仁義なき戦い 広島死闘篇

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
仁義なき戦い 広島死闘篇
26%
52%
20%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

“仁義なき戦い”シリーズ第二作。日本の社会を震感させた日本のヤクザ組織の代理戦争でもある“広島ヤクザ戦争”の実態を、組織に利用され裏切られる男を通して描く。原作は飯干晃一の同名小説、脚本は「仁義なき戦い」の笠原和夫、監督も同作の深作欣二、撮影も同作の吉田貞次がそれぞれ担当。

1973年製作/100分/日本
配給:東映

ストーリー

広島、終戦直後から駅前の縄張りをめぐって対立していた博徒の村岡組とテキ屋の大友連合会は、一時休戦状態を続けていたが、昭和27年、村岡組が広島競輪場の支配を独占したことに端を発し、再び抗争へと突入していった。工員だった山中正治は博奕がもとで、やくざを傷つけて傷害罪で逮捕された。若い山中は刑務所でも荒れ狂い、その度に呉の山守組々員・広能昌三になだめられた。三年後。仮出所した山中が広島駅前の大衆食堂で無銭飲食し、店の主人・靖子とやり合っていた所、グレン隊を引き連れた大友勝利たちに袋だたきにあってしまう。この勝利は、大友連合会・大友長次の実子で、村岡組の縄張荒しをしていたのである。深傷を負った山中を靖子は自分のアパートへ連れて行き、治療した。靖子は村岡組々長の姪で子持ちの未亡人だった。山中の噂を聞いた村岡は、一度は靖子と肉体関係を結んだことを怒ったが、正式に村岡組若衆として盃を交わした。一方、勝利は、テキ屋で甘んじている父に見切りをつけ、村岡の兄弟分の時森勘市を抱き込み、博徒大友組を結成した。そして、勝利自ら先頭に立ち、村岡組の事務所を襲撃した。村岡は、松永弘や山中の働きで一命をとりとめたが、直接報復に出る事をさけ、山中一人に行動を命じた。時森を追って呉にやって来た山中は広能組を結成した広能と再会。広能は呉で時森を殺さすわけにはいかず、広島で山中に引き渡すと約束した。だが、時森は山守組に泣きついてしまった。山中への約束を果たせなくなった広能は、自ら時森を射殺した。一方時森を失った勝利は関西に逃れていった……。靖子との仲を村岡に認められ有頂天になった山中は、命じられるままに大友組の残党を殺していった。しかしこれは村岡のしくんだ罠で、山中は翌日、殺人罪で逮捕された。山中がこの事実に感づいたのは、数ヵ月後、刑務所の中で、仲間から靖子が近々結婚すると聞かされた時だった。裏切られたと知った山中は刑務所を脱走村岡の家へ駈けつけた。しかし家には靖子がおり、結婚話など微塵も出なかったので、山中は村岡への懐疑心を深く詫びるのだった。その頃、勝利が広島に舞い戻り、報復を開始していた。そして、ついに勝利は村岡の子分を殺害した。怒った村岡は、大友組壊滅を命じた。広島市内の随所で銃撃戦が展開される。村岡への義理をたてる山中は殺人鬼と化していき、村岡はそんな山中をフルに利用した。数日後、ついに山中は勝利を見つけ、拳銃を発射。傷を負った勝利は動きがとれず警察に逮捕された。警察に追われる山中が呉の広能を訪れた。彼を隠まおうとする広能を振り切って、山中はふたたび広島へ戻った。しかし、松永から靖子の一件の事実を聞かされ呆然となる。警察に包囲され、もはや誰もが信じられなくなった山中は自らの拳銃で自決した……。山中の葬儀が盛大に行われた。参列した山守たち親分衆は「任侠の鏡」と山中を誉めちぎるが広能は虚しさでいっぱいだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)東映

映画レビュー

4.5稀代のキャラクターを産み出した勢いの落ちない続編です。

松王○さん
2020年6月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
松王○

4.5安定の面白さの第二弾

柴左近さん
2020年5月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

怖い

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
柴左近

4.0前作とは違う味。

2019年3月25日
PCから投稿

が、出ている。北大路欣也の名演を高く評価する。
また、この映画が持っているのはほとんど全て千葉真一の怪演によるmのであろう。何弁をしゃべっているのか分からないが、すごい存在感だった。女優の選択はミスキャストである。あの主人公の相手役にしては見た目が賢そうすぎる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
KIDOLOHKEN

5.0腹黒い奴ほど笑い、正直者ほど馬鹿を見る

2019年3月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

笑える

悲しい

第1作目に続き、深作欣二×笠原和夫 黄金コンビで贈る、仁義なき戦いシリーズ第2弾。巧妙なストーリーと暴力的な描写で、えげつない人間関係を生々しく表現した傑作。

村岡組組長・村岡は器用で腹黒い人間。巧みな演技で上っ面は人情味のあふれる親分を演じる。しかし腹の底は仁義のかけらも無い利己的な人間で、自分の利益の為なら組員を道具のように使う非道な人間。子分を自分の駒としか思っていない。

一方、主人公の村岡組組員・山中は不器用で馬鹿正直者。特攻隊を目指していたが、終戦によってなることができなかった特攻崩れ。組長・村岡に拾われ村岡組に入る。村岡の人情味あふれる演技に騙され、彼を慕い彼に尽くす。結局村岡に良いように使われ、敵対する組の組員を殺しまくる。

良いように使う村岡と、良いように使われる山中。
まさに、腹黒い奴ほど笑い、正直者ほど馬鹿を見る。
第1作目からブレていないテーマで、これぞ「仁義なき戦い」といった内容だ。

村岡組と敵対する大友組の大友勝利を演じた、千葉真一の演技がかなり凄い。大友勝利はかなりぶっ飛んだキャラクターで台詞がいちいち面白い。任侠道を大切にする大友の父親の組織が、村岡組に対して好戦的な大友勝利を止めようとするシーンがあるのだが、そこで吐く大友勝利の台詞が最高に面白い。「やかましい!おどれら、村岡ゆうたらちびりやがって。あいつらの風下に立ってよ、せんずりかいて仁義で首くくっとれ言うんか、おう?広島にヤクザは二つも要りやせんのじゃ」
せんずりかいて仁義で首くくる とか、的確だし凄い表現だよ笑
当時女性人気も高く国民的アイドルだった千葉真一にとって、こういった大友の下品で過激な言動を演じるのは、悩ましいものもあったらしいんだけど、深作欣二が半ば強制的にやらせたらしい笑 最高すぎるよ千葉ちゃん。

そして川谷拓三、海でモーターボートに紐をつけて引きずり回され、木に吊り上げられるシーン。寒さと過酷なロケで、本当に死にかけたらしい。スタントなしのピラニア軍団魂。凄すぎる。

そういった俳優陣表情を引き出した名匠 深作欣二。恐るべし!!
この作品も半端じゃない傑作だ!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
アントニオ・バンデラス
すべての映画レビューを見る(全13件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「仁義なき戦い」シリーズ関連作品