全ての責任を広能におしつけ、破門することで逃れた。明石組は、広能の窮地を救うため、打本に命じて武田、松永らを絶縁させた。しかし武田は、元打本組の早川を抱き込み、打本を襲撃した。昭和三十八年五月、遂に広島抗争事件の幕が切って落された。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

5.0極道戦争勃発

柴左近さん
2020年5月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

興奮

難しい

個人的にシリーズ最高傑作
多くのヤクザたちの思惑が入り乱れる
今回で成田三樹夫が退場で小林旭が参戦
現実にあったとは思えない激動の物語

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
柴左近

5.0面白い。

oracionさん
2020年5月5日
Androidアプリから投稿

面白い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
oracion

5.0『獄中獄外秘談図』

2020年4月18日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

笑える

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
観賞菩薩

5.0冷戦の狭間で切り崩しをかけられている日本の姿そのものにオーバーラップされている

あき240さん
2020年3月9日
Androidアプリから投稿

第一作より遥かに面白い
映画としての面白さが濃縮されてある

そこにさらに代理戦争というモチーフで外部の二大勢力に知らぬ間に手先となりその勢力争いの先兵となっていく姿
それは米ソの冷戦の狭間で切り崩しをかけられている日本の姿そのものにオーバーラップされている
ラストシーンで原爆ドームが映される
それは本作の舞台が広島であるからではない

ラストシーンのナレーション
闘いが始まるときまず喪われるものは若者の命である
そしてその死はついに報われることはない

つまり米ソ冷戦の狭間に巻き込まれて日本の若者達は戦争に追いやられてしまうかもしれない
その行き着くはては原爆ドームだとのメッセージだ
単なるお花畑の夢想的平和主義の主張ではない

代理戦争に巻き込まれていく広島ヤクザ達それぞれは、日本の各政党の政治家や、マスコミや言論家の姿にオーバーラップして見えるように製作されているのだ
覇権を巡る世界的な戦略の中では現実主義者しか生き残れないのだ
それこそこの広島ヤクザ達の抗争と同じなのだ

ヤクザの幹部はいう、自分も安全保障を考えないと危ないですと
また別の幹部は中立を保ちたいと言い出すが、それはいまさら許されない、それなら我々の敵だと宣告されるのだ

そして独立独歩で平和に暮らして行きたいとの主人公の願いは、巨大二大勢力の狭間では許されないのだ
それは日本の姿そのものなのだ

ならばどうすればいいのか?
そこで本作は終わる
その結論は私達観客=日本国民一人ひとりが考えなければならないことなのだ

それは本作品から47年も経っているのになにも変わりはしない
今度は米中の新冷戦の狭間の代理戦争のなかで抗争が行われているのだ
本作の登場人物の誰に、政治家あなたは相当するのだろうか?

娯楽映画としても優れている
クライマックスに突入する前の停電と復旧の見事な計算された演出
クライマックスの抗争シーン
あくの激しく強い俳優達
終盤の火葬場のシーンは強烈だ

名作であるのは間違いない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あき240
すべての映画レビューを見る(全15件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「仁義なき戦い」シリーズ関連作品